詩篇 3 JLB - Psalm 3 NLT

Japanese Living Bible

詩篇 3

ダビデが王子アブシャロムに追われて逃げた時の賛歌。

1ああ主よ。
どうして、こんなに多くの者が私に逆らうのでしょう。
どうして、こんなに多くの者から
いのちを狙われるのですか。
右も左も敵ばかりです。
神が私をお助けになるはずはないと、
だれもが口をそろえて言います。
しかし、主は私の盾、私の栄光、
ただ一つの望みです。
主だけが、恥辱にまみれてうなだれている私の頭を、
高く持ち上げてくださいます。

私が大声で叫ぶと、
主はエルサレムの神殿から答えてくださいました。
私は安心して横になり、ぐっすりと眠りました。
主が守ってくださったからです。
たとえ何万の敵に包囲されても、私は恐れません。
私は主を呼び求めます。
「主よ、立ち上がってください。
神よ、お救いください。」
すると、主は敵の顔を平手打ちして侮辱し、
彼らの歯を打ち砕きます。
救いは神から来ます。
神はご自分の民に、
なんと大きな喜びをお与えになることでしょう。

New Living Translation

Psalm 3

Psalm 3

A psalm of David, regarding the time David fled from his son Absalom.

O Lord, I have so many enemies;
    so many are against me.
So many are saying,
    “God will never rescue him!” Interlude[a]

But you, O Lord, are a shield around me;
    you are my glory, the one who holds my head high.
I cried out to the Lord,
    and he answered me from his holy mountain. Interlude

I lay down and slept,
    yet I woke up in safety,
    for the Lord was watching over me.
I am not afraid of ten thousand enemies
    who surround me on every side.

Arise, O Lord!
    Rescue me, my God!
Slap all my enemies in the face!
    Shatter the teeth of the wicked!
Victory comes from you, O Lord.
    May you bless your people. Interlude

Notas al pie

  1. 3:2 Hebrew Selah. The meaning of this word is uncertain, though it is probably a musical or literary term. It is rendered Interlude throughout the Psalms.