Japanese Living Bible

エレミヤ書 14

日照りとききんと戦争

1主は日照りについて、次のようにエレミヤに説明なさいました。

「ユダは嘆き悲しむ。
いっさいの仕事の手を止め、だれもかれも地にひれ伏す。
エルサレムから大きな叫び声が上がる。
貴族たちは召使に井戸の水をくませようとするが、
井戸は干上がっている。
召使は水の入っていない桶を持って帰り、
悲しみながら頭をかかえこむ。
水不足で地面はからからに乾き、
あちこちに地割れができ、農夫はおびえきる。

草はどこにもなく、鹿は子どもを置き去りにする。

野ろばは裸の丘に立ち、

のどの渇いた山犬のように肩で息をする。
目を大きく開けて草を探し求めるが、
一本の草も見つからない。」
ああ主よ。私たちはひどい罪を犯しました。
けれども、ご自身の御名のために、
私たちを助けてください。
イスラエルの望みであるお方、
困った時に助けてくださる主よ。
どうして、一夜の宿を求める旅人のように、
この国をあわただしく通り過ぎて行くのですか。
まるで、とまどっているかのようです。
力がないので、救うことができないのですか。
主は私たちの真ん中におられます。
だれもが知るとおり、
私たちは神の名を頂いた民です。
どうぞ私たちを見捨てないでください。

10 ところが主は、こうお答えになりました。「おまえたちはわたしを離れてさすらってばかりいて、わたしの道を歩こうとしなかった。今さら、わたしの民として受け入れることなどできない。わたしは今、おまえたちの犯したいっさいの悪を思い出し、おまえたちの罪を罰する。」 11 主はまた、私に命じました。「これ以上、この民を祝福してほしいと願ってはならない。二度と彼らのために祈ってはならない。 12 彼らが断食しても、わたしは答えない。供え物やいけにえをささげても、受けつけない。わたしは戦争とききんと病気を返す。」

13 そこで私は言いました。「神よ。彼らの預言者たちは、戦争もききんもなく、平穏無事だと告げています。神は間違いなく平和をもたらし、祝福してくださると伝えています。」 14 主はこう答えました。「預言者たちは、わたしの名によってうそをついている。わたしは彼らを送り出したことも、何か話すようにと命じたこともない。彼らは、見たことも聞いたこともない幻と啓示について預言している。口から出まかせに、まやかしごとを話す。 15 わたしはこの預言者たちを罰する。彼らは戦争もききんも起こらないと言うが、そう言う彼らが、戦争とききんで死ぬ。 16 彼らの預言を聞く者も、ききんと戦争の犠牲となり、遺体はエルサレムの通りに捨てられる。葬る者は一人もいない。夫も妻も息子も娘も、みな姿を消す。罪の罰として、わたしが恐ろしい刑罰を下すからだ。

17 だから、彼らにこう言いなさい。

『私の目からは、夜となく昼となく涙があふれる。
同胞が剣で刺され、重傷を負って
地面に転がっているからだ。
18 野に出ると、切り殺された者の死体が転がっている。
通りを歩くと、飢えや病気で死んだ者の遺体が
ごろごろしている。
ところが預言者や祭司は、
おろおろさまよい歩くばかりだ。』」
19 主よ、ユダを完全にお見捨てになったのですか。
エルサレムを憎んでいるのですか。
これほどの罰を受けても、
まだ平和は訪れないのですか。
ようやく傷を治していただけると思っていました。
ところがどうでしょう。平和になるどころか、
どこもかしこも悩みと恐れでいっぱいです。

20 主よ、お赦しください。私たちが間違っていました。

21 御名のために、私たちを憎まないでください。

私たちを祝福するという約束を破棄して、
ご自身と栄光の御座を
辱めないでください。
22 どこの国の神が、
私たちのために雨を降らせるでしょう。
私たちの神以外に、
そんなことのできる神はいません。
ですから私たちは、
あなたが助けてくださるのを待っています。

New Living Translation

Jeremiah 14

Judah’s Terrible Drought

1This message came to Jeremiah from the Lord, explaining why he was holding back the rain:

“Judah wilts;
    commerce at the city gates grinds to a halt.
All the people sit on the ground in mourning,
    and a great cry rises from Jerusalem.
The nobles send servants to get water,
    but all the wells are dry.
The servants return with empty pitchers,
    confused and desperate,
    covering their heads in grief.
The ground is parched
    and cracked for lack of rain.
The farmers are deeply troubled;
    they, too, cover their heads.
Even the doe abandons her newborn fawn
    because there is no grass in the field.
The wild donkeys stand on the bare hills
    panting like thirsty jackals.
They strain their eyes looking for grass,
    but there is none to be found.”

The people say, “Our wickedness has caught up with us, Lord,
    but help us for the sake of your own reputation.
We have turned away from you
    and sinned against you again and again.
O Hope of Israel, our Savior in times of trouble,
    why are you like a stranger to us?
Why are you like a traveler passing through the land,
    stopping only for the night?
Are you also confused?
    Is our champion helpless to save us?
You are right here among us, Lord.
    We are known as your people.
    Please don’t abandon us now!”

10 So this is what the Lord says to his people:
“You love to wander far from me
    and do not restrain yourselves.
Therefore, I will no longer accept you as my people.
    Now I will remember all your wickedness
    and will punish you for your sins.”

The Lord Forbids Jeremiah to Intercede

11 Then the Lord said to me, “Do not pray for these people anymore. 12 When they fast, I will pay no attention. When they present their burnt offerings and grain offerings to me, I will not accept them. Instead, I will devour them with war, famine, and disease.”

13 Then I said, “O Sovereign Lord, their prophets are telling them, ‘All is well—no war or famine will come. The Lord will surely send you peace.’”

14 Then the Lord said, “These prophets are telling lies in my name. I did not send them or tell them to speak. I did not give them any messages. They prophesy of visions and revelations they have never seen or heard. They speak foolishness made up in their own lying hearts. 15 Therefore, this is what the Lord says: I will punish these lying prophets, for they have spoken in my name even though I never sent them. They say that no war or famine will come, but they themselves will die by war and famine! 16 As for the people to whom they prophesy—their bodies will be thrown out into the streets of Jerusalem, victims of famine and war. There will be no one left to bury them. Husbands, wives, sons, and daughters—all will be gone. For I will pour out their own wickedness on them. 17 Now, Jeremiah, say this to them:

“Night and day my eyes overflow with tears.
    I cannot stop weeping,
for my virgin daughter—my precious people—
    has been struck down
    and lies mortally wounded.
18 If I go out into the fields,
    I see the bodies of people slaughtered by the enemy.
If I walk the city streets,
    I see people who have died of starvation.
The prophets and priests continue with their work,
    but they don’t know what they’re doing.”

A Prayer for Healing

19 Lord, have you completely rejected Judah?
    Do you really hate Jerusalem?[a]
Why have you wounded us past all hope of healing?
    We hoped for peace, but no peace came.
    We hoped for a time of healing, but found only terror.
20 Lord, we confess our wickedness
    and that of our ancestors, too.
    We all have sinned against you.
21 For the sake of your reputation, Lord, do not abandon us.
    Do not disgrace your own glorious throne.
Please remember us,
    and do not break your covenant with us.

22 Can any of the worthless foreign gods send us rain?
    Does it fall from the sky by itself?
No, you are the one, O Lord our God!
    Only you can do such things.
    So we will wait for you to help us.

Notas al pie

  1. 14:19 Hebrew Zion?