Japanese Living Bible

コリント人への手紙Ⅱ 11

1私が愚か者のように話し続けるのを我慢してください。私の心のうちを、忍耐をもって聞いてください。 私は、神の深い思いやりをもって、あなたがたのことを心にかけています。ちょうど清純なおとめが、やがて夫となる人に愛をささげるように、あなたがたが、ただキリストだけをひたむきに愛するよう願っているのです。 しかし、エバがエデンの園でサタンに惑わされたように、キリストに対する、きよい純真な思いが消えてしまうのではないかと心配でなりません。 あなたがたときたら、だまされやすく、だれかが私たちの伝えたのとは違う教えを伝えたり、あなたがたが受けた聖霊とは違う霊を伝えたり、あなたがたが救われたのとは違う救いの道を教えたりすると、簡単にそれを信じてしまうのですから。

詐欺師には負けません

けれども、そんな自称「神の大使徒たち」が私よりすぐれているとは思いません。 たとえ口べたであっても、少なくとも、自分が話している内容はよく知っています。それは何度も証明してきたことです。

私が何の報酬も受けずに、神の福音をあなたがたに宣べ伝えたことは、まちがいだったのでしょうか。そのために自分を安っぽく見せて、見下げられてしまったのでしょうか。 8-9 あなたがたのところにいる間、何の負担もかけないで奉仕したいと、むりを言って諸教会から送ってもらっていたのです。それが底をついて、食べる物に事欠いた時も、あなたがたにはいっさい要求しませんでした。マケドニヤのクリスチャンたちが、別の贈り物を持って来てくれたからです。あなたがたには、これまで少しも求めてこなかったように、今後もそうするつもりです。 10 このことは、あらん限りの真実にかけて、ギリシヤに住むすべての人に約束します。 11 なぜそうするのでしょう。あなたがたを愛していないからだとでも? とんでもない。どれほど愛しているか、神様がご存じです。 12 しかし、今のやり方を、これからも続けるつもりです。それは、私たちと同じように神のために働いていると誇る人たちにつけこむ機会を与えないためです。 13 彼らは、決して神から遣わされた者ではありません。「詐欺師」です。キリストの使徒だと思い込ませるのです。 14 しかし、そんなことには今さら驚きもしません。サタンでさえ、光の天使に変装するのです。 15 ですから、サタンの手下どもがまねをし、敬虔な牧師になりすましたとしても、特別驚くことはありません。最後は、その悪事にふさわしいものとなるのです。

16 もう一度くり返しますが、こんなことを言う私が、理性を失ったなどとは思わないでください。しかしまた、それならそれで、「理性を失った愚か者」のことばに、とにかく耳を傾けてください。あの人たちみたいに、私も少しばかり誇ってみせます。 17 こんな自慢話は、主に命じられてするのではありませんが。私は、知恵のない愚か者のつもりになって、 18 自分の偉さをしきりに言いふらす人たちのまねをしてみましょう。 19 賢いあなたがたなのに、よくもうれしそうに、あの愚か者たちの言うことを聞いていますね。 20 奴隷にされ、持ち物を奪われ、利用され、いばられ、顔をたたかれているのに、よく平気でいられますね。 21 口にするのも恥ずかしいことですが、言わなければなりません。私たちの態度が弱すぎたのです。

しかし、彼らが誇るくらいのことは何でも――またしても愚か者のつもりで言いますが――私だって誇れるのです。 22 彼らは、ヘブル人だと自慢しているのですか。私もヘブル人です。自分たちは神の選びの民、イスラエル人だと言うのですか。私もそうです。アブラハムの子孫ですか。私もそうです。 23 彼らはキリストに仕えていると言うのですか。しかし、私はもっと仕えてきました。こんなに自慢をする私は、気でもおかしいのでしょうか。

私の労苦は彼らの比ではありません。投獄されたこともかなりの回数に及び、むち打たれたことは数えきれず、何度も死に直面しました。 24 ユダヤ人から、恐ろしい三十九回のむち打ちの刑を受けたことが五度あります。 25 それから、むちで打たれたことが三度、石で打たれたことが一度、難船したことが三度、一昼夜、海上を漂ったことが一度あります。 26 幾度も長い苦しい旅をし、川がはんらんしたり、強盗に襲われたり、同国人からも外国人からも迫害されたりして、何度も危険な目に会いました。町々では暴徒に取り囲まれ、荒野や嵐の海でやっと命びろいしたこともあります。クリスチャンだと自称しながら、実はそうでない人たちに苦しめられたこともあります。 27 疲れ果て、苦しみ、たびたび眠れない夜を過ごしました。飢え渇き、食べ物もなく過ごしたこともしょっちゅうです。また服もなく、寒さに震えていたこともありました。 28 こんなことのほかに、諸教会がどうなるかという心配を絶えずかかえています。 29 誤った道を進んでいる人を見て、悲しまないでいられるでしょうか。倒れている人を見て、知らん顔ができるでしょうか。精神的に痛手を受けている人を見て、傷つけた相手に激しく怒らずにいられるでしょうか。

30 しかし、もしどうしても誇る必要があるなら、私はむしろ、自分の弱さを誇ります。 31 主イエス・キリストの父なる神、永遠にほめたたえられる方は、私が真実を語っているのをご存じです。 32 こんなこともありました。ダマスコで、アレタ王の代官が私をつかまえようと町の門を厳重に見張っていましたが、 33 私は、町の城壁の穴から綱のついたかごでつり降ろされ、逃げることができたのです。よく知られている出来事です。

The Message

2 Corinthians 11

Pseudo-Servants of God

11-3 Will you put up with a little foolish aside from me? Please, just for a moment. The thing that has me so upset is that I care about you so much—this is the passion of God burning inside me! I promised your hand in marriage to Christ, presented you as a pure virgin to her husband. And now I’m afraid that exactly as the Snake seduced Eve with his smooth patter, you are being lured away from the simple purity of your love for Christ.

4-6 It seems that if someone shows up preaching quite another Jesus than we preached—different spirit, different message—you put up with him quite nicely. But if you put up with these big-shot “apostles,” why can’t you put up with simple me? I’m as good as they are. It’s true that I don’t have their voice, haven’t mastered that smooth eloquence that impresses you so much. But when I do open my mouth, I at least know what I’m talking about. We haven’t kept anything back. We let you in on everything.

7-12 I wonder, did I make a bad mistake in proclaiming God’s Message to you without asking for something in return, serving you free of charge so that you wouldn’t be inconvenienced by me? It turns out that the other churches paid my way so that you could have a free ride. Not once during the time I lived among you did anyone have to lift a finger to help me out. My needs were always supplied by the believers from Macedonia province. I was careful never to be a burden to you, and I never will be, you can count on it. With Christ as my witness, it’s a point of honor with me, and I’m not going to keep it quiet just to protect you from what the neighbors will think. It’s not that I don’t love you; God knows I do. I’m just trying to keep things open and honest between us.

12-15 And I’m not changing my position on this. I’d die before taking your money. I’m giving nobody grounds for lumping me in with those money-grubbing “preachers,” vaunting themselves as something special. They’re a sorry bunch—pseudo-apostles, lying preachers, crooked workers—posing as Christ’s agents but sham to the core. And no wonder! Satan does it all the time, dressing up as a beautiful angel of light. So it shouldn’t surprise us when his servants masquerade as servants of God. But they’re not getting by with anything. They’ll pay for it in the end.

Many a Long and Lonely Night

16-21 Let me come back to where I started—and don’t hold it against me if I continue to sound a little foolish. Or if you’d rather, just accept that I am a fool and let me rant on a little. I didn’t learn this kind of talk from Christ. Oh, no, it’s a bad habit I picked up from the three-ring preachers that are so popular these days. Since you sit there in the judgment seat observing all these shenanigans, you can afford to humor an occasional fool who happens along. You have such admirable tolerance for impostors who rob your freedom, rip you off, steal you blind, put you down—even slap your face! I shouldn’t admit it to you, but our stomachs aren’t strong enough to tolerate that kind of stuff.

21-23 Since you admire the egomaniacs of the pulpit so much (remember, this is your old friend, the fool, talking), let me try my hand at it. Do they brag of being Hebrews, Israelites, the pure race of Abraham? I’m their match. Are they servants of Christ? I can go them one better. (I can’t believe I’m saying these things. It’s crazy to talk this way! But I started, and I’m going to finish.)

23-27 I’ve worked much harder, been jailed more often, beaten up more times than I can count, and at death’s door time after time. I’ve been flogged five times with the Jews’ thirty-nine lashes, beaten by Roman rods three times, pummeled with rocks once. I’ve been shipwrecked three times, and immersed in the open sea for a night and a day. In hard traveling year in and year out, I’ve had to ford rivers, fend off robbers, struggle with friends, struggle with foes. I’ve been at risk in the city, at risk in the country, endangered by desert sun and sea storm, and betrayed by those I thought were my brothers. I’ve known drudgery and hard labor, many a long and lonely night without sleep, many a missed meal, blasted by the cold, naked to the weather.

28-29 And that’s not the half of it, when you throw in the daily pressures and anxieties of all the churches. When someone gets to the end of his rope, I feel the desperation in my bones. When someone is duped into sin, an angry fire burns in my gut.

30-33 If I have to “brag” about myself, I’ll brag about the humiliations that make me like Jesus. The eternal and blessed God and Father of our Master Jesus knows I’m not lying. Remember the time I was in Damascus and the governor of King Aretas posted guards at the city gates to arrest me? I crawled through a window in the wall, was let down in a basket, and had to run for my life.