詩篇 142 JLB - Psalm 142 MSG

Japanese Living Bible

詩篇 142

11-2 私は主の前に悩み事をさらけ出して、
あわれんでくださいと祈ります。
私は打ちひしがれ、絶望しています。
どの道を進めば敵のしかけた罠にかからずにすむのか、
あなただけがご存じです。
右側の少し先に、罠が一つあります。
誰ひとり、声をかけて助けてくれる人はいないのです。
私がどうなろうと、だれも気にも留めないのです。
そこで、私は主に祈りました。
「主よ。あなたは唯一の隠れ家です。
あなただけが、無事に守ってくださるお方なのです。

私の叫びを聞いてください。
迫害する者どもの手から救い出してください。
相手は強すぎて、とても手に負えません。
どうか、私を牢獄から連れ出し、
あなたへの感謝にあふれさせてください。
私が助けられたことを知れば、
神を敬う人々は、あなたの力を喜ぶでしょう。」

The Message

Psalm 142

A David Prayer—When He Was in the Cave

11-2 I cry out loudly to God,
    loudly I plead with God for mercy.
I spill out all my complaints before him,
    and spell out my troubles in detail:

3-7 “As I sink in despair, my spirit ebbing away,
    you know how I’m feeling,
Know the danger I’m in,
    the traps hidden in my path.
Look right, look left—
    there’s not a soul who cares what happens!
I’m up against it, with no exit—
    bereft, left alone.
I cry out, God, call out:
    ‘You’re my last chance, my only hope for life!’
Oh listen, please listen;
    I’ve never been this low.
Rescue me from those who are hunting me down;
    I’m no match for them.
Get me out of this dungeon
    so I can thank you in public.
Your people will form a circle around me
    and you’ll bring me showers of blessing!”