詩篇 118 JLB - Nnwom 118 NA-TWI

Japanese Living Bible

詩篇 118

1さあ、主に感謝しましょう。
主はあわれみ深く、その恵みはいつまでも尽きません。
イスラエルの人々よ、口々に、
「主の恵みは尽きることがありません」と
ほめたたえなさい。
アロンの家の祭司よ、
「主の恵みはいつまでも尽きません」と歌いなさい。
主を信じるようになった外国人も、
「主の恵みはいつまでも尽きません」と歌いなさい。

苦しみの中から祈り求めると、
主は答えて、救い出してくださいました。
主は私の味方です。
私には、怖いものなどありません。
ただの人間に何の手出しができましょう。
主がそばにいて助けてくださるので、
私を憎む者どもが勝ち誇ることはありません。
人をあてにするより、主を信頼したほうがよいのです。
力ある王にかくまわれるより、
主の保護を受けるほうがよいのです。

10 たとえ、世界中の国が攻めて来ても、
私は主のあとについて進軍し、敵を全滅させます。
11 敵に包囲され、攻撃をしかけられても、
私は高々と翻る主の旗のもとで、勇気を得て、
彼らをすべて打ち倒します。
12 敵ははちのように群がり、
燃え上がる炎のように襲いかかります。
しかし、私は主の旗のもとで彼らを滅ぼします。
13 敵は私を亡き者にしようと図り、
あらゆる手を打って攻めてきましたが、
主はいつも助けてくださいました。
14 激戦のさなかに、主は私の力となり、
私は主のことを歌いました。
こうして、私は勝利を手にしました。

15-16 私たちの勝利の知らせを聞いて、
主を信じ、従う人々の家には、
喜びの歌がわき起こります。
主はめざましい働きをしてくださいました。
17 私はいのちを落とすことなく、生き長らえて、
主のなさったことを人々に語り伝えましょう。
18 主は私を懲らしめましたが、
死には渡されませんでした。
19 神殿の門よ、開きなさい。
私は中に入って、主に感謝します。
20 主を信じて従う人が、
この門から入って主の前に出るのです。
21 ああ主よ。
祈りに答えて私を救ってくださったことを、
心の底から感謝します。

22 大工の捨てた石が、
今では一番大切な土台石になりました。
23 これこそ主のなさることで、
人の思いをはるかに越えています。
24 今日こそ、主がお造りになった日です。
さあ、この日をぞんぶんに楽しみましょう。
25 ああ主よ、どうかお助けください。お救いください。
私たちがすることを、すべて成功させてください。
26 主がまもなく遣わしてくださる方に、
祝福がありますように。
私たちは神殿であなたがたを祝福します。
27-28 主は私たちの光です。
私はいけにえを祭壇にささげます。
私は主に感謝し、賛美の声を上げます。
29 感謝の祈りをささげましょう。
主はあわれみ深く、
その恵みはいつまでも尽きないからです。

Nkwa Asem

Nnwom 118

Nkonimdi ho mpaebɔ

1Da Awurade ase efisɛ, oye na n’adɔe nso wɔ hɔ daa.

Nnipa a wɔwɔ Israel nyinaa nka se, “N’adɔe wɔ hɔ daa.” Onyankopɔn asɔfo nyinaa nka se, “N’adɔe wɔ hɔ daa.” Wɔn a wɔsom no nyinaa nka se, “N’dɔe wɔ hɔ daa.”

M’amanehunu mu, mefrɛɛ Awurade; ogyee me so ma medee me ho. Awurade ne me wɔ hɔ enti minsuro biribiara. Dɛn na obi betumi ayɛ me? Awurade na ɔboa me na mɛhwɛ sɛ wobedi m’atamfo so.

Awurade mu ahotoso ye sen nnipa mu ahotoso. Awurade mu ahotoso ye sen mpanyimfo mu ahotoso.

10 Atamfo pii twaa me ho hyiae, nanso Awurade tumi nti, mesɛee wɔn nyinaa. 11 Baabiara na wɔatwa me ho ahyia nanso Awurade tumi nti, mesɛee wɔn nyinaa. 12 Wɔbɛkyere guu me so sɛ nnowa nanso wɔhyewee ntɛm so sɛnea ogya atɔ nsɔe mu; Awurade tumi nti, mesɛee wɔn. 13 Wɔbaa me so ahoɔden so a na wɔredi me so nanso Awurade boaa me. 14 Awurade maa me tumi ne ahoɔden; wagye me nkwa. 15 Muntie sɛ Onyankopɔn nkurɔfo a wɔwɔ ne ntamadan mu reteɛm anigye ne nkonimdi so se, “Awurade ahoɔden tumi no na ayɛ. 16 Ne tumi abrɛ yɛn nkonim, n’ahoɔden tumi wɔ ɔko mu no!” 17 Merenwu; mmom mɛtena ase na mapae mu aka nea Awurade ayɛ. 18 Watwe m’aso dennen de, nanso wamma manwu.

19 Bue Fie hɔ pon ma me, na mɛkɔ mu akɔda Awurade ase. 20 Awurade pon ni; atreneefo nko ara na wotumi ba mu. 21 Mekamfo wo, Awurade, efisɛ, wotee me nka, efisɛ, woama me nkonimdi.

22 Ɔbo a adansifo poe sɛ ɛho nni mfaso no, na ɛho baa mfaso koraa. 23 Awurade na ɔyɛɛ eyi. Ɛyɛ nwonwa aniso! 24 Ɛnnɛ yɛ Awurade nkonim da. Momma yɛn ani nnye. Momma yenni da no. 25 Gye yɛn nkwa, Awurade, gye yɛn nkwa! Ma yenni nkonim, O Awurade! 26 Awurade nhyira obiara a ɔba Awurade din mu. Yehyira mo fi Awurade fi.

27 Awurade yɛ Onyankopɔn. Wayɛ yɛn adɔe. Nnubaa kitakita mo yi, mumfiti afahyɛ no ase na muntwa afɔremuka no ho nhyia. 28 Woyɛ me Nyankopɔn na meda wo ase. Mɛpae mu maka wo kɛseyɛ. 29 Da Awurade ase efisɛ, oye na n’adɔe wɔ hɔ daa.