Japanese Living Bible

ミカ書 1

1次に述べるのは、ヨタム王、アハズ王、ヒゼキヤ王がユダ王国を治めていた時代に、モレシェテの町に住むミカに伝えられた主からのことばです。それはサマリヤとユダの両国へのことばで、幻によってミカに示されたものです。

よく聞け。

世界のすべての国々の民よ、耳をすませよ。
主が聖なる神殿の中から、
あなたがたを告発したのだ。

サマリヤとエルサレムに対するさばき

見よ、主が来ようとしている。
天の王座を離れ、山々の頂の上を歩きながら、
地上に来る。
山々は、火の中の蝋のように主の足の下で溶け、
丘を流れ落ちる水のように谷へ流れ込む。
どうしてこんなことが起こっているのか。
イスラエルとユダの罪のせいだ。
どんな罪か。
首都サマリヤとエルサレムを中心に行われている
偶像崇拝と虐待である。
それゆえ、サマリヤの町は瓦礫の山となり、
開けた野となって、
その通りはぶどうを植えるために掘り返される。
主はその城壁と要塞を壊し、土台をあばき、
その石を下の谷へ流し入れる。
刻んだ像は一つ残らず粉々に砕かれ、
礼拝者たちの寄進で建てた
きらびやかな偶像の神殿は焼き払われる。

嘆きと悲しみ

わたしは声をあげて嘆こう。山犬のようにほえ、
夜、泣きながら砂漠を横切る
だちょうのように悲しげに。
はだし、裸で歩こう。
わたしの民の傷が治せないほど深いからだ。
主はエルサレムを罰しようと、
すでにその門に立っている。
10 ガテの町は災いだ。
嘆き悲しむな。
ベテ・レアフラでは、悩み、
恥じてちりの中を転げ回れ。
11 シャフィルの民は身ぐるみはがされて、
裸になって恥じたまま、奴隷として引かれて行く。
ツァアナンの民は城壁の外に姿を現そうとしない。
ベテ・エツェルは町の土台ごと一掃される。
12 マロテの民は、
これから良い時代になるだろうと望みをかけている。
だが、待ちかまえているのは苦痛だけだ。
主が、今にもエルサレムを打とうとしているからだ。
13 急げ、ラキシュの民よ、
一番速い戦車で逃げるのだ。
ユダの町で最初にイスラエルの偶像礼拝の罪に
ならったのは、あなたなのだから。
そして南のすべての町が、
あなたの例にならうようになった。
14 ガテのモレシェテに書き送れ。
もう救われる望みはない。
アクジブの町は、できもしない援助を約束して、
イスラエルの王を欺いた。
15 マレシャの民よ、あなたは敵の賞品になる。
敵は、「イスラエルの誉れ」である
アドラムにまで侵入する。
16 泣け。
子どもたちのために泣き悲しめ。
子どもたちは奪い去られ、二度と会えなくなる。
奴隷として遠くの地へ連れて行かれてしまった。
頭をそって嘆き悲しむがいい。

The Message

Micah 1

1God’s Message as it came to Micah of Moresheth. It came during the reigns of Jotham, Ahaz, and Hezekiah, kings of Judah. It had to do with what was going on in Samaria and Jerusalem.

God Takes the Witness Stand

Listen, people—all of you.
    Listen, earth, and everyone in it:
The Master, God, takes the witness stand against you,
    the Master from his Holy Temple.

3-5 Look, here he comes! God, from his place!
    He comes down and strides across mountains and hills.
Mountains sink under his feet,
    valleys split apart;
The rock mountains crumble into gravel,
    the river valleys leak like sieves.
All this because of Jacob’s sin,
    because Israel’s family did wrong.
You ask, “So what is Jacob’s sin?”
    Just look at Samaria—isn’t it obvious?
And all the sex-and-religion shrines in Judah—
    isn’t Jerusalem responsible?

6-7 “I’m turning Samaria into a heap of rubble,
    a vacant lot littered with garbage.
I’ll dump the stones from her buildings in the valley
    and leave her abandoned foundations exposed.
All her carved and cast gods and goddesses
    will be sold for stove wood and scrap metal,
All her sacred fertility groves
    burned to the ground,
All the sticks and stones she worshiped as gods,
    destroyed.
These were her earnings from her life as a whore.
    This is what happens to the fees of a whore.”

8-9 This is why I lament and mourn.
    This is why I go around in rags and barefoot.
This is why I howl like a pack of coyotes,
    and moan like a mournful owl in the night.
God has inflicted punishing wounds;
    Judah has been wounded with no healing in sight.
Judgment has marched through the city gates.
    Jerusalem must face the charges.

10-16 Don’t gossip about this in Telltown.
    Don’t waste your tears.
In Dustville,
    roll in the dust.
In Alarmtown,
    the alarm is sounded.
The citizens of Exitburgh
    will never get out alive.
Lament, Last-Stand City:
    There’s nothing in you left standing.
The villagers of Bittertown
    wait in vain for sweet peace.
Harsh judgment has come from God
    and entered Peace City.
All you who live in Chariotville,
    get in your chariots for flight.
You led the daughter of Zion
    into trusting not God but chariots.
Similar sins in Israel
    also got their start in you.
Go ahead and give your good-bye gifts
    to Good-byeville.
Miragetown beckoned
    but disappointed Israel’s kings.
Inheritance City
    has lost its inheritance.
Glorytown
    has seen its last of glory.
Shave your heads in mourning
    over the loss of your precious towns.
Go bald as a goose egg—they’ve gone
    into exile and aren’t coming back.