Japanese Living Bible

ヨブ 記 9

ヨブのことば

1ヨブの答え。
「そのようなことぐらい、私も知っている。
ちっとも耳新しいものはない。
しかし、答えてもらいたいものだ。
人はどうしたら神の目から見て、
正しい者となれるのか。
神と正面から議論しようと思ったら、
人は千の質問のうち、一つも答えることはできまい。
神の知恵と力は底知れないのだ。
今まで、神に反抗して
成功した者など、いないのだから。
神は突然怒って山を動かし、ひっくり返す。
大地さえ土台から揺り動かす。
神が命令すると、
太陽は昇らず、星も光らない。
神はただひとりで天を張り広げ、
海の上をゆったりと歩いた。
牡牛座、オリオン座、スバル座、
それに、南の星座も、みな神が造った。
10 ほかにも、目をみはるような奇跡はいっぱいある。
あまりに多くて数えきれないほどだ。
11 神がそばを通り過ぎても、
私には、そのお姿は見えない。
12 神が人のいのちを奪うとき、
だれもその手をとどめることはできない。
『何をするのですか』と抗議できる者もいない。
13 しかも、神は怒りを静めず、
高慢で屈強な人間をも地にひれ伏させる。
14 私には、全能の神を相手どって議論し、
説き伏せることなどできない。
15 たとい私が正しくても、自分を弁護しない。
ただただ、あわれみを求めるだけだ。
16 たとえ祈りが答えられても、
神が私の叫びを聞いたとは思えない。
17 神は、これほどまで私を打ちのめし、
理由もないのに傷口を広げるからだ。
18 次から次へと、息もつかせず、
非常な悲しみで私の心を満たしている。
19 強くて正しいのは、この世に神だけではないか。
20 しかし、私は正しいだろうか。
そうでないことは自分がよく知っている。
たとえ一点の非の打ちどころもないとしても、
神は私を悪い者とする。
21 自分が完全に潔白な人間であるかどうか
私は考えようとも思わない。
つくづく自分がいやになった。
22 潔白であるにせよ、悪人であるにせよ、
神にとっては同じこと。
どちらにしても滅ぼされるのだ。
23 神は、罪のない者が
災難に押しつぶされるのを見て笑う。
24 全地は悪者どもの手中にある。
神は裁判官の判断力を奪い、
不公平な裁判を行わせる。
そうするのが神でないとしたら、
いったいだれが張本人なのか。
25 私の一生は悲劇をはらんだまま、
矢のように飛び去る。
26 私の歳月は船足の速い舟のように遠ざかり、
獲物に襲いかかる鷲のように飛び去る。

27 神への不満を忘れ、
悲しむのをやめて明るく振る舞おうとしても、
28 神は今まで以上の悲しみを与えるばかりです。
ああ神よ、私にはわかっています。
あなたは私を罪ある者となさいます。
29 罪人扱いするに違いありません。
だから何を言ってもむだなのです。
30 たとえ、水晶のような水で体を洗い、
灰汁で手の汚れをすっかり落としても、
31 神は私をどぶに突き落とします。
そのため泥まみれになった着物でさえ、
神の目には、私よりきれいに見えるでしょう。
32-33 神は人間ではないので、
私は自分を弁護することができません。
もし神が人間なら、
対等な立場で話し合えるでしょう。
私たちの間には仲裁人がいません。
仲を取り持つ者がいないのです。
34 これ以上、神の刑罰の恐ろしさに
おびえなくてすむよう、
私を打ちたたくのをやめてください。
35 そうすれば、遠慮なくお話しし、
身の潔白を堂々と主張できるのです。