詩 篇 31 CUVS - 詩篇 31 JLB

Chinese Union Version (Simplified)

詩 篇 31

1( 大 卫 的 诗 , 交 与 伶 长 。 ) 耶 和 华 啊 , 我 投 靠 你 ; 求 你 使 我 永 不 羞 愧 ; 凭 你 的 公 义 搭 救 我 !

求 你 侧 耳 而 听 , 快 快 救 我 ! 作 我 坚 固 的 磐 石 , 拯 救 我 的 保 障 !

因 为 你 是 我 的 岩 石 , 我 的 山 寨 ; 所 以 , 求 你 为 你 名 的 缘 故 引 导 我 , 指 点 我 。

求 你 救 我 脱 离 人 为 我 暗 设 的 网 罗 , 因 为 你 是 我 的 保 障 。

我 将 我 的 灵 魂 交 在 你 手 里 ; 耶 和 华 诚 实 的 神 啊 , 你 救 赎 了 我 。

我 恨 恶 那 信 奉 虚 无 之 神 的 人 ; 我 却 倚 靠 耶 和 华 。

我 要 为 你 的 慈 爱 高 兴 欢 喜 ; 因 为 你 见 过 我 的 困 苦 , 知 道 我 心 中 的 艰 难 。

你 未 曾 把 我 交 在 仇 敌 手 里 ; 你 使 我 的 脚 站 在 宽 阔 之 处 。

耶 和 华 啊 , 求 你 怜 恤 我 , 因 为 我 在 急 难 之 中 ; 我 的 眼 睛 因 忧 愁 而 乾 瘪 , 连 我 的 身 心 也 不 安 舒 。

10 我 的 生 命 为 愁 苦 所 消 耗 ; 我 的 年 岁 为 叹 息 所 旷 废 。 我 的 力 量 因 我 的 罪 孽 衰 败 ; 我 的 骨 头 也 枯 乾 。

11 我 因 一 切 敌 人 成 了 羞 辱 , 在 我 的 邻 舍 跟 前 更 甚 ; 那 认 识 我 的 都 惧 怕 我 , 在 外 头 看 见 我 的 都 躲 避 我 。

12 我 被 人 忘 记 , 如 同 死 人 , 无 人 记 念 ; 我 好 像 破 碎 的 器 皿 。

13 我 听 见 了 许 多 人 的 谗 谤 , 四 围 都 是 惊 吓 ; 他 们 一 同 商 议 攻 击 我 的 时 候 , 就 图 谋 要 害 我 的 性 命 。

14 耶 和 华 啊 , 我 仍 旧 倚 靠 你 ; 我 说 : 你 是 我 的 神 。

15 我 终 身 的 事 在 你 手 中 ; 求 你 救 我 脱 离 仇 敌 的 手 和 那 些 逼 迫 我 的 人 。

16 求 你 使 你 的 脸 光 照 仆 人 , 凭 你 的 慈 爱 拯 救 我 。

17 耶 和 华 啊 , 求 你 叫 我 不 致 羞 愧 , 因 为 我 曾 呼 吁 你 ; 求 你 使 恶 人 羞 愧 , 使 他 们 在 阴 间 缄 默 无 声 。

18 那 撒 谎 的 人 逞 骄 傲 轻 慢 , 出 狂 妄 的 话 攻 击 义 人 ; 愿 他 的 嘴 哑 而 无 言 。

19 敬 畏 你 、 投 靠 你 的 人 , 你 为 他 们 所 积 存 的 , 在 世 人 面 前 所 施 行 的 恩 惠 是 何 等 大 呢 !

20 你 必 把 他 们 藏 在 你 面 前 的 隐 密 处 , 免 得 遇 见 人 的 计 谋 ; 你 必 暗 暗 地 保 守 他 们 在 亭 子 里 , 免 受 口 舌 的 争 闹 。

21 耶 和 华 是 应 当 称 颂 的 , 因 为 他 在 坚 固 城 里 向 我 施 展 奇 妙 的 慈 爱 。

22 至 於 我 , 我 曾 急 促 地 说 : 我 从 你 眼 前 被 隔 绝 。 然 而 , 我 呼 求 你 的 时 候 , 你 仍 听 我 恳 求 的 声 音 。

23 耶 和 华 的 圣 民 哪 , 你 们 都 要 爱 他 ! 耶 和 华 保 护 诚 实 人 , 足 足 报 应 行 事 骄 傲 的 人 。

24 凡 仰 望 耶 和 华 的 人 , 你 们 都 要 壮 胆 , 坚 固 你 们 的 心 !

Japanese Living Bible

詩篇 31

1主よ。あなただけが頼りです。
どうか敵の横暴から私を守ってください。
いつも正しいことをなさる神よ、
どうか助け出してください。
私が泣き叫ぶとき、すぐに答えてください。
祈りをささやくとき、耳を傾けてください。
大きな岩となって、私を敵から守ってください。
あなたこそ私の岩、私のとりでです。
どうかこの窮地から救い出して、
あなたの御名を広く知れ渡らせてください。
敵がしかけた罠から、抜け出させてください。
あなただけが、そうする力をお持ちなのです。
5-6 私はたましいを御手にゆだねます。
ああ、約束を守られる神、主よ。
私を助け出してくださったあなただけを礼拝します。
神はどれほど、偽りの神である偶像を拝む者どもを
おきらいになることでしょう。
あなたの恵み深さを知って、私の顔は喜びに輝きます。
あなたは私の苦悩を知り、
たましいの苦しみを察してくださいました。
私を敵の手に渡さず、
見通しのきく有利な場所へと移してくださいました。

9-10 ああ主よ、
苦しみもだえるこの身をあわれんでください。
泣き疲れて、目も真っ赤です。
嘆き疲れた体は、悲しみのためにやつれ果てています。
私の歳月は縮まり、力尽きてしまいました。
罪のために、体も弱り果て、
嘆きと恥とでうずくまっています。
11 敵だけでなく、
隣人や友人からも悪しざまにののしられます。
彼らは私に会うのもいやだと言わんばかりに、
すれ違いざま、あきらかに顔をそむけます。
12 私はまるで死人のように、壊れたつぼのように、
忘れられています。
13 絶え間なく、
私についてのうそのうわさや中傷が耳に入り、
どちらを向いても、恐怖ばかりです。
敵は私のいのちをつけねらっているのです。
14-15 しかし主よ。
私はあなたに信頼し、こう申し上げました。
「あなただけが私の神です。
私の時はあなたの手の中にあります。
情け容赦なく追い立てる者の手からお助けください。
16 恵みの光で、もう一度このしもべを照らしてください。
限りなく恵み深いお方よ、どうかお救いください。
17 主よ、助けを叫び求める私を放りっぱなしにして、
恥をかかせないでください。
悪者どもこそ、頼みとするものに裏切られて、
恥をかくようにしてください。
その口を封じ、墓に葬ってください。
18 そのとき、正しい者を非難する、
横柄きわまりない者どものくちびるは、
何も言わなくなるのです。」

19 あなたの助けを信じて公言する者を、
あなたはなんと大きな恵みで
包んでくださることでしょう。
信頼と敬愛を失わない者のために、
あなたはすばらしい祝福をたくわえておられます。
20 愛する者たちをあなたの隠れ家にかくまい、
悪だくみをする者の手から守ってください。
21 ああ、恵み深い主よ。
あなたは変わらない愛を示して、
堅固なとりでの壁のように守ってくださいました。
22 私は「主に見捨てられた」と口走りました。
しかしそれは早合点でした。
確かにあなたは、
私の願いを聞き入れてくださったのですから。
23 主の民よ、こぞって主を愛しなさい。
主は忠誠を尽くす人を守り、
ご自身を退ける者には
厳しい罰をお下しになるからです。
24 さあ、元気を出しなさい。
もし、主に信頼しているなら、
雄々しく立ち上がりなさい。