詩篇 27 JLB - Psaltaren 27 SVL

Japanese Living Bible

詩篇 27

1主は私の光、また救いです。
だれを恐れる必要がありましょう。
私を亡き者にしようと襲いかかる悪者は、
つまずき倒れます。
たとえ大軍が押し寄せようとも、恐れません。
必ず神が救ってくださると信じているからです。
私が神にお願いすることは、ただ一つです。
私の求めてやまないものとは、
主の宮で黙想にふけり、
いのちある限り主の前で暮らすこと、
比べようもない、主の麗しさと完全と栄光とを
喜ぶ特権です。
悩みの日に、私は宮へ出かけます。
主は私をかくまってくださり、
高い岩の上に座らせて、
敵が手出しできないようにしてくださいます。
そのとき、私は主に供え物をささげ、
大喜びで賛美の歌を歌います。

私の訴えに耳を傾けてください。
主よ。あわれんで、お助けください。
「ここに来なさい。話をしよう。」
この御声を、私の心は聞きました。
そして、こう答えます。
「主よ、参ります。」
どうか、お隠れにならないでください。
私は、あなたを見つけ出そうとしているのです。
怒って、召使の私を退けないでください。
かつてあなたは、私が試練に会うたびに
助けてくださったではありませんか。
私を見放さないでください。
ああ救いの神よ、見捨てないでください。
10 たとえ、父や母が私を勘当しても、
主は迎え入れて、慰めてくださるはずです。
11 ああ主よ。どうすべきか、はっきりと教えてください。
敵が手ぐすねひいて待ちかまえているのです。
12 どうか、敵に捕まったりしませんように。
私が彼らの手中に陥ることがありませんように。
身に覚えのないことを、彼らは告発するのです。
そして、いつも残忍な仕打ちを企んでいます。
13 主は、今度もきっと救い出してくださいます。
人々が生きているこの地上で、
再び主のあわれみを見ることができますように。
14 いらだってはいけません。主を待ち望みなさい。
主は必ず来てくださり、あなたを救ってくださいます。
勇気を出しなさい。主を待ち望みなさい。
主はきっとあなたを救ってくださいます。

Swedish Contemporary Bible

Psalms 27

Psalm 27

Förtröstan på Herren, bön om hjälp

1Av David.

Herren är mitt ljus och min frälsning.

Vem behöver jag vara rädd för?

Herren är mitt livs fästning.

Vem behöver jag bäva för?

2När onda människor kommer emot mig

för att slita mig i stycken,

mina motståndare och fiender,

ska de själva snubbla och falla.

3Även om en armé skulle omringa mig,

behöver jag inte känna någon fruktan.

Om ett krig skulle bryta ut mot mig,

är jag trygg.

4Det enda jag ber Herren om,

det jag längtar efter,

är att få bo i hans tempel i hela mitt liv,

se Herrens ljuvlighet

och söka honom i hans tempel.

5Han håller mig skyddad i sin hydda på olyckans dag,

han gömmer mig i sitt tält,

han för mig upp på en klippa.

6Jag kan lyfta mitt huvud

inför mina fiender som omringar mig.

Med glädjerop vill jag ge mitt offer i hans tält,

och jag vill sjunga till Herrens ära.

7Hör när jag ropar, Herre,

var nådig mot mig och svara mig!

8I mitt innersta manar ditt ord: ”Sök Herren!”

Dig, Herre, vill jag söka.[a]

9Dölj inte ditt ansikte för mig,

visa inte bort din tjänare i vrede!

Du, som varit min hjälp,

förkasta mig inte, överge mig inte,

min frälsnings Gud.

10Även om min far och mor skulle överge mig,

tar Herren hand om mig.

11Visa mig din väg, Herre,

led mig på en rak stig

för mina förtryckares skull.

12Överlämna mig inte åt mina fienders illvilja,

för falska vittnen reser sig mot mig,

och de andas våld.

13Men jag är övertygad om

att jag ska få möta Herrens godhet i de levandes land.

14Vänta på Herren, var stark och modig.

Vänta på Herren!

Notas al pie

  1. 27:8 Grundtextens innebörd är osäker.