The Message

1 John 3

1What marvelous love the Father has extended to us! Just look at it—we’re called children of God! That’s who we really are. But that’s also why the world doesn’t recognize us or take us seriously, because it has no idea who he is or what he’s up to.

2-3 But friends, that’s exactly who we are: children of God. And that’s only the beginning. Who knows how we’ll end up! What we know is that when Christ is openly revealed, we’ll see him—and in seeing him, become like him. All of us who look forward to his Coming stay ready, with the glistening purity of Jesus’ life as a model for our own.

4-6 All who indulge in a sinful life are dangerously lawless, for sin is a major disruption of God’s order. Surely you know that Christ showed up in order to get rid of sin. There is no sin in him, and sin is not part of his program. No one who lives deeply in Christ makes a practice of sin. None of those who do practice sin have taken a good look at Christ. They’ve got him all backward.

7-8 So, my dear children, don’t let anyone divert you from the truth. It’s the person who acts right who is right, just as we see it lived out in our righteous Messiah. Those who make a practice of sin are straight from the Devil, the pioneer in the practice of sin. The Son of God entered the scene to abolish the Devil’s ways.

9-10 People conceived and brought into life by God don’t make a practice of sin. How could they? God’s seed is deep within them, making them who they are. It’s not in the nature of the God-begotten to practice and parade sin. Here’s how you tell the difference between God’s children and the Devil’s children: The one who won’t practice righteous ways isn’t from God, nor is the one who won’t love brother or sister. A simple test.

11 For this is the original message we heard: We should love each other.

12-13 We must not be like Cain, who joined the Evil One and then killed his brother. And why did he kill him? Because he was deep in the practice of evil, while the acts of his brother were righteous. So don’t be surprised, friends, when the world hates you. This has been going on a long time.

14-15 The way we know we’ve been transferred from death to life is that we love our brothers and sisters. Anyone who doesn’t love is as good as dead. Anyone who hates a brother or sister is a murderer, and you know very well that eternal life and murder don’t go together.

16-17 This is how we’ve come to understand and experience love: Christ sacrificed his life for us. This is why we ought to live sacrificially for our fellow believers, and not just be out for ourselves. If you see some brother or sister in need and have the means to do something about it but turn a cold shoulder and do nothing, what happens to God’s love? It disappears. And you made it disappear.

When We Practice Real Love

18-20 My dear children, let’s not just talk about love; let’s practice real love. This is the only way we’ll know we’re living truly, living in God’s reality. It’s also the way to shut down debilitating self-criticism, even when there is something to it. For God is greater than our worried hearts and knows more about us than we do ourselves.

21-24 And friends, once that’s taken care of and we’re no longer accusing or condemning ourselves, we’re bold and free before God! We’re able to stretch our hands out and receive what we asked for because we’re doing what he said, doing what pleases him. Again, this is God’s command: to believe in his personally named Son, Jesus Christ. He told us to love each other, in line with the original command. As we keep his commands, we live deeply and surely in him, and he lives in us. And this is how we experience his deep and abiding presence in us: by the Spirit he gave us.

Japanese Living Bible

ヨハネの手紙Ⅰ 3

神の子どもとされた私たち

1天の父は、どんなに私たちを愛しておられることでしょう。私たちを、ご自分の子どもとして受け入れてくださったほどです。考えてもごらんなさい。神の子どもとされたのです。ところが、神を知らない多くの人は、当然、私たちが神の子どもであることを理解できません。 愛する人たち。私たちは、もうすでに神の子どもなのです。これから先のことは想像もつきませんが、ただこの一事だけはわかっています。つまり、キリストが再び来られる時、私たちはキリストに似た者となるということです。その時、キリストのありのままの姿を見るからです。

このことをほんとうに信じる人はみな、自分の身を、いつもきよく保とうと心がけます。キリストはきよいお方だからです。

罪を犯し続ける人は、神に逆らっているのです。罪はすべて、神のお心に反する行為だからです。 あなたがたは、キリストが人間となられたのは、私たちの罪を取り除くためであったことをよく知っています。また、キリストは何の罪も犯さず、どんな時にも、神のお心からそれなかったことも知っているはずです。 ですから、もし私たちが、いつもキリストのそば近くにおり、従順に従うなら、罪を犯し続けたりしないですみます。罪を犯す人々は、真の意味でキリストを知らず、キリストのものとなっていないからです。 愛する子どもたち。このことで、だれにも惑わされてはいけません。もし、あなたがたがいつも善を行っているなら、キリストと同じように正しく歩んでいるのです。

しかし、もし依然として罪を犯し続けるなら、それは悪魔の子になり下がった証拠です。悪魔は、初めの罪以来、ずっと罪を重ねてきました。神の御子は、この悪魔のしわざを打ち破るために来られたのです。 神の家族の一員として新しく生まれた人には、神のいのちが宿っているので、もはや罪を犯す習慣はありません。新しいいのちに支配されているので、罪を犯し続けることができないのです。その人は神によってもう一度生まれたのです。

口先ではない真実の愛

10 そこで今、私たちは、神の子どもと悪魔の子どもとを、はっきり見分けることができます。罪の生活を送り、兄弟であるクリスチャンを愛さない者は、自分から神の家族ではないと証明しているようなものです。 11 私たちは初めから、「互いに愛し合いなさい」と教えられてきたからです。 12 カインのようになってはいけません。カインは悪魔の子どもになって、弟を殺しました創世4章)。弟の正しい生活と比べて、自分の生活があまりにも悪いと自覚していたからです。

13 ですから、皆さん。たとえ全世界があなたがたを憎んでも、驚いてはいけません。 14 ほかの兄弟(信仰を同じくする者)を愛しているなら、自分が霊の死から救われ、いのちを与えられたことを確信できます。そうでない者は、その死にとどまっているのです。 15 だれでも兄弟を憎む者は、心の中で人殺しをしているのです。言うまでもないことですが、人殺しをする者に永遠のいのちはありません。

16 キリストは、私たちのために進んでいのちを捨ててくださいました。そのことによって、私たちは愛を知ったのです。ですから、私たちも兄弟のために、いのちを捨てるべきです。 17 自分ではぜいたくに暮らしていながら、困っている兄弟がいても、見て見ぬふりをするとしたらどうでしょう。どうして、その人に神の愛があると言えるでしょう。 18 子どもたちよ。口先だけで人を愛するのではなく、真実をこめて愛し、実践によって神の愛を示そうではありませんか。

19 そうすれば、自分が神の側に立っていることを強く確信し、主の前に平安があるのです。 20 たとえ心に責められることがあってもです。 21 しかし、愛する人たち。もし私たちの良心が潔白であれば、完全な確信と信頼を持って主の前に出ることができます。 22 また、願い求めるものは何でもいただけるのです。なぜなら、私たちは主に従い、主に喜ばれる行いをしているからです。 23 神の命令には、喜んで従わなければなりません。つまり、御子イエス・キリストの名を信じ、互いに愛し合わなければなりません。 24 神の命令に喜んで従う人は、神と共にいるのです。そして、神もその人のそばにいてくださるのです。これは、神が私たちに与えてくださった聖霊によって教えられることです。