Chinese Union Version (Simplified)

耶 利 米 書 8

1耶 和 华 说 : 到 那 时 , 人 必 将 犹 大 王 的 骸 骨 和 他 首 领 的 骸 骨 、 祭 司 的 骸 骨 、 先 知 的 骸 骨 , 并 耶 路 撒 冷 居 民 的 骸 骨 , 都 从 坟 墓 中 取 出 来 ,

抛 散 在 日 头 、 月 亮 , 和 天 上 众 星 之 下 , 就 是 他 们 从 前 所 喜 爱 、 所 事 奉 、 所 随 从 、 所 求 问 、 所 敬 拜 的 。 这 些 骸 骨 不 再 收 殓 , 不 再 葬 埋 , 必 在 地 面 上 成 为 粪 土 ;

并 且 这 恶 族 所 剩 下 的 民 在 我 所 赶 他 们 到 的 各 处 , 宁 可 拣 死 不 拣 生 。 这 是 万 军 之 耶 和 华 说 的 。

你 要 对 他 们 说 , 耶 和 华 如 此 说 : 人 跌 倒 , 不 再 起 来 麽 ? 人 转 去 , 不 再 转 来 麽 ?

这 耶 路 撒 冷 的 民 , 为 何 恒 久 背 道 呢 ? 他 们 守 定 诡 诈 , 不 肯 回 头 。

我 留 心 听 , 听 见 他 们 说 不 正 直 的 话 。 无 人 悔 改 恶 行 , 说 : 我 做 的 是 甚 麽 呢 ? 他 们 各 人 转 奔 己 路 , 如 马 直 闯 战 场 。

空 中 的 鹳 鸟 知 道 来 去 的 定 期 ; 斑 鸠 燕 子 与 白 鹤 也 守 候 当 来 的 时 令 ; 我 的 百 姓 却 不 知 道 耶 和 华 的 法 则 。

你 们 怎 麽 说 : 我 们 有 智 慧 , 耶 和 华 的 律 法 在 我 们 这 里 ? 看 哪 , 文 士 的 假 笔 舞 弄 虚 假 。

智 慧 人 惭 愧 , 惊 惶 , 被 擒 拿 ; 他 们 弃 掉 耶 和 华 的 话 , 心 里 还 有 甚 麽 智 慧 呢 ?

10 所 以 我 必 将 他 们 的 妻 子 给 别 人 , 将 他 们 的 田 地 给 别 人 为 业 ; 因 为 他 们 从 最 小 的 到 至 大 的 都 一 味 地 贪 婪 , 从 先 知 到 祭 司 都 行 事 虚 谎 。

11 他 们 轻 轻 忽 忽 地 医 治 我 百 姓 的 损 伤 , 说 : 平 安 了 ! 平 安 了 ! 其 实 没 有 平 安 。

12 他 们 行 可 憎 的 事 知 道 惭 愧 麽 ? 不 然 , 他 们 毫 不 惭 愧 , 也 不 知 羞 耻 。 因 此 他 们 必 在 仆 倒 的 人 中 仆 倒 ; 我 向 他 们 讨 罪 的 时 候 , 他 们 必 致 跌 倒 。 这 是 耶 和 华 说 的 。

13 耶 和 华 说 : 我 必 使 他 们 全 然 灭 绝 ; 葡 萄 树 上 必 没 有 葡 萄 , 无 花 果 树 上 必 没 有 果 子 , 叶 子 也 必 枯 乾 。 我 所 赐 给 他 们 的 , 必 离 开 他 们 过 去 。

14 我 们 为 何 静 坐 不 动 呢 ? 我 们 当 聚 集 , 进 入 坚 固 城 , 在 那 里 静 默 不 言 ; 因 为 耶 和 华 ─ 我 们 的 神 使 我 们 静 默 不 言 , 又 将 苦 胆 水 给 我 们 喝 , 都 因 我 们 得 罪 了 耶 和 华 。

15 我 们 指 望 平 安 , 却 得 不 着 好 处 ; 指 望 痊 愈 的 时 候 , 不 料 , 受 了 惊 惶 。

16 听 见 从 但 那 里 敌 人 的 马 喷 鼻 气 , 他 的 壮 马 发 嘶 声 , 全 地 就 都 震 动 ; 因 为 他 们 来 吞 灭 这 地 和 其 上 所 有 的 , 吞 灭 这 城 与 其 中 的 居 民 。

17 看 哪 , 我 必 使 毒 蛇 到 你 们 中 间 , 是 不 服 法 术 的 , 必 咬 你 们 。 这 是 耶 和 华 说 的 。

18 我 有 忧 愁 , 愿 能 自 慰 ; 我 心 在 我 里 面 发 昏 。

19 听 啊 , 是 我 百 姓 的 哀 声 从 极 远 之 地 而 来 , 说 : 耶 和 华 不 在 锡 安 麽 ? 锡 安 的 王 不 在 其 中 麽 ? 耶 和 华 说 : 他 们 为 甚 麽 以 雕 刻 的 偶 像 和 外 邦 虚 无 的 神 惹 我 发 怒 呢 ?

20 麦 秋 已 过 , 夏 令 已 完 , 我 们 还 未 得 救 !

21 先 知 说 : 因 我 百 姓 的 损 伤 , 我 也 受 了 损 伤 。 我 哀 痛 , 惊 惶 将 我 抓 住 。

22 在 基 列 岂 没 有 乳 香 呢 ? 在 那 着 岂 没 有 医 生 呢 ? 我 百 姓 为 何 不 得 痊 愈 呢 ?

Священное Писание (Восточный перевод), версия для Таджикистана

Иер 8

1В то время, – возвещает Вечный, – кости царей и правителей Иудеи, кости священнослужителей, пророков и жителей Иерусалима будут выброшены из могил. Их раскидают под солнцем, луной и звёздами, которые они любили, которым служили и следовали, которые вопрошали и которым поклонялись. Их не соберут и не захоронят; они будут, как отбросы, валяться на земле. Куда бы Я ни изгнал всех уцелевших из этого злого народа, они смерть предпочтут жизни, – возвещает Вечный, Повелитель Сил.

Грех и наказание

– Скажи им: Так говорит Вечный:

«Разве те, кто упал, не пытаются встать?
    Разве те, кто сбился с пути, не возвращаются?
Почему же этот народ отвернулся от Меня?
    Почему же Иерусалим всегда отворачивается от Меня?
Они крепко держатся за ложь
    и отказываются вернуться.
Я внимал и слушал,
    но они не говорят правды.
Никто не кается в беззаконии,
    говоря: “Что я сделал?”
Каждый держится своего пути,
    точно конь, мчащийся на битву.
Даже аист в небе
    знает свои сроки,
и горлица, и ласточка, и журавль
    знают время перелёта.
Но Мой народ не знает
    Закона Вечного.
Как вы можете говорить: “Мы мудры,
    и Закон Вечного у нас”,
когда на самом деле в ложь превращает его
    лживое перо писарей?
Опозорятся мудрецы,
    ужаснутся и запутаются в силках.
Если они отвергли слово Вечного,
    то в чём же их мудрость?

10 За это Я отдам их жён другим
    и их поля – новым владельцам.
Все они, от малого до великого,
    жаждут наживы;
от пророка и до священнослужителя –
    все поступают лживо.
11 Лечат серьёзную рану Моего народа так,
    как будто это простая царапина.
“Мир, мир”, – говорят,
    а мира нет.
12 Не стыдно ли им за их мерзости?
    Нет, им ни капли не стыдно,
    и они не краснеют.
За это падут они среди павших,
    будут повержены, когда Я накажу их, –
        говорит Вечный. –

13 Я уничтожу их урожай, –
    возвещает Вечный. –
Ни гроздьев не останется на лозе,
    ни плодов – на инжире,
    и увянут их листья.
То, что Я дал им,
    будет у них отобрано».

14 Что же мы сидим?
    Собирайтесь!
Побежим в укреплённые города;
    там и погибнем!
Вечный, наш Бог, обрёк нас на погибель
    и поит нас водой отравленной,
    потому что мы согрешили против Него.
15 Ждём мы мира,
    а ничего доброго нет;
ждём времени исцеления,
    а вместо этого – ужасы.
16 Уже в Доне слышен
    храп вражьих коней;
от ржания их жеребцов
    содрогается земля.
Враг пришёл разрушить
    страну и всё, что в ней есть,
    город и всех, кто живёт в нём.

17 – Вот, Я насылаю на вас гадюк,
    ядовитых змей, против которых нет заклинаний,
    и они будут вас жалить, –
        возвещает Вечный.

18 Нет мне утешения в скорби,
    изнемогает сердце моё.
19 Слышен вопль моего народа
    из далёкой страны:
«Неужели Вечный не на Сионе?
    Неужели там больше нет Царя?»

– Зачем они досаждали Мне своими идолами,
    ничтожными, чужеземными? – говорит Вечный

20 – Жатва прошла,
    кончилось лето,
    а мы всё не спасены.

21 Из-за страданий моего народа я страдаю;
    я скорблю, и объял меня ужас.
22 Неужели нет бальзама в Галааде[a]?
    Неужели там нет врача?
Так почему же не исцеляются
    раны моего народа?

Notas al pie

  1. Иер 8:22 Галаад славился своим целебным бальзамом из смолы мастикового дерева.