Japanese Living Bible

ホセア書 6

悔い改めないイスラエル

1『さあ、主に帰ろう。
私たちを引き裂いたのは主だ。
その方が治してくださる。
主は傷つけたが、手当てしてくださる。
ほんの二日で、いや、せいぜい三日で、
私たちを立ち上がらせて
再び愛のうちに生かしてくださる。
ああ、主を知りたい。
さらに主を求めよう。
そうすれば、必ず夜明けが訪れ、
早春の雨期がくるように、必ず答えてくださる。』
エフライムとユダよ。
あなたたちをどうしたらいいのか。
あなたたちの愛は、朝もやのように消えうせ、
露のように消え去る。
わたしは預言者たちを遣わして、
あなたたちに迫る滅びを警告した。
『あなたがたを滅ぼす』と脅すことばによって、
あなたたちを切り殺した。
前ぶれもなく突然に、
ちょうど昼のあとに夜がくるように、
わたしのさばきがあなたたちを打ち倒す。
いけにえはいらない。
わたしを愛してほしいのだ。
ささげ物もいらない。
わたしを知ってほしいのだ。
ところが、あなたたちはアダムのように契約を破り、
わたしの愛をはねつけた。

ギルアデは罪人たちの町で、血の足跡がついている。

強盗が犠牲者を待ち伏せるように、

祭司は徒党を組み、シェケムへ通じる道で人を殺し、
ありとあらゆる犯罪を重ねている。
10 まさに、わたしは
イスラエルの中に恐ろしいことを見た。
エフライムは他の神々を追い求め、
イスラエルはとことんまで身を汚している。
11 ユダよ。あなたたちにも、
重い刑罰を刈り入れる時がやってくるる。
わたしはあなたたちを、
どれほど祝福したかったことか。

Nueva Versión Internacional (Castilian)

Oseas 6

Impenitencia de Israel

1¡Venid, volvámonos al Señor!
Él nos ha despedazado, pero nos sanará;
    nos ha herido, pero nos vendará.
Después de dos días nos dará vida;
    al tercer día nos levantará,
    y así viviremos en su presencia.
Conozcamos al Señor;
    vayamos tras su conocimiento.
Tan cierto como que sale el sol,
    él habrá de manifestarse;
vendrá a nosotros como la lluvia de invierno,
    como la lluvia de primavera que riega la tierra.
«¿Qué voy a hacer contigo, Efraín?
¿Qué voy a hacer contigo, Judá?
Vuestro amor es como nube matutina,
    como rocío que temprano se evapora.
Por eso los hice pedazos por medio de los profetas;
    los herí con las palabras de mi boca.
¡Mi sentencia los fulminará como un relámpago!
Lo que pido de vosotros es amor y no sacrificios,
    conocimiento de Dios y no holocaustos.
Son como Adán:
    han quebrantado el pacto,
    ¡me han traicionado!
Galaad es una ciudad de malhechores;
    sus pisadas dejan huellas de sangre.
Una pandilla de sacerdotes
    está al acecho en el camino a Siquén,
y como banda de salteadores,
    comete toda clase de infamias.
10 En el reino de Israel
    he visto algo horrible:
Allí se prostituye Efraín
    y se mancilla Israel.

11 »¡A ti también, Judá,
    te espera la cosecha de tu maldad!

»Cuando cambie yo la suerte de mi pueblo,