詩 篇 74 CUVS - 詩篇 74 JLB

Chinese Union Version (Simplified)

詩 篇 74

1( 亚 萨 的 训 诲 诗 。 ) 神 啊 , 你 为 何 永 远 丢 弃 我 们 呢 ? 你 为 何 向 你 草 场 的 羊 发 怒 , 如 烟 冒 出 呢 ?

求 你 记 念 你 古 时 所 得 来 的 会 众 , 就 是 你 所 赎 ; 作 你 产 业 支 派 的 , 并 记 念 你 向 来 所 居 住 的 锡 安 山 。

求 你 举 步 去 看 那 日 久 荒 凉 之 地 , 仇 敌 在 圣 所 中 所 行 的 一 切 恶 事 。

你 的 敌 人 在 你 会 中 吼 叫 ; 他 们 竖 了 自 己 的 旗 为 记 号 。

他 们 好 像 人 扬 起 斧 子 , 砍 伐 林 中 的 树 。

圣 所 中 一 切 雕 刻 的 , 他 们 现 在 用 斧 子 锤 子 打 坏 了 。

他 们 用 火 焚 烧 你 的 圣 所 , 亵 渎 你 名 的 居 所 , 拆 毁 到 地 。

他 们 心 里 说 : 我 们 要 尽 行 毁 灭 ; 他 们 就 在 遍 地 把 神 的 会 所 都 烧 毁 了 。

我 们 不 见 我 们 的 标 帜 , 不 再 有 先 知 ; 我 们 内 中 也 没 有 人 知 道 这 灾 祸 要 到 几 时 呢 !

10 神 啊 , 敌 人 辱 骂 要 到 几 时 呢 ? 仇 敌 亵 渎 你 的 名 要 到 永 远 麽 ?

11 你 为 甚 麽 缩 回 你 的 右 手 ? 求 你 从 怀 中 伸 出 来 , 毁 灭 他 们 。

12 神 自 古 以 来 为 我 的 王 , 在 地 上 施 行 拯 救 。

13 你 曾 用 能 力 将 海 分 开 , 将 水 中 大 鱼 的 头 打 破 。

14 你 曾 砸 碎 鳄 鱼 的 头 , 把 他 给 旷 野 的 禽 兽 ( 禽 兽 : 原 文 是 民 ) 为 食 物 。

15 你 曾 分 裂 磐 石 , 水 便 成 了 溪 河 ; 你 使 长 流 的 江 河 乾 了 。

16 白 昼 属 你 , 黑 夜 也 属 你 ; 亮 光 和 日 头 是 你 所 预 备 的 。

17 地 的 一 切 疆 界 是 你 所 立 的 ; 夏 天 和 冬 天 是 你 所 定 的 。

18 耶 和 华 啊 , 仇 敌 辱 骂 , 愚 顽 民 亵 渎 了 你 的 名 , 求 你 记 念 这 事 。

19 不 要 将 你 斑 鸠 的 性 命 交 给 野 兽 ; 不 要 永 远 忘 记 你 困 苦 人 的 性 命 。

20 求 你 顾 念 所 立 的 约 , 因 为 地 上 黑 暗 之 处 都 满 了 强 暴 的 居 所 。

21 不 要 叫 受 欺 压 的 人 蒙 羞 回 去 ; 要 叫 困 苦 穷 乏 的 人 赞 美 你 的 名 。

22 神 啊 , 求 你 起 来 为 自 己 伸 诉 ! 要 记 念 愚 顽 人 怎 样 终 日 辱 骂 你 。

23 不 要 忘 记 你 敌 人 的 声 音 ; 那 起 来 敌 你 之 人 的 喧 哗 时 常 上 升 。

Japanese Living Bible

詩篇 74

1ああ神よ、
なぜいつまでも私たちをお見捨てになるのですか。

なぜ、あなたを信じて従う私たちに、
こんなにも激しい怒りを向けられるのですか。
その昔、奴隷の身であった私たちを救い出し、
かけがえのない宝のように大切になさったことを、
思い出してください。
自ら地上の住まいとお定めになったエルサレムを、
思い起こしてください。
どうか、敵の手で、見るも無残な廃墟と化した都を、
あなたの聖所を、ごらんください。
そこで、敵は勝ちどきをあげ、
勝利の碑を建てたのです。
5-6 あらゆるものが荒廃し、
木を切り倒したあとの森のようです。
彼らはハンマーや斧で、聖所の彫り物を打ち砕き、
切り刻み、
7-8 こともあろうに、あなたの聖所に火を放ちました。
彼らは、
「さあ、神の名残をとどめるものを一掃しろ」
と叫びながら、国中を駆け巡り、
礼拝するための集会場を焼き払いました。
9-10 私たちが神の民であることを証明するものは、
もう何もなくなりました。預言者もいないのです。
こんな状態がいつまで続くのか、だれも知りません。
ああ神よ、いつまで敵が
あなたのお名前を踏みつけるのを、
お許しになるのですか。
彼らをそのままにしておかれるのですか。
11 なぜ、みわざを行うことを
差し控えておられるのですか。
こぶしを振り上げて、
彼らの息の根を止めてください。

12 神は、はるか昔から私の王であられました。
私がどこにいても、いつもあなたのほうから、
救いの手を差し伸べてくださいました。
13-14 あなたは紅海を二つに分け、海神の頭を打ち砕き、
荒野に住む人々のえじきとされました。
15 あなたが命じると泉がわき出て、
イスラエル人はその水を飲みました。
常に水の流れるヨルダン川をせき止め、
そこを乾いた道となさいました。
16 昼も夜も、すべてはあなたの支配下にあります。
あなたは星と太陽をお造りになったお方です。
17 自然界を治め、夏と冬の区別を設けられました。
18 主よ、敵があなたをあざけっていることに
目を留めてください。
ああ神よ。
思い上がった民が、主の名を冒瀆しているのです。

19 主よ、お救いください。
あなたの山鳩を、獰猛な鷹からお守りください。
あなたが愛しておられる民を、
獣からお救いください。
20 約束を思い出してください。
この地は暗闇に閉ざされ、
残忍な者たちが幅をきかせています。
21 主よ、あなたの民が踏みにじられ、
いつまでもさげすまれることが
ないようにしてください。
貧しい者たちが、あなたの御名を
ほめたたえることができるようにしてください。
22 ああ神よ、立ち上がって、敵に申し渡してください。
反逆者が一日中あびせかけてくる
侮辱のことばを聞いてください。
23 敵ののろいのことばを、聞き逃さないでください。
彼らの声は、ますます大きくなっているのです。