詩 篇 51 CUVS - 詩篇 51 JLB

Chinese Union Version (Simplified)

詩 篇 51

1( 大 卫 与 拔 示 巴 同 室 以 後 , 先 知 拿 单 来 见 他 ; 他 作 这 诗 , 交 与 伶 长 。 ) 神 啊 , 求 你 按 你 的 慈 爱 怜 恤 我 ! 按 你 丰 盛 的 慈 悲 涂 抹 我 的 过 犯 !

求 你 将 我 的 罪 孽 洗 除 净 尽 , 并 洁 除 我 的 罪 !

因 为 , 我 知 道 我 的 过 犯 ; 我 的 罪 常 在 我 面 前 。

我 向 你 犯 罪 , 惟 独 得 罪 了 你 ; 在 你 眼 前 行 了 这 恶 , 以 致 你 责 备 我 的 时 候 显 为 公 义 , 判 断 我 的 时 候 显 为 清 正 。

我 是 在 罪 孽 里 生 的 , 在 我 母 亲 怀 胎 的 时 候 就 有 了 罪 。

你 所 喜 爱 的 是 内 里 诚 实 ; 你 在 我 隐 密 处 , 必 使 我 得 智 慧 。

求 你 用 牛 膝 草 洁 净 我 , 我 就 乾 净 ; 求 你 洗 涤 我 , 我 就 比 雪 更 白 。

求 你 使 我 得 听 欢 喜 快 乐 的 声 音 , 使 你 所 压 伤 的 骨 头 可 以 踊 跃 。

求 你 掩 面 不 看 我 的 罪 , 涂 抹 我 一 切 的 罪 孽 。

10 神 啊 , 求 你 为 我 造 清 洁 的 心 , 使 我 里 面 重 新 有 正 直 ( 或 译 : 坚 定 ) 的 灵 。

11 不 要 丢 弃 我 , 使 我 离 开 你 的 面 ; 不 要 从 我 收 回 你 的 圣 灵 。

12 求 你 使 我 仍 得 救 恩 之 乐 , 赐 我 乐 意 的 灵 扶 持 我 ,

13 我 就 把 你 的 道 指 教 有 过 犯 的 人 , 罪 人 必 归 顺 你 。

14 神 啊 , 你 是 拯 救 我 的 神 ; 求 你 救 我 脱 离 流 人 血 的 罪 ! 我 的 舌 头 就 高 声 歌 唱 你 的 公 义 。

15 主 啊 , 求 你 使 我 嘴 唇 张 开 , 我 的 口 便 传 扬 赞 美 你 的 话 !

16 你 本 不 喜 爱 祭 物 , 若 喜 爱 , 我 就 献 上 ; 燔 祭 , 你 也 不 喜 悦 。

17 神 所 要 的 祭 就 是 忧 伤 的 灵 ; 神 啊 , 忧 伤 痛 悔 的 心 , 你 必 不 轻 看 。

18 求 你 随 你 的 美 意 善 待 锡 安 , 建 造 耶 路 撒 冷 的 城 墙 。

19 那 时 , 你 必 喜 爱 公 义 的 祭 和 燔 祭 并 全 牲 的 燔 祭 ; 那 时 , 人 必 将 公 牛 献 在 你 坛 上 。

Japanese Living Bible

詩篇 51

ダビデがバテ・シェバと姦通し、その夫ウリヤを殺したことに対し、預言者ナタンが神からの審判を告げた。その時のダビデの作。

1ああ、愛と恵みにあふれる神よ、私をあわれんで、
恐ろしい罪の汚れをぬぐい去ってください。
どうか私を洗い、この罪からきよめて、
もう一度、潔白な身としてください。
私は、自分がどんなに恥ずべきことをしたか、
よく存じております。
そのことで夜も昼も責めさいなまれているのです。
私はあなたに、ただあなたに罪を犯し、
この恐ろしいことをしてしまいました。
すべてをご存じのあなたが下す判決に、
誤りはありません。
私は生まれながらの罪人です。
母が私をみごもった時から、罪人でした。
あなたがお喜びになるのは、
徹底した正直さです。
ああ、そのことを私に心底わからせてください。

汚れをきよめる血を振り注いでください。
再び身も心もきれいになれるように、
私を洗ってください。
そうすれば、雪よりも白くなるでしょう。
罰は受けます。
でもそののち、喜びを取り戻させてください。
どうか、いつまでもこの罪を見続けず、
御目から消し去ってください。
10 ああ神よ。
どうか、きよい思いと正しい願いで満たされた、
新しいきれいな心にしてください。
11 私を見捨てて、永久に御前から
追放してしまわれることがありませんように。
聖霊を私から取り上げないでください。
12 救いの喜びを再び鮮やかにして、
心からあなたに従おうとする思いに満たしてください。
13 私のように罪深い人々に、
私はあなたの道を教えます。
きっと悔い改めて、あなたに立ち返ることでしょう。
14-15 ああ神よ。
私の頼むところはあなただけですから、
どうか死刑の宣告を下さないでください。
助けてくださるなら、私の舌はゆるみ、
あなたの赦しを高らかに歌いだすでしょう。
ああ、私はどれほどあなたをほめたたえることでしょう。

16 あなたは罪滅ぼしに何かをせよとはおっしゃいません。
もしそう言われるなら、
喜んで仰せに従うことでしょう。
あなたは、祭壇で焼かれる供え物を
求めておられるわけではありません。
17 あなたがお望みなのは、悔い改めて、
くずおれたたましいです。
ああ神よ。
罪を深く後悔して砕かれた心にこそ、
あなたは目を留めてくださるのです。

18 どうか主よ、私の罪のために
イスラエルの国を罰しないでください。
あなたの民を助け、エルサレムをお守りください。
19 私が潔白の身となってはじめて、
あなたは私の善行と、祭壇に供えるいけにえの雄牛とを、
喜んで受け入れてくださることでしょう。