詩 篇 137 CUVS - 詩篇 137 JLB

Chinese Union Version (Simplified)

詩 篇 137

1我 们 曾 在 巴 比 伦 的 河 边 坐 下 , 一 追 想 锡 安 就 哭 了 。

我 们 把 琴 挂 在 那 里 的 柳 树 上 ;

因 为 在 那 里 , 掳 掠 我 们 的 要 我 们 唱 歌 , 抢 夺 我 们 的 要 我 们 作 乐 , 说 : 给 我 们 唱 一 首 锡 安 歌 罢 !

我 们 怎 能 在 外 邦 唱 耶 和 华 的 歌 呢 ?

耶 路 撒 冷 啊 , 我 若 忘 记 你 , 情 愿 我 的 右 手 忘 记 技 巧 !

我 若 不 记 念 你 , 若 不 看 耶 路 撒 冷 过 於 我 所 最 喜 乐 的 , 情 愿 我 的 舌 头 贴 於 上 膛 !

耶 路 撒 冷 遭 难 的 日 子 , 以 东 人 说 : 拆 毁 ! 拆 毁 ! 直 拆 到 根 基 ! 耶 和 华 啊 , 求 你 记 念 这 仇 !

将 要 被 灭 的 巴 比 伦 城 啊 ( 城 : 原 文 是 女 子 ) , 报 复 你 像 你 待 我 们 的 , 那 人 便 为 有 福 !

拿 你 的 婴 孩 摔 在 磐 石 上 的 , 那 人 便 为 有 福 !

Japanese Living Bible

詩篇 137

1バビロンの川のほとりに座り、
私たちはエルサレムのことを思って泣きました。
手にしていた竪琴も、柳の枝にかけてしまいました。
3-4 それなのに、冷酷な征服者たちは、
余興にシオンの歌を歌えと言うのです。
歌う気になどなれません。
5-6 ああエルサレムよ。
もし私がおまえを忘れるようなことがあれば、
私の右手が琴の弾き方を忘れるように。
私がおまえへの愛を失うようなことがあれば、
もう二度と歌えなくなるように。

主よ、バビロン軍によるエルサレム陥落の日の、
エドム人たちの仕打ちを忘れないでください。
彼らは「エルサレムを破壊してしまえ」
と叫んだのです。
どう猛な野獣バビロンよ。おまえは滅ぼされる。
おまえを滅ぼす人に、祝福があるように。
おまえは私たちを滅ぼしたからだ。
おまえの赤ん坊を、岩に投げつける人に、
祝福があるように。