詩 篇 50 CUVS - 詩篇 50 JLB

Chinese Union Version (Simplified)

詩 篇 50

1( 亚 萨 的 诗 。 ) 大 能 者 神 ─ 耶 和 华 已 经 发 言 招 呼 天 下 , 从 日 出 之 地 到 日 落 之 处 。

从 全 美 的 锡 安 中 , 神 已 经 发 光 了 。

我 们 的 神 要 来 , 决 不 闭 口 。 有 烈 火 在 他 面 前 吞 灭 ; 有 暴 风 在 他 四 围 大 刮 。

他 招 呼 上 天 下 地 , 为 要 审 判 他 的 民 ,

说 : 招 聚 我 的 圣 民 到 我 这 里 来 , 就 是 那 些 用 祭 物 与 我 立 约 的 人 。

诸 天 必 表 明 他 的 公 义 , 因 为 神 是 施 行 审 判 的 。 ( 细 拉 )

我 的 民 哪 , 你 们 当 听 我 的 话 ! 以 色 列 啊 , 我 要 劝 戒 你 ; 我 是 神 , 是 你 的 神 !

我 并 不 因 你 的 祭 物 责 备 你 ; 你 的 燔 祭 常 在 我 面 前 。

我 不 从 你 家 中 取 公 牛 , 也 不 从 你 圈 内 取 山 羊 ;

10 因 为 , 树 林 中 的 百 兽 是 我 的 , 千 山 上 的 牲 畜 也 是 我 的 。

11 山 中 的 飞 鸟 , 我 都 知 道 ; 野 地 的 走 兽 也 都 属 我 。

12 我 若 是 饥 饿 , 我 不 用 告 诉 你 , 因 为 世 界 和 其 中 所 充 满 的 都 是 我 的 。

13 我 岂 吃 公 牛 的 肉 呢 ? 我 岂 喝 山 羊 的 血 呢 ?

14 你 们 要 以 感 谢 为 祭 献 与 神 , 又 要 向 至 高 者 还 你 的 愿 ,

15 并 要 在 患 难 之 日 求 告 我 ; 我 必 搭 救 你 , 你 也 要 荣 耀 我 。

16 但 神 对 恶 人 说 : 你 怎 敢 传 说 我 的 律 例 , 口 中 提 到 我 的 约 呢 ?

17 其 实 你 恨 恶 管 教 , 将 我 的 言 语 丢 在 背 後 。

18 你 见 了 盗 贼 就 乐 意 与 他 同 夥 , 又 与 行 奸 淫 的 人 一 同 有 分 。

19 你 口 任 说 恶 言 ; 你 舌 编 造 诡 诈 。

20 你 坐 着 毁 谤 你 的 兄 弟 , 谗 毁 你 亲 母 的 儿 子 。

21 你 行 了 这 些 事 , 我 还 闭 口 不 言 , 你 想 我 恰 和 你 一 样 ; 其 实 我 要 责 备 你 , 将 这 些 事 摆 在 你 眼 前 。

22 你 们 忘 记 神 的 , 要 思 想 这 事 , 免 得 我 把 你 们 撕 碎 , 无 人 搭 救 。

23 凡 以 感 谢 献 上 为 祭 的 便 是 荣 耀 我 ; 那 按 正 路 而 行 的 , 我 必 使 他 得 着 我 的 救 恩 。

Japanese Living Bible

詩篇 50

1全能の神である主は、東の果てから西の果てまで、
人々を呼び集めました。
シオンの山のうるわしい宮から、
神の栄光が輝きわたります。
神は焼き尽くす火をまとい、
雷とともに姿を現されます。
そのまわりには嵐が猛り狂っています。
ご自分の民をさばくためにおいでになった神は、
天と地にこうお叫びになります。
「祭壇にいけにえをささげた人々を捜し出せ。
わたしに忠誠を誓った民を集めよ。」
神は完全に公正な裁判官となって、
判決を下されます。
天も、神の正しさを証言します。

「民よ、耳を傾けなさい。
わたしはあなたがたの神である。
あなたがたには告発すべきことがある。
わたしは、祭壇にささげられたいけにえに
不満があるわけではない。
それは欠かさず供えられている。
しかし、真にわたしの求めているものは、
いけにえの雄牛や雄やぎではない。
10-11 野原や林の獣は、
もともとわたしのものなのだから。
千の丘で草をはむ家畜も、
山の鳥もみな、わたしのものである。
12 たとえ飢えても、あなたがたに頼ったりはしない。
全世界とその中のものはみな、
わたしのものなのだから。
13 あなたがたに、いけにえの肉と血を、
どうしてもささげてもらわなければならない
わけではない。
14-15 わたしが求めているのは、真心からの感謝、
わたしへの誓いを果たすことである。
苦難のとき、わたしを頼みとしてほしい。
そうすれば、わたしは助けの手を差し伸べ、
あなたがたはわたしをほめたたえるだろう。」

16 しかし、悪者に向かっては、
神はこう宣言なさいます。
「二度とわたしのおきてを口にしてはならない。
わたしがおまえに約束したかのように
思ってはいけない。
17 おまえはわたしの懲らしめを拒み、
おきてをないがしろにしたのだから。
18 おまえは、どろぼうを見ると手を貸し、
腹黒い者や不道徳な人間とつき合っている。
19-20 のろいのことばを吐き、うそをつき、
聞くに耐えないことばを口にする、
おまえのような人間は、
血を分けた兄弟の悪口さえ平気で言う。
21 今まではわたしも、じっと黙って見てきた。
おまえは、神は気にかけていないと思っていた。
しかしついに、罰の下る時がきた。
これらのことが、おまえの罪状だ。
22 神を忘れ去った者へ、最後のチャンスを与えよう。
わたしはおまえを引き裂こうとしている。
だれもおまえを助けることはできない。

23 心からの賛美は尊いささげ物。
それこそ、わたしの栄誉である。
わたしの道を進む人は救われる。」