詩 篇 42 CUVS - 詩篇 42 JLB

Chinese Union Version (Simplified)

詩 篇 42

1( 可 拉 後 裔 的 训 诲 诗 , 交 与 伶 长 。 ) 神 啊 , 我 的 心 切 慕 你 , 如 鹿 切 慕 溪 水 。

我 的 心 渴 想 神 , 就 是 永 生 神 ; 我 几 时 得 朝 见 神 呢 ?

我 昼 夜 以 眼 泪 当 饮 食 ; 人 不 住 地 对 我 说 : 你 的 神 在 哪 里 呢 ?

我 从 前 与 众 人 同 往 , 用 欢 呼 称 赞 的 声 音 领 他 们 到 神 的 殿 里 , 大 家 守 节 。 我 追 想 这 些 事 , 我 的 心 极 其 悲 伤 。

我 的 心 哪 , 你 为 何 忧 闷 ? 为 何 在 我 里 面 烦 躁 ? 应 当 仰 望 神 , 因 他 笑 脸 帮 助 我 ; 我 还 要 称 赞 他 。

我 的 神 啊 , 我 的 心 在 我 里 面 忧 闷 , 所 以 我 从 约 但 地 , 从 黑 门 岭 , 从 米 萨 山 记 念 你 。

你 的 瀑 布 发 声 , 深 渊 就 与 深 渊 响 应 ; 你 的 波 浪 洪 涛 漫 过 我 身 。

白 昼 , 耶 和 华 必 向 我 施 慈 爱 ; 黑 夜 , 我 要 歌 颂 祷 告 赐 我 生 命 的 神 。

我 要 对 神 ─ 我 的 磐 石 说 : 你 为 何 忘 记 我 呢 ? 我 为 何 因 仇 敌 的 欺 压 时 常 哀 痛 呢 ?

10 我 的 敌 人 辱 骂 我 , 好 像 打 碎 我 的 骨 头 , 不 住 地 对 我 说 : 你 的 神 在 哪 里 呢 ?

11 我 的 心 哪 , 你 为 何 忧 闷 ? 为 何 在 我 里 面 烦 躁 ? 应 当 仰 望 神 , 因 我 还 要 称 赞 他 。 他 是 我 脸 上 的 光 荣 ( 原 文 是 帮 助 ) , 是 我 的 神 。

Japanese Living Bible

詩篇 42

1ああ神よ。鹿が水をあえぎ求めるように、
私はあなたを慕い求めます。
焼けつくような渇きを覚えながら、
私は、生きておられる神を求めています。
どこへ行けば、お目にかかれるのでしょうか。
昼も夜も涙にむせびながら、
神の助けを祈っています。
かたわらでは敵が、
「おまえの神はどこへ行った」とあざけるのです。
4-5 さあ、私のたましいよ、元気を出せ。
あの日のことを思い出すのだ。
まさか忘れてはいないだろう。
あの祭りの日、多くの人の先頭に立って神の宮に上り、
喜びに満たされて賛美の歌を歌ったことを。
どうしてそのように沈み込む必要があるのか。
どうして悲しげにふさぎ込んでいるのか。
神に望みを託すがよい。
そうだ、助けを信じて、
もう一度神をほめたたえよう。

それでもなお、私は気落ちし、ふさぎ込んでいます。
しかし、やがて私は、ヨルダン川が流れ、
ヘルモン山やミツァル山のそびえる美しいこの地に
注がれている、神の恵みを思い巡らします。
神のさかまく大波が私の頭上を越え、
悲しみの洪水が、とどろく大滝のように
降りかかってきます。
しかし主は
日ごとに変わらない愛を注いでくださいます。
私は夜通し賛美の歌を歌い、
このいのちを授けてくださった神に祈りをささげます。
「ああ、岩なる神よ」と、私は叫びます。
「なぜ、私をお見捨てになったのですか。
なぜ、私は敵の攻撃にさらされて、
こんなにも苦しまなければならないのですか。」
10 人のあざけりがこの身を突き刺し、
深い傷を負わせます。
彼らは、「おまえの神はいったいどこへ行った」と
あざ笑います。
11 しかし、私のたましいよ、
気落ちするな。動転するな。
神に期待せよ。
神がすばらしいことをしてくださり、
私はきっと賛嘆の声を上げるのだから。
このお方こそ、私の命綱、私の神。