Japanese Living Bible

使徒の働き 12

ペテロの逮捕と救出

1そのころ、ヘロデ王(ヘロデ・アグリッパ一世)は一部のクリスチャンに迫害の手を伸ばし、 ヨハネの兄弟で使徒のヤコブを惨殺しました。 3-4 このことでユダヤ人の指導者たちが上きげんになったことを知ると、今度はペテロを逮捕しました。ちょうど過越の祭りの最中だったので、祭りが終わりしだい処刑のためにユダヤ人に引き渡すつもりで牢に入れ、十六人の兵士に監視させました。 教会では、そのあいだ中、「ペテロをお守りください」と熱心な祈りを神にささげていました。

処刑前夜、ペテロは二人の兵士にはさまれ、二重の鎖につながれて眠っていました。牢獄の門の前には、ほかの番兵が立っています。 そのとき突然、牢獄の中がぱっと光り輝き、主の使いが現れました。天使はペテロのわき腹をつついて起こし、「さあ立って、急ぎなさい」と言いました。そのとたん、鎖が手首からはずれました。 「身じたくを整えて、くつをはきなさい。」ペテロがそのとおりにすると、今度は、「さあ上着を着て、ついて来なさい」と命じます。

ペテロは牢獄を出て天使について行きましたが、その間ずっと、夢か幻でも見ているような気分で、どうしても現実のこととは思えません。 10 第一、第二の見張り所を通り抜け、とうとう町に通じる鉄の門の前までやって来ました。するとその門も、ひとりでに開くではありませんか。二人は難なく外に出て、次の通りまで歩いて行きました。そこで天使の姿は、かき消すように見えなくなりました。

11 その時、ペテロは我に返り、何が起こったのかやっと気づきました。「夢じゃない、夢じゃないんだ。確かに主が天使を遣わし、ヘロデの手から、またユダヤ人たちのたくらみから救い出してくださったのだ。」 12 そうはっきりわかると、彼は、マルコと呼ばれるヨハネの母マリヤの家へ急ぎました。そこには大ぜいの人が集まり、祈っていました。

13 ペテロは玄関の戸を、どんどんとたたきました。その音を聞きつけて、ロダという女中が取り次ぎに出て来ました。 14 ところが、声の主がペテロだとわかると、喜びのあまり戸を開けることも忘れて、そのまま家の中に駆け込み、みんなにペテロが帰って来たことを知らせました。 15 しかし人々は、「気がおかしくなったのか」と言って、取り合おうともしません。しかし彼女があくまで言いはるので、「それなら、きっとペテロについている天使だ。とすると、ペテロは殺されたに違いない」と言い合いました。 16 一方ペテロは、そのあいだ中、戸をたたき続けていました。それで、ようやく人々が出て来ました。戸を開けた時の、彼らの驚きようといったらありません。 17 ペテロは手ぶりでその場を静め、何が起こったのか、主がどのようにして牢獄から出してくださったのかを話しました。そして、「ヤコブやほかの信者たちにもこのことを知らせてほしい」と言って、安全な場所へ立ち去りました。

18 朝になると、牢獄では、ペテロはいったいどこに行ったのかと、上を下への大騒ぎになりました。 19 ペテロを引き出そうとしていたヘロデは、ペテロがいなくなったと知るや、十六人の番兵を片っぱしから取り調べ、軍法会議にかけ、全員を処刑にするよう命じました。ヘロデはその後、カイザリヤに行き、しばらくそこにとどまりました。

20 ヘロデはツロとシドンの住民に激しい敵意をいだいていましたが、カイザリヤ滞在中に、この二つの町の代表者たちが王の侍従ブラストに取り入って、和解を申し出ました。というのも、二つの町は経済的にヘロデの国との交易に頼っていたからです。 21 会見の約束ができ、いよいよその当日です。ヘロデは王服を着て王座に座り、彼らに向かって演説を始めました。 22 演説が終わると、彼らは大喝采を送り、大声で、「神の声だ! とても人間の声とは思えない」と賞賛しました。

23 するとたちまち、主の使いがヘロデを打ったので、彼は病気になり、やがて体中にうじがわいて死んでしまいました。神だけにふさわしい賞賛をわがものとし、神に栄光を帰さなかったからです。

バルナバとパウロ

24 神のことばはますます広まり、力強く語られていきました。 25 エルサレムを訪問したバルナバとパウロは、務めを果たしたあと、ヨハネと呼ばれるマルコを連れて、アンテオケに帰りました。

The Message

Acts 12

Peter Under Heavy Guard

11-4 That’s when King Herod got it into his head to go after some of the church members. He murdered James, John’s brother. When he saw how much it raised his popularity ratings with the Jews, he arrested Peter—all this during Passover Week, mind you—and had him thrown in jail, putting four squads of four soldiers each to guard him. He was planning a public lynching after Passover.

All the time that Peter was under heavy guard in the jailhouse, the church prayed for him most strenuously.

Then the time came for Herod to bring him out for the kill. That night, even though shackled to two soldiers, one on either side, Peter slept like a baby. And there were guards at the door keeping their eyes on the place. Herod was taking no chances!

7-9 Suddenly there was an angel at his side and light flooding the room. The angel shook Peter and got him up: “Hurry!” The handcuffs fell off his wrists. The angel said, “Get dressed. Put on your shoes.” Peter did it. Then, “Grab your coat and let’s get out of here.” Peter followed him, but didn’t believe it was really an angel—he thought he was dreaming.

10-11 Past the first guard and then the second, they came to the iron gate that led into the city. It swung open before them on its own, and they were out on the street, free as the breeze. At the first intersection the angel left him, going his own way. That’s when Peter realized it was no dream. “I can’t believe it—this really happened! The Master sent his angel and rescued me from Herod’s vicious little production and the spectacle the Jewish mob was looking forward to.”

12-14 Still shaking his head, amazed, he went to Mary’s house, the Mary who was John Mark’s mother. The house was packed with praying friends. When he knocked on the door to the courtyard, a young woman named Rhoda came to see who it was. But when she recognized his voice—Peter’s voice!—she was so excited and eager to tell everyone Peter was there that she forgot to open the door and left him standing in the street.

15-16 But they wouldn’t believe her, dismissing her, dismissing her report. “You’re crazy,” they said. She stuck by her story, insisting. They still wouldn’t believe her and said, “It must be his angel.” All this time poor Peter was standing out in the street, knocking away.

16-17 Finally they opened up and saw him—and went wild! Peter put his hands up and calmed them down. He described how the Master had gotten him out of jail, then said, “Tell James and the brothers what’s happened.” He left them and went off to another place.

18-19 At daybreak the jail was in an uproar. “Where is Peter? What’s happened to Peter?” When Herod sent for him and they could neither produce him nor explain why not, he ordered their execution: “Off with their heads!” Fed up with Judea and Jews, he went for a vacation to Caesarea.

The Death of Herod

20-22 But things went from bad to worse for Herod. Now people from Tyre and Sidon put him on the warpath. But they got Blastus, King Herod’s right-hand man, to put in a good word for them and got a delegation together to iron things out. Because they were dependent on Judea for food supplies, they couldn’t afford to let this go on too long. On the day set for their meeting, Herod, robed in pomposity, took his place on the throne and regaled them with a lot of hot air. The people played their part to the hilt and shouted flatteries: “The voice of God! The voice of God!”

23 That was the last straw. God had had enough of Herod’s arrogance and sent an angel to strike him down. Herod had given God no credit for anything. Down he went. Rotten to the core, a maggoty old man if there ever was one, he died.

24 Meanwhile, the ministry of God’s Word grew by leaps and bounds.

25 Barnabas and Saul, once they had delivered the relief offering to the church in Jerusalem, went back to Antioch. This time they took John with them, the one they called Mark.