Chinese Union Version (Simplified)

羅 馬 書 1

1耶 稣 基 督 的 仆 人 保 罗 , 奉 召 为 使 徒 , 特 派 传 神 的 福 音 。

这 福 音 是 神 从 前 藉 众 先 知 在 圣 经 上 所 应 许 的 ,

论 到 他 儿 子 ─ 我 主 耶 稣 基 督 。 按 肉 体 说 , 是 从 大 卫 後 裔 生 的 ;

按 圣 善 的 灵 说 , 因 从 死 里 复 活 , 以 大 能 显 明 是 神 的 儿 子 。

我 们 从 他 受 了 恩 惠 并 使 徒 的 职 分 , 在 万 国 之 中 叫 人 为 他 的 名 信 服 真 道 ;

其 中 也 有 你 们 这 蒙 召 属 耶 稣 基 督 的 人 。

我 写 信 给 你 们 在 罗 马 、 为 神 所 爱 、 奉 召 作 圣 徒 的 众 人 。 愿 恩 惠 、 平 安 从 我 们 的 父 神 并 主 耶 稣 基 督 归 与 你 们 !

第 一 , 我 靠 着 耶 稣 基 督 , 为 你 们 众 人 感 谢 我 的 神 , 因 你 们 的 信 德 传 遍 了 天 下 。

我 在 他 儿 子 福 音 上 , 用 心 灵 所 事 奉 的 神 , 可 以 见 证 我 怎 样 不 住 的 提 到 你 们 ;

10 在 祷 告 之 间 常 常 恳 求 , 或 者 照 神 的 旨 意 , 终 能 得 平 坦 的 道 路 往 你 们 那 里 去 。

11 因 为 我 切 切 的 想 见 你 们 , 要 把 些 属 灵 的 恩 赐 分 给 你 们 , 使 你 们 可 以 坚 固 。

12 这 样 , 我 在 你 们 中 间 , 因 你 与 我 彼 此 的 信 心 , 就 可 以 同 得 安 慰 。

13 弟 兄 们 , 我 不 愿 意 你 们 不 知 道 , 我 屡 次 定 意 往 你 们 那 里 去 , 要 在 你 们 中 间 得 些 果 子 , 如 同 在 其 馀 的 外 邦 人 中 一 样 ; 只 是 到 如 今 仍 有 阻 隔 。

14 无 论 是 希 利 尼 人 、 化 外 人 、 聪 明 人 、 愚 拙 人 , 我 都 欠 他 们 的 债 ,

15 所 以 情 愿 尽 我 的 力 量 , 将 福 音 也 传 给 你 们 在 罗 马 的 人 。

16 我 不 以 福 音 为 耻 ; 这 福 音 本 是 神 的 大 能 , 要 救 一 切 相 信 的 , 先 是 犹 太 人 , 後 是 希 利 尼 人 。

17 因 为 神 的 义 正 在 这 福 音 上 显 明 出 来 ; 这 义 是 本 於 信 , 以 致 於 信 。 如 经 上 所 记 : 义 人 必 因 信 得 生 。

18 原 来 , 神 的 忿 怒 从 天 上 显 明 在 一 切 不 虔 不 义 的 人 身 上 , 就 是 那 些 行 不 义 阻 挡 真 理 的 人 。

19 神 的 事 情 , 人 所 能 知 道 的 , 原 显 明 在 人 心 里 , 因 为 神 已 经 给 他 们 显 明 。

20 自 从 造 天 地 以 来 , 神 的 永 能 和 神 性 是 明 明 可 知 的 , 虽 是 眼 不 能 见 , 但 藉 着 所 造 之 物 就 可 以 晓 得 , 叫 人 无 可 推 诿 。

21 因 为 , 他 们 虽 然 知 道 神 , 却 不 当 作 神 荣 耀 他 , 也 不 感 谢 他 。 他 们 的 思 念 变 为 虚 妄 , 无 知 的 心 就 昏 暗 了 。

22 自 称 为 聪 明 , 反 成 了 愚 拙 ,

23 将 不 能 朽 坏 之 神 的 荣 耀 变 为 偶 像 , 彷 佛 必 朽 坏 的 人 和 飞 禽 、 走 兽 、 昆 虫 的 样 式 。

24 所 以 , 神 任 凭 他 们 逞 着 心 里 的 情 欲 行 污 秽 的 事 , 以 致 彼 此 玷 辱 自 己 的 身 体 。

25 他 们 将 神 的 真 实 变 为 虚 谎 , 去 敬 拜 事 奉 受 造 之 物 , 不 敬 奉 那 造 物 的 主 ; 主 乃 是 可 称 颂 的 , 直 到 永 远 。 阿 们 !

26 因 此 , 神 任 凭 他 们 放 纵 可 羞 耻 的 情 欲 。 他 们 的 女 人 把 顺 性 的 用 处 变 为 逆 性 的 用 处 ;

27 男 人 也 是 如 此 , 弃 了 女 人 顺 性 的 用 处 , 欲 火 攻 心 , 彼 此 贪 恋 , 男 和 男 行 可 羞 耻 的 事 , 就 在 自 己 身 上 受 这 妄 为 当 得 的 报 应 。

28 他 们 既 然 故 意 不 认 识 神 , 神 就 任 凭 他 们 存 邪 僻 的 心 , 行 那 些 不 合 理 的 事 ;

29 装 满 了 各 样 不 义 、 邪 恶 、 贪 婪 、 恶 毒 ( 或 作 : 阴 毒 ) , 满 心 是 嫉 妒 、 凶 杀 、 争 竞 、 诡 诈 、 毒 恨 ;

30 又 是 谗 毁 的 、 背 後 说 人 的 、 怨 恨 神 的 ( 或 作 : 被 神 所 憎 恶 的 ) 、 侮 慢 人 的 、 狂 傲 的 、 自 夸 的 、 捏 造 恶 事 的 、 违 背 父 母 的 。

31 无 知 的 , 背 约 的 , 无 亲 情 的 , 不 怜 悯 人 的 。

32 他 们 虽 知 道 神 判 定 行 这 样 事 的 人 是 当 死 的 , 然 而 他 们 不 但 自 己 去 行 , 还 喜 欢 别 人 去 行 。

New Russian Translation

Romans 1

Приветствие

1От Павла, слуги Иисуса Христа, призванного быть Его апостолом и избранного для возвещения Божьей Радостной Вести, 2которая была заранее обещана через Его пророков в святых Писаниях. 3Эта весть о Его Сыне, Который по Своему человеческому происхождению[a] был потомком[b] Давида, 4а через воскресение из мертвых, по Духу святости, был объявлен полноправным Сыном Божьим во всем Его могуществе. 5Через Него мы получили благодать и апостольство, чтобы ради Его имени покорить вере людей из всех народов, 6в том числе и вас, призванных Иисусом Христом.

7Я обращаюсь ко всем тем римлянам, которых Бог полюбил и призвал быть Его святыми.

Благодать и мир вам от Бога, нашего Отца, и от Господа Иисуса Христа!

Желание Павла посетить Рим

8Прежде всего я, через Иисуса Христа, благодарю моего Бога за всех вас, потому что о вашей вере известно всему миру. 9Пусть Бог, Которому я от всего сердца[c] служу, возвещая Радостную Весть о Его Сыне, будет мне свидетелем в том, что я постоянно вспоминаю о вас 10и всегда прошу в своих молитвах, чтобы, если на то будет воля Божья, я смог бы, наконец, посетить вас. 11Я очень хочу увидеть вас и поделиться с вами духовным благословением, чтобы укрепить вас, 12то есть, чтобы мы могли взаимно ободрить друг друга своей верой, вашей и моей. 13Я хочу, чтобы вы знали, братья, что я уже много раз собирался прийти к вам, но до сих пор мне постоянно что-то препятствовало. Я хотел увидеть плод своего служения среди вас, как видел среди других народов. 14Я должник и перед греками и варварами, и перед образованными и невеждами. 15Поэтому я так жажду возвещать Радостную Весть и вам, живущим в Риме.

Радостная Весть о праведности от Бога

16Я не стыжусь Радостной Вести, ведь она сила Божья для спасения каждого, кто верит, – прежде всего иудея, а потом и язычника. 17В Радостной Вести открывается, что мы можем оправдаться перед Богом верой, и только верой, как и написано: «Праведный верой жив будет»[d].

Божий гнев

18С небес открывается гнев Божий на всякое нечестие и неправедность людей, которые истину попирают злом. 19Им известно то, что можно знать о Боге, потому что Бог явил им это. 20От создания мира невидимые свойства Бога – Его вечная сила и Божественной природа – вполне могут быть поняты через рассматривание того, что Он сотворил. И значит, людям нет извинения, 21потому что, хотя они и знали о Боге[e], тем не менее, они не прославили Его как Бога и не были благодарны Ему, но предались бесполезным размышлениям, и их неразумные сердца погрузились во мрак. 22Притязая на мудрость, они стали глупыми 23и заменили славу нетленного Бога на образы, похожие на тленных людей, птиц, четвероногих животных и пресмыкающихся.

24Поэтому Бог отдал их на произвол низменных желаний их сердец, и они сами оскверняли свои тела нечистотой. 25Эти люди заменили истину Божью на ложь и поклонялись и служили созданию, а не Создателю, Который достоин вечной славы, аминь.

26Итак, Бог оставил их на произвол их постыдных страстей, и в результате женщины заменили естественные сношения с мужчинами на противоестественные: друг с другом; 27так же и мужчины вместо естественных сношений с женщинами стали разжигаться страстью друг к другу; мужчины с мужчинами делают постыдные вещи и сами в себе получают заслуженное наказание за свое извращение.

28А поскольку они посчитали ненужным познавать Бога, то Бог оставил их на произвол их испорченных умов, допустив делать то, чего делать не должно. 29Они полны всякой неправедности, зла, жадности, порочности; полны зависти, убийства, раздоров, обмана, коварства, сплетен. 30Они клеветники, они ненавидят Бога, они наглы, надменны, хвастливы, изобретательны на зло, непокорны родителям; 31нет в них ни рассудка, ни веры, ни любви, ни милости. 32Отношение Божье им известно – все, кто живет такой жизнью, достойны смерти, но они не только сами продолжают грешить, но и одобряют других, поступающих так же.

Notas al pie

  1. 1:3 По Своему человеческому происхождению – букв.: «по плоти».
  2. 1:3 Букв.: «семенем».
  3. 1:9 От всего сердца – букв.: «духом моим».
  4. 1:17 Авв. 2:4.
  5. 1:21 Букв.: «знали Бога».