詩 篇 72 CUVS - Псалтирь 72 NRT

Chinese Union Version (Simplified)

詩 篇 72

1( 所 罗 门 的 诗 。 ) 神 啊 , 求 你 将 判 断 的 权 柄 赐 给 王 , 将 公 义 赐 给 王 的 儿 子 。

他 要 按 公 义 审 判 你 的 民 , 按 公 平 审 判 你 的 困 苦 人 。

大 山 小 山 都 要 因 公 义 使 民 得 享 平 安 。

他 必 为 民 中 的 困 苦 人 伸 冤 , 拯 救 穷 乏 之 辈 , 压 碎 那 欺 压 人 的 。

太 阳 还 存 , 月 亮 还 在 , 人 要 敬 畏 你 , 直 到 万 代 !

他 必 降 临 , 像 雨 降 在 已 割 的 草 地 上 , 如 甘 霖 滋 润 田 地 。

在 他 的 日 子 , 义 人 要 发 旺 , 大 有 平 安 , 好 像 月 亮 长 存 。

他 要 执 掌 权 柄 , 从 这 海 直 到 那 海 , 从 大 河 直 到 地 极 。

住 在 旷 野 的 , 必 在 他 面 前 下 拜 ; 他 的 仇 敌 必 要 舔 土 。

10 他 施 和 海 岛 的 王 要 进 贡 ; 示 巴 和 西 巴 的 王 要 献 礼 物 。

11 诸 王 都 要 叩 拜 他 ; 万 国 都 要 事 奉 他 。

12 因 为 , 穷 乏 人 呼 求 的 时 候 , 他 要 搭 救 ; 没 有 人 帮 助 的 困 苦 人 , 他 也 要 搭 救 。

13 他 要 怜 恤 贫 寒 和 穷 乏 的 人 , 拯 救 穷 苦 人 的 性 命 。

14 他 要 救 赎 他 们 脱 离 欺 压 和 强 暴 ; 他 们 的 血 在 他 眼 中 看 为 宝 贵 。

15 他 们 要 存 活 。 示 巴 的 金 子 要 奉 给 他 ; 人 要 常 常 为 他 祷 告 , 终 日 称 颂 他 。

16 在 地 的 山 顶 上 , 五 谷 必 然 茂 盛 ( 或 译 : 有 一 把 五 谷 ) ; 所 结 的 谷 实 要 响 动 , 如 利 巴 嫩 的 树 林 ; 城 里 的 人 要 发 旺 , 如 地 上 的 草 。

17 他 的 名 要 存 到 永 远 , 要 留 传 如 日 之 久 。 人 要 因 他 蒙 福 ; 万 国 要 称 他 有 福 。

18 独 行 奇 事 的 耶 和 华 ─ 以 色 列 的 神 是 应 当 称 颂 的 !

19 他 荣 耀 的 名 也 当 称 颂 , 直 到 永 远 。 愿 他 的 荣 耀 充 满 全 地 ! 阿 们 ! 阿 们 !

20 耶 西 的 儿 子 ─ 大 卫 的 祈 祷 完 毕 。

New Russian Translation

Psalms 72

Книга 3

Псалом 72

1Псалом Асафа.

Воистину Бог благ к Израилю,

к чистым сердцем!

2А мои ноги едва не поскользнулись,

стопы мои чуть не потеряли опору,

3потому что я позавидовал надменным,

увидев процветание нечестивых.

4Нет им страданий;

они полны здоровья и силы[a].

5Они свободны от тягот человеческих,

и трудностей людских они не знают.

6И поэтому гордость – их ожерелье,

а жестокость – их одеяние.

7Вылезли от тучности глаза их;

их тщеславие не знает границ.

8Слова их полны издевательства и злобы,

и в своей надменности угрожают насилием.

9Открывают уста свои против небес,

и слова[b] их расхаживают по земле.

10Потому к ним же обращается Его народ

и пьет слова их, как воду из полной чаши.

11Они говорят: «Как узнает Бог?

Есть ли знание у Всевышнего?»

12Таковы нечестивые: они всегда беззаботны

и умножают свое богатство.

13Так не напрасно ли я хранил сердце свое в чистоте

и омывал руки свои в невинности?

14Целый день я подвергался мучениям

и был наказываем каждое утро.

15Но если бы я решил, что буду рассуждать так,

то предал бы детей Твоих.

16Когда я пытался все это понять,

то мне это казалось слишком трудным,

17пока я не вошел в святилище Бога

и не понял конца их.

18Истинно, на скользких путях Ты ставишь их

и предаешь их полному разрушению.

19Как неожиданно они истреблены,

погибают от ужаса!

20Как сновидение исчезает при пробуждении,

так Ты, Владыка, восстав, презришь их образ.

21Когда мое сердце наполняла горечь

и терзалась моя душа,

22я был невежествен и ничего не понимал;

как неразумное животное я был пред Тобою.

23И все же я всегда с Тобою:

Ты держишь меня за правую руку;

24Ты руководишь мною Своим советом

и потом к славе поведешь меня.

25Кто есть у меня на небесах, кроме Тебя?

И на земле я ничего, кроме Тебя, не желаю.

26Ослабевает моя плоть и мое сердце,

но Бог – твердыня[c] сердца моего

и часть моя навсегда.

27Те, кто далеки от Тебя, погибнут;

Ты губишь всех, кто неверен Тебе.

28А для меня благо приближаться к Богу;

Владыку Господа я сделал своим убежищем.

Я возвещу о всех делах Твоих.

Notas al pie

  1. 72:4 Или: «Нет им страданий до самой смерти (или: при смерти); они полны силы».
  2. 72:9 Букв.: «язык».
  3. 72:26 Букв.: «скала».