Japanese Living Bible

列王記Ⅰ 22

ミカヤの預言

1三年間、シリヤ(アラム)とイスラエルの間には戦争がありませんでした。 しかし三年目になって、ユダ(南王国)のヨシャパテ王がイスラエル(北王国)のアハブ王を訪れた時、 アハブ王は自分の家臣に言いました。「シリヤが、われわれの町ラモテ・ギルアデを今でも占領しているのを知っているか。それなのに、われわれは何もせず、手をこまぬいているだけだ。」

それから、ヨシャパテ王に向かって、「ラモテ・ギルアデを取り返すために援軍を送ってくださいませんか」と頼みました。「よろしいですとも。あなたとは兄弟同然の仲です。民も、馬も、ご自由にお使いください。 まず、主にお伺いを立ててみようではありませんか。」

そこでアハブ王は、四百人の預言者を召集し、「ラモテ・ギルアデに攻め入るべきか、それともやめるべきか」と尋ねました。彼らは異口同音に、「攻め上りなさい。主が王を助けて、ラモテ・ギルアデを占領させてくださいます」と答えました。 ところが、ヨシャパテは満足せずに、「ここには神の預言者がいないのですか。神の預言者にも聞いてみたいのです」と言いました。 アハブは答えて言いました。「一人だけいるにはいますが、どうも虫が好かんやつでしてな。何しろ、いつも陰気くさいことばかり言って、私にとって良いことはちっとも預言しないときている。イムラの子でミカヤという者だ。」ヨシャパテは、「まあまあ、そんなふうにおっしゃってはなりません」といさめました。 そこでアハブも気を取り直し、側近を呼んで、「急いでミカヤを連れて来なさい」と命じました。

10 その間にも、預言者たちが二人の王の前で次々と預言していました。二人は王服をまとって、町の門に近い打穀場の、急ごしらえの王座に着いていました。 11 ケナアナの子で預言者の一人ゼデキヤは、鉄の角を作って言いました。「この鉄の角でシリヤ軍を押しまくり、ついに全滅させることができると、主は約束しておられます。」 12 ほかの預言者たちもみな、それにならうように言いました。「さあ、ラモテ・ギルアデに攻め上りなさい。主が勝利を与えてくださいます。」

13 さて、ミカヤを呼びに行った使者は、ほかの預言者のことばを伝えて、同じように語るよう言い含めました。 14 しかしミカヤは、「私が約束できるのは、主がお告げになることだけを語るということだ」と言いました。

15 ミカヤが王の前に姿を現すと、王はさっそく尋ねました。「ミカヤよ、われわれはラモテ・ギルアデに攻め入るべきだろうか、それともやめるべきだろうか。」すると、ミカヤは答えました。「もちろん、攻め上りなさい。大勝利は間違いありません。主が勝利を与えてくださるからです。」

16 すると、王は言いました。「神様が言われたことだけを語れと、何度言えばわかるのだ。」

17 「実は私は、イスラエルの民が羊飼いのいない羊のように山々に散らされているのを、幻で見ました。その時、主はこうお語りになりました。『王は死んだ。彼らを家へ帰らせるように』と。」

18 アハブ王はヨシャパテ王に向かって、「どうです、お話ししたとおりでしょう。いつも悪いことばかり語って、良いことはこれっぽっちも話さないのです」と言って、不満をぶちまけました。

19 すると、ミカヤが先を続けました。「主のおことばをもっと聞きなさい。私は、主が御座に着き、天の軍勢がその回りに立っているのを見ました。 20 その時、主は、『アハブをそそのかしてラモテ・ギルアデに攻め上らせ、そこで倒れさせるように仕向ける者はだれかいないか』と言われました。いろいろな意見が出た末、 21 一人の御使いが進み出て、『私がやりましょう』と申し出ました。 22 『どういうふうにするのか』と主が尋ねると、その御使いは答えました。『私が出て行って、アハブの預言者全員にうそをつかせるようにします。』主はこれを聞いておっしゃいました。『では、そうするがよい。きっと成功する。』 23 ごらんのとおり、主はここにいる預言者全員の口に、うそをつく霊をお入れになりました。しかし実際には、主はあなたに臨む災いをお告げになったのです。」

24 すると、ケナアナの子ゼデキヤがつかつかと歩み寄り、ミカヤの頬をなぐりつけて言いました。「いつ主の霊が私を離れ、おまえに語ったというのか。」

25 ミカヤは答えました。「あなたが奥の間に隠れるようになったとき、はっきりわかるでしょう。」

26 アハブ王は、ミカヤを捕らえるように命じました。「彼を、市長アモンと王子ヨアシュのところへ連れて行け。 27 そして、『王の命令だ。この男を牢につなぎ、私が無事に帰って来るまで、やっと生きられるだけのパンと水をあてがっておけ』と言うのだ。」 28 ミカヤはすかさず言い返しました。「万が一にも、あなたが無事にお戻りになるようなことがあったら、主が私によってお語りにならなかった証拠です。」そして、そばに立っている人々に、「私が言ったことを、よく覚えておきなさい」と言いました。

アハブの死

29 こうして、イスラエルのアハブ王とユダのヨシャパテ王は、それぞれの軍隊を率いてラモテ・ギルアデに向かいました。 30 アハブはヨシャパテに、「あなただけ王服を着ていてください」と言いました。そして、自分は普通の兵士に変装して、戦場に赴きました。 31 そうしたのは、シリヤ王が配下の戦車隊長三十二人に、「戦う相手はアハブ王一人だ」と命じていたからです。 32-33 彼らは王服を着たヨシャパテ王を見て、「あれがねらっている相手だ」と思い、いっせいに攻めかかりました。しかし、ヨシャパテが大声で名乗りを上げると、彼らはすぐ引き返しました。 34 ところが、一人の兵士が何気なく放った矢が、たまたまアハブ王のよろいの継ぎ目に命中してしまったのです。「戦場から連れ出してくれ。深手を負ってしまった」と、王はうめきながら自分の戦車の御者に語りました。

35 その日、時がたつにつれて、戦いはますます激しくなりました。アハブ王は戦車の中で、寄りかかるようにして立っていましたが、傷口から流れ出る血は床板を真っ赤に染め、夕方になって、ついに息絶えました。 36-37 ちょうど日没のころ、兵士たちの間に、「戦いは終わったぞ。王は死んだのだから、全員家へ帰れ!」という叫び声が伝わりました。アハブ王の遺体はサマリヤに運ばれて葬られました。

38 王の戦車とよろいを、売春婦たちが身を洗うサマリヤの池で洗っていると、犬が来て血をなめました。こうして、主のことばどおりになりました。

39 そのほか、アハブ王が象牙の宮殿を建て、町々を造ったことなどについては、『イスラエル諸王の年代記』に記録されています。 40 アハブは先祖代々の墓地に葬られ、息子アハズヤがイスラエルの新しい王となりました。

ユダの王ヨシャパテ

41 一方、イスラエルの王アハブの第四年に、ユダでアサの子ヨシャパテは王となりました。 42 ヨシャパテが王位についたのは三十五歳の時で、二十五年間エルサレムで治めました。母親はシルヒの娘のアズバです。 43 彼は父アサにならって、すべての面で主に従いました。ただし、丘の上の礼拝所だけは取り除かなかったので、人々は相変わらず、そこでいけにえをささげ、香をたき続けました。 44 ヨシャパテ王はまた、イスラエルのアハブ王と平和協定を結びました。 45 王のその他の行為、輝かしい功績と武勲などは、『ユダ諸王の年代記』に記録されています。

46 王は、父アサの時代からあった男娼の家を一つ残らず取り除きました。 47 そのころ、エドムには王がなく、役人が置かれているだけでした。 48 ヨシャパテは、オフィルにある金を手に入れようと大船団をつくりました。ところが、その船団がエツヨン・ゲベルで難破したので、目的を果たせませんでした。 49 その時、イスラエルの王アハブの王位を継いだ息子のアハズヤは、「私の家来もいっしょにオフィルへ行かせてください」と申し出ました。しかしヨシャパテは、その申し出を断りました。

50 ヨシャパテは死んで、先祖とともに父祖ダビデの町エルサレムに葬られ、息子ヨラムが王位につきました。

イスラエルの王アハズヤ

51 アハブの子アハズヤは、ユダの王ヨシャパテの第十七年に、サマリヤでイスラエルの王となりました。アハズヤは二年の間、イスラエルを治めましたが、 52-53 良い王ではありませんでした。両親と同じく、イスラエルに偶像礼拝の罪を犯させたヤロブアムにならったからです。こうして、彼はイスラエルの神、主の激しい怒りを買いました。

The Message

1 Kings 22

11-3 They enjoyed three years of peace—no fighting between Aram and Israel. In the third year, Jehoshaphat king of Judah had a meeting with the king of Israel. Israel’s king remarked to his aides, “Do you realize that Ramoth Gilead belongs to us, and we’re sitting around on our hands instead of taking it back from the king of Aram?”

4-5 He turned to Jehoshaphat and said, “Will you join me in fighting for Ramoth Gilead?”

Jehoshaphat said, “You bet. I’m with you all the way—my troops are your troops, my horses are your horses.” He then continued, “But before you do anything, ask God for guidance.”

The king of Israel got the prophets together—all four hundred of them—and put the question to them: “Should I attack Ramoth Gilead? Or should I hold back?”

“Go for it,” they said. “God will hand it over to the king.”

But Jehoshaphat dragged his heels: “Is there still another prophet of God around here we can consult?”

The king of Israel told Jehoshaphat, “As a matter of fact, there is still one such man. But I hate him. He never preaches anything good to me, only doom, doom, doom—Micaiah son of Imlah.”

“The king shouldn’t talk about a prophet like that,” said Jehoshaphat.

So the king of Israel ordered one of his men, “On the double! Get Micaiah son of Imlah.”

10-12 Meanwhile, the king of Israel and Jehoshaphat were seated on their thrones, dressed in their royal robes, resplendent in front of the Samaria city gates. All the prophets were staging a prophecy-performance for their benefit. Zedekiah son of Kenaanah had even made a set of iron horns, and brandishing them called out, “God’s word! With these horns you’ll gore Aram until there’s nothing left of him!” All the prophets chimed in, “Yes! Go for Ramoth Gilead! An easy victory! God’s gift to the king!”

13 The messenger who went to get Micaiah said, “The prophets have all said Yes to the king. Make it unanimous—vote Yes!”

14 But Micaiah said, “As surely as God lives, what God says, I’ll say.”

15 With Micaiah before him, the king asked him, “So Micaiah—do we attack Ramoth Gilead, or do we hold back?”

“Go ahead,” he said. “An easy victory. God’s gift to the king.”

16 “Not so fast,” said the king. “How many times have I made you promise under oath to tell me the truth and nothing but the truth?”

17 “All right,” said Micaiah, “since you insist.

I saw all of Israel scattered over the hills,
    sheep with no shepherd.
Then God spoke: ‘These poor people
    have no one to tell them what to do.
Let them go home and do
    the best they can for themselves.’”

18 Then the king of Israel turned to Jehoshaphat, “See! What did I tell you? He never has a good word for me from God, only doom.”

19-23 Micaiah kept on: “I’m not done yet; listen to God’s word:

I saw God enthroned,
    and all the angel armies of heaven
Standing at attention
    ranged on his right and his left.
And God said, ‘How can we seduce Ahab
    into attacking Ramoth Gilead?’
Some said this,
    and some said that.
Then a bold angel stepped out,
    stood before God, and said,
‘I’ll seduce him.’
    ‘And how will you do it?’ said God.
‘Easy,’ said the angel,
    ‘I’ll get all the prophets to lie.’
‘That should do it,’ said God.
    ‘On your way—seduce him!’

“And that’s what has happened. God filled the mouths of your puppet prophets with seductive lies. God has pronounced your doom.”

24 Just then Zedekiah son of Kenaanah came up and punched Micaiah in the nose, saying, “Since when did the Spirit of God leave me and take up with you?”

25 Micaiah said, “You’ll know soon enough; you’ll know it when you’re frantically and futilely looking for a place to hide.”

26-27 The king of Israel had heard enough: “Get Micaiah out of here! Turn him over to Amon the city magistrate and to Joash the king’s son with this message, ‘King’s orders: Lock him up in jail; keep him on bread and water until I’m back in one piece.’”

28 Micaiah said, “If you ever get back in one piece, I’m no prophet of God.”

He added,“When it happens, O people, remember where you heard it!”

29-30 The king of Israel and Jehoshaphat king of Judah attacked Ramoth Gilead. The king of Israel said to Jehoshaphat, “Wear my kingly robe; I’m going into battle disguised.” So the king of Israel entered the battle in disguise.

31 Meanwhile, the king of Aram had ordered his chariot commanders (there were thirty-two of them): “Don’t bother with anyone, whether small or great; go after the king of Israel and him only.”

32-33 When the chariot commanders saw Jehoshaphat they said, “There he is! The king of Israel!” and took after him. Jehoshaphat yelled out, and the chariot commanders realized they had the wrong man—it wasn’t the king of Israel after all. They let him go.

34 Just then someone, without aiming, shot an arrow randomly into the crowd and hit the king of Israel in the chink of his armor. The king told his charioteer, “Turn back! Get me out of here—I’m wounded.”

35-37 All day the fighting continued, hot and heavy. Propped up in his chariot, the king watched from the sidelines. He died that evening. Blood from his wound pooled in the chariot. As the sun went down, shouts reverberated through the ranks, “Abandon camp! Head for home! The king is dead!”

37-38 The king was brought to Samaria and there they buried him. They washed down the chariot at the pool of Samaria where the town whores bathed, and the dogs lapped up the blood, just as God’s word had said.

39-40 The rest of Ahab’s life—everything he did, the ivory palace he built, the towns he founded, and the defense system he built up—is all written up in The Chronicles of the Kings of Israel. He was buried in the family cemetery and his son Ahaziah was the next king.

Jehoshaphat of Judah

41-44 Jehoshaphat son of Asa became king of Judah in the fourth year of Ahab king of Israel. Jehoshaphat was thirty-five years old when he became king and he ruled for twenty-five years in Jerusalem. His mother was Azubah daughter of Shilhi. He continued the kind of life characteristic of his father Asa—no detours, no dead ends—pleasing God with his life. But he failed to get rid of the neighborhood sex-and-religion shrines. People continued to pray and worship at these idolatrous shrines. And he kept on good terms with the king of Israel.

45-46 The rest of Jehoshaphat’s life, his achievements and his battles, is all written in The Chronicles of the Kings of Judah. Also, he got rid of the sacred prostitutes left over from the days of his father Asa.

47 Edom was kingless during his reign; a deputy was in charge.

48-49 Jehoshaphat built ocean-going ships to sail to Ophir for gold. But they never made it; they shipwrecked at Ezion Geber. During that time Ahaziah son of Ahab proposed a joint shipping venture, but Jehoshaphat wouldn’t go in with him.

50 Then Jehoshaphat died and was buried in the family cemetery in the City of David his ancestor. Jehoram his son was the next king.

Ahaziah of Israel

51-53 Ahaziah son of Ahab became king over Israel in Samaria in the seventeenth year of Jehoshaphat king of Judah. He ruled Israel for two years. As far as God was concerned, he lived an evil life, reproducing the bad life of his father and mother, repeating the pattern set down by Jeroboam son of Nebat, who led Israel into a life of sin. Worshiping at the Baal shrines, he made God, the God of Israel, angry, oh, so angry. If anything, he was worse than his father.