Japanese Living Bible

ナホム書 1

1神は、エルコシュに住むナホムに、ニネベに差し迫っている運命について次のような幻を示しました。

ニネベに対する主の怒り

神は、ねたむほどにご自分の民を愛している。
だから、その民を痛めつける者たちに復讐する。
その民の敵をすさまじい勢いで滅ぼす。
神は怒るのに遅いが、いったん怒ると、
その力は信じられないほどで、簡単には赦さない。
その力を恐ろしい台風や暴風雨の中に示し、
渦まく雲も、
神の足の下でかき立てられる砂ぼこりのようなものだ。
命じると、海も川も乾いた砂地となる。
バシャンとカルメルの青々とした草はしおれ、
レバノンの緑の森も枯れはてる。
神の前に出ると、山々は震え、丘は溶ける。
大地は崩れ、その住民は滅ぼされる。
だれが、怒りに燃える神の前に立てるだろう。
神の怒りは火のようで、
山々はその怒りの前に崩れ落ちる。
主はいつくしみ深い方、
苦難に会うとき、身を寄せるべき場所だ。
主は、ご自分に信頼する者をすべて知っている。
しかし、敵はあふれみなぎる洪水で一掃し、
一晩中追いかける。
ニネベよ、主に反抗するとは、
何をもくろんでいるのか。
神はおまえを一撃で仕留め、二度打つ必要もない。
10 ご自分の敵を、からみついたいばらの塊のように
火に投げ込む。
彼らはわらのように、あっという間に燃え尽きる。
11 主に刃向かおうとするとは、
おまえの王は、いったい何者か。
12 主は、少しも恐れていない。
主はこう宣言する。
「何百万もの強力な軍隊を組織しても、
消えうせる。
わたしの民よ。あなたはもう十分に罰を受けた。
13 今、あなたの鎖を砕き、
このアッシリヤの王の奴隷のくびきから解放しよう。」
14 それから、アッシリヤの王にこう宣告する。
「おまえの王朝はもう終わりだ。
息子たちが王位につくことはない。
わたしはおまえの神々や神殿を破壊し、
おまえを葬り去ろう。
罪の悪臭がひどいからだ。」
15 見なさい。うれしい知らせを伝える使者たちが、
山を駆け下りて来る。
「侵入者は一掃され、もう心配はない。」
ユダよ、感謝祭をするとふれ回り、
誓ったとおり、主だけを礼拝せよ。
二度と、ニネベから敵が攻めて来ることはない。
彼らは永久に滅ぼされ、再びその姿を見ることはない。

Endagaano Enkadde nʼEndagaano Empya

Nakkumu 1

1Kuno kwe kwolesebwa Katonda kwe yalaga Nakkumu, Omwerukoosi okukwata ku bibambulira ebyali bijjira Nineeve.

Obusungu bwa Mukama ku Nineeve

Katonda wa buggya era Mukama awalana eggwanga.
    Mukama awalana eggwanga era ajudde ekiruyi.
Mukama yeesasuza ku balabe be
    era aterekera abamuwakanya obusungu bwe.
Mukama tatera kusunguwala, ate nga wa maanyi mangi
    era tayinza n’akatono butabonereza oyo gwe gusinze.
Ekkubo lye liri mu mpewo ey’akazimu ne mu kibuyaga,
    n’ebire ye nfuufu y’ebigere bye.
Akangavvula ennyanja n’agikaza
    era akaza emigga gyonna,
ennimiro ez’omu Basani zikala, olusozi Kalumeeri lwonna lukayuse,
    n’ebimuli bya Lebanooni biwotose.
Ensozi zikankanira mu maaso ga Katonda,
    obusozi ne busaanuuka,
ettaka ne lyatikayatika mu maaso ge,
    ensi n’ekankana n’abantu bonna abagirimu.
Ani ayinza okuyimirira mu maaso ge ng’asunguwadde?
    Ani ayinza okugumira obusungu bwe obw’amaanyi?
Ekiruyi kye kibuubuuka ng’omuliro,
    n’enjazi n’eziyatikayatika.

Mukama mulungi,
    kiddukiro mu kiseera eky’okulabiramu ennaku,
era alabirira abo bonna abamwesiga.
    Naye alisaanyaawo abalabe be mu mataba amazibu,
ekizikiza kiribawondera.

Buli kye mwekobaana okukola Mukama,
    alikikomya.
    Akabi tekalijja mulundi gwakubiri.
10 Kubanga baliba ng’amaggwa agakwataganye,
    era nga batamidde,
    balyoke bookebwe omuliro ng’ekisambu ekikalu.
11 Mu ggwe Nineeve muvuddemu omuntu
    alowooza akabi
    era ateesa ebibi ku Mukama.

12 Bw’ati bw’ayogera Mukama nti,

“Newaakubadde nga balina be bakolagana nabo bangi, ate nga bangi,
    balizikirizibwa ne baggwaawo.
Newaakubadde nga mbabonereza mmwe abantu bange,
    siriddayo kukikola nate.
13 Kaakano nzija kumenya ekikoligo kyabwe nkibaggyeko
    era n’ebibasibye nnaabikutulakutula.”

14 Kino Mukama ky’alagidde ekikwata ku Nineeve:
    “Erinnya lyo terikyayala nate.
Ndizikiriza ekifaananyi ekyole n’ekifaananyi ekisaanuuse
    ebiri mu masabo g’abakatonda bo;
ndisima entaana yo
    kubanga oyinze obugwagwa.”

15 Yimusa amaaso, tunula ku nsozi, laba,
    ebigere ebirungi eby’oyo aleese amawulire amalungi,
    alangirira emirembe.
Ggwe Yuda kwata embaga zo entukuvu,
    era otuukirize obweyamo bwo;
omubi kaakano takyakulumba,
    azikiririzibbwa ddala, tolimulaba nate.