Japanese Living Bible

マタイの福音書 12

安息日をも支配するイエス

1そのころのことです。イエスは弟子たちといっしょに、麦畑の中を歩いておられました。ちょうど、ユダヤの礼拝日にあたる安息日(神の定めた休息日)でしたが、お腹がすいた弟子たちは、麦の穂を摘み取って食べ始めました。

ところが、それを見た、あるパリサイ人たちが言いました。「あなたの弟子たちがおきてを破っている。安息日に刈り入れをするなど、もってのほかだ。」

しかし、イエスは言われました。「ダビデ王とその家来たちが空腹になった時、どんなことをしたか、聖書で読んだことがないのですか。 ダビデ王は神殿に入り、祭司しか食べられない供え物のパンを、みんなで食べたではないですか。ダビデ王でさえ、おきてを破ったわけです。 また、神殿で奉仕をする祭司は安息日に働いてもよい、と聖書に書いてあるのを読んだことがないのですか。 ことわっておきますが、このわたしは、神殿よりもずっと偉大なのです。 もしあなたがたが、『わたしは供え物を受けるより、あなたがたにあわれみ深くなってほしい』ホセア6・6という聖書のことばをよく理解していたら、罪もない人たちをとがめたりはしなかったはずです。 安息日といえども、天から来たわたしの支配下にあるのですから。」

このあと、イエスは会堂にお入りになりました。 10 ふとごらんになると、そこに、片手の不自由な男がいました。ここぞとばかり、パリサイ人たちは、「安息日に病気を治してやっても、おきてに違反しないでしょうか」と尋ねました。それは、イエスがきっと「さしつかえない」と答えるだろうから、そうしたら逮捕しようという計略でした。 11 ところが、イエスの答えは違いました。「あなたがたが、羊を一匹飼っていたとします。ところが、その羊が安息日に井戸に落ちてしまった。さあ、どうしますか。もちろん、すぐに助けてあげるでしょう。 12 人間の価値は、羊とは比べものになりません。だから安息日に良いことをするのは、正しいことなのです。」 13 それからイエスは、片手の不自由な男に、「手を伸ばしなさい」と言われ、彼がそのとおりにすると、手はすっかりよくなりました。

14 そこでパリサイ人たちは、どうにかしてイエスを逮捕し死刑にしようと、集まって陰謀を巡らしました。 15 しかし、それに気づいたイエスは、いち早く会堂を抜け出しました。すると、大ぜいの人がついて来たので、その中の病人をみないやし、 16 そして彼らに、この奇跡のうわさを言い広めないように注意しました。 17 こうして、イザヤの預言のとおりになったのです。

18 「わたしのしもべを見よ。
彼こそわたしの選んだ者。
わたしが喜ぶ、わたしの愛する者。
わたしは彼の上にわたしの霊を置き、
彼は国々をさばく。
19 彼は争わず、
叫ぶことも大声をあげることもない。
20 弱い者を踏み倒さず、
どんな小さな望みの火も消さない。
ついには、正義に勝利をもたらす。
21 彼の名こそ、全世界の希望となる。」イザヤ42・1―4

22 その時、悪霊につかれて、目も見えず、口もきけない人が連れて来られたので、イエスは彼の目を開け、口もきけるようになさいました。 23 これを見た人々は驚いて、「やはり、この人がメシヤ(救い主)ではないだろうか」と言い合いました。

24 しかし、このことを耳にしたパリサイ人たちは、「イエスが悪霊を追い出せるのは、自分が悪霊の王ベルゼブル(サタン)だからだ」とうそぶきました。

25 イエスは彼らの考えを見抜き、こう言われました。「内紛の絶えない国は、結局滅びます。町でも家庭でも、分裂していては長続きしません。 26 もしサタンがサタンを追い出すなら、自分で自分と戦い、自分の国を破壊することになるのです。 27 わたしがベルゼブルの力で悪霊を追い出していると言うが、あなたがたの仲間も、悪霊を追い出しているではありませんか。彼らは、いったい何の力で追い出しているのですか。あなたがたの非難があたっているかどうか、彼らに答えてもらいましょう。 28 ところで、もしわたしが神の霊によって悪霊を追い出しているとしたら、どうでしょう。神の国はもう、あなたがたのところに来ているのです。 29 強い者の家に押し入って、物を盗み出すにはまず、その強い者を縛り上げなければなりません。悪霊も同じことです。まずサタンを縛り上げなければ、悪霊を追い出せるわけがありません。 30 わたしに味方しない者はみな、わたしの敵なのです。

31-32 だから、あなたがたに言っておきます。どんなにわたしを悪く言おうと、またどんな罪を犯そうと、神は赦してくださいます。ただ一つ、聖霊を汚すことだけは例外です。この罪ばかりは、いつの世でも絶対に赦されることはありません。

33 木の良し悪しは、実で見分けます。良い品種は良い実をつけ、劣った品種は悪い実をつけるものです。 34 ああ、まむしの子らよ。あなたがたのような悪者の口から、どうして正しい、良いことばが出てくるでしょう。人の心の思いが、そのまま口から出てくるのですから。 35 良い人のことばを聞けば、その人の心の中にすばらしい宝がたくわえられていることがわかります。しかし、悪い人の心の中は悪意でいっぱいです。 36 言っておきますが、やがてさばきの日には、あなたがたは今まで口にしたむだ口を、一つ一つ釈明しなければならないのです。 37 あなたがたのことばしだいで、あなたがたの将来は決まります。自分のことばによって、正しい者とされるか、あるいは罪に定められるか、どちらかになるのです。」

証拠を求める人々

38 ある日、ユダヤ人の指導者とパリサイ人のうちの何人かがやって来て、「あなたがほんとうにメシヤなら、その証拠を見せてほしい」と頼みました。

39 しかしイエスは、お答えになりました。「邪悪な不信の時代の人々は、証拠を要求するのです。けれども、預言者ヨナに起こったこと以外は、何の証拠も与えられません。 40 つまり、ヨナが三日三晩大きな魚の腹の中で過ごしたように、メシヤのわたしも、三日三晩、地の中で過ごすからです。 41 さばきの日には、あのニネベの人々が、あなたがたをきびしく罰する側に立つでしょう。ニネベの人々はヨナの教えを聞いて、それまでの堕落した生活を悔い改め、神に立ち返ったからです。ところが、今ここに、ヨナよりもはるかにまさる者が立っているのに、あなたがたはその人を信じようとしません。 42 シェバの女王でさえ、あなたがたをきびしく罰する側に回るでしょう。彼女は、ソロモンから知恵のことばを聞こうと、あんなに遠い国から旅して来ることもいとわなかったのです。ここに、そのソロモンよりまさる偉大な者がいるのに、あなたがたは信じようとしません。

43 この邪悪な時代に生きる人たちは、ちょうど悪霊につかれた人のようです。せっかくその人から悪霊が出て行っても、しばらくの間、悪霊は別の住みかを求めて荒野をあちこち歩き回るだけです。結局、適当な場所が見つからないので、 44 『もとの家に帰ろう』と帰ってみると、その人の心はきれいに片づけてあり、しかも空っぽです。 45 そこで、しめたとばかり、もっとたちの悪い七つの霊を連れ込んで、住みついてしまうというわけです。こうなると、その人の状態は以前より、はるかに悲惨なものとなります。」

46 イエスが人々のひしめき合う家の中で話しておられた時、母と弟たちがやって来ました。イエスに話したいことがあったからです。 47 だれかが、「先生。お母様と弟さんたちがお見えです」と知らせると、 48 イエスはみんなを見回して、「わたしの母や兄弟とは、いったいだれのことですか」と言われました。 49 そして弟子たちを指さし、「ごらんなさい。この人たちこそわたしの母であり兄弟です。 50 天におられるわたしの父に従う人はだれでも、わたしの母であり、兄弟であり、姉妹なのです」と言われました。

The Message

Matthew 12

In Charge of the Sabbath

11-2 One Sabbath, Jesus was strolling with his disciples through a field of ripe grain. Hungry, the disciples were pulling off the heads of grain and munching on them. Some Pharisees reported them to Jesus: “Your disciples are breaking the Sabbath rules!”

3-5 Jesus said, “Really? Didn’t you ever read what David and his companions did when they were hungry, how they entered the sanctuary and ate fresh bread off the altar, bread that no one but priests were allowed to eat? And didn’t you ever read in God’s Law that priests carrying out their Temple duties break Sabbath rules all the time and it’s not held against them?

6-8 “There is far more at stake here than religion. If you had any idea what this Scripture meant—‘I prefer a flexible heart to an inflexible ritual’—you wouldn’t be nitpicking like this. The Son of Man is no lackey to the Sabbath; he’s in charge.”

9-10 When Jesus left the field, he entered their meeting place. There was a man there with a crippled hand. They said to Jesus, “Is it legal to heal on the Sabbath?” They were baiting him.

11-14 He replied, “Is there a person here who, finding one of your lambs fallen into a ravine, wouldn’t, even though it was a Sabbath, pull it out? Surely kindness to people is as legal as kindness to animals!” Then he said to the man, “Hold out your hand.” He held it out and it was healed. The Pharisees walked out furious, sputtering about how they were going to ruin Jesus.

In Charge of Everything

15-21 Jesus, knowing they were out to get him, moved on. A lot of people followed him, and he healed them all. He also cautioned them to keep it quiet, following guidelines set down by Isaiah:

Look well at my handpicked servant;
    I love him so much, take such delight in him.
I’ve placed my Spirit on him;
    he’ll decree justice to the nations.
But he won’t yell, won’t raise his voice;
    there’ll be no commotion in the streets.
He won’t walk over anyone’s feelings,
    won’t push you into a corner.
Before you know it, his justice will triumph;
    the mere sound of his name will signal hope, even
    among far-off unbelievers.

No Neutral Ground

22-23 Next a poor demon-afflicted wretch, both blind and deaf, was set down before him. Jesus healed him, gave him his sight and hearing. The people who saw it were impressed—“This has to be the Son of David!”

24 But the Pharisees, when they heard the report, were cynical. “Black magic,” they said. “Some devil trick he’s pulled from his sleeve.”

25-27 Jesus confronted their slander. “A judge who gives opposite verdicts on the same person cancels himself out; a family that’s in a constant squabble disintegrates; if Satan banishes Satan, is there any Satan left? If you’re slinging devil mud at me, calling me a devil kicking out devils, doesn’t the same mud stick to your own exorcists?

28-29 “But if it’s by God’s power that I am sending the evil spirits packing, then God’s kingdom is here for sure. How in the world do you think it’s possible in broad daylight to enter the house of an awake, able-bodied man and walk off with his possessions unless you tie him up first? Tie him up, though, and you can clean him out.

30 “This is war, and there is no neutral ground. If you’re not on my side, you’re the enemy; if you’re not helping, you’re making things worse.

31-32 “There’s nothing done or said that can’t be forgiven. But if you deliberately persist in your slanders against God’s Spirit, you are repudiating the very One who forgives. If you reject the Son of Man out of some misunderstanding, the Holy Spirit can forgive you, but when you reject the Holy Spirit, you’re sawing off the branch on which you’re sitting, severing by your own perversity all connection with the One who forgives.

33 “If you grow a healthy tree, you’ll pick healthy fruit. If you grow a diseased tree, you’ll pick worm-eaten fruit. The fruit tells you about the tree.

34-37 “You have minds like a snake pit! How do you suppose what you say is worth anything when you are so foul-minded? It’s your heart, not the dictionary, that gives meaning to your words. A good person produces good deeds and words season after season. An evil person is a blight on the orchard. Let me tell you something: Every one of these careless words is going to come back to haunt you. There will be a time of Reckoning. Words are powerful; take them seriously. Words can be your salvation. Words can also be your damnation.”

Jonah-Evidence

38 Later a few religion scholars and Pharisees got on him. “Teacher, we want to see your credentials. Give us some hard evidence that God is in this. How about a miracle?”

39-40 Jesus said, “You’re looking for proof, but you’re looking for the wrong kind. All you want is something to titillate your curiosity, satisfy your lust for miracles. The only proof you’re going to get is what looks like the absence of proof: Jonah-evidence. Like Jonah, three days and nights in the fish’s belly, the Son of Man will be gone three days and nights in a deep grave.

41-42 “On Judgment Day, the Ninevites will stand up and give evidence that will condemn this generation, because when Jonah preached to them they changed their lives. A far greater preacher than Jonah is here, and you squabble about ‘proofs.’ On Judgment Day, the Queen of Sheba will come forward and bring evidence that will condemn this generation, because she traveled from a far corner of the earth to listen to wise Solomon. Wisdom far greater than Solomon’s is right in front of you, and you quibble over ‘evidence.’

43-45 “When a defiling evil spirit is expelled from someone, it drifts along through the desert looking for an oasis, some unsuspecting soul it can bedevil. When it doesn’t find anyone, it says, ‘I’ll go back to my old haunt.’ On return it finds the person spotlessly clean, but vacant. It then runs out and rounds up seven other spirits more evil than itself and they all move in, whooping it up. That person ends up far worse off than if he’d never gotten cleaned up in the first place.

“That’s what this generation is like: You may think you have cleaned out the junk from your lives and gotten ready for God, but you weren’t hospitable to my kingdom message, and now all the devils are moving back in.”

Obedience Is Thicker than Blood

46-47 While he was still talking to the crowd, his mother and brothers showed up. They were outside trying to get a message to him. Someone told Jesus, “Your mother and brothers are out here, wanting to speak with you.”

48-50 Jesus didn’t respond directly, but said, “Who do you think my mother and brothers are?” He then stretched out his hand toward his disciples. “Look closely. These are my mother and brothers. Obedience is thicker than blood. The person who obeys my heavenly Father’s will is my brother and sister and mother.”