Chinese Union Version (Simplified)

彼 得 後 書 1

1作 耶 稣 基 督 仆 人 和 使 徒 的 西 门 。 彼 得 写 信 给 那 因 我 们 的 神 和 ( 有 古 卷 没 有 和 字 ) 救 主 耶 稣 基 督 之 义 , 与 我 们 同 得 一 样 宝 贵 信 心 的 人 。

愿 恩 惠 、 平 安 , 因 你 们 认 识 神 和 我 们 主 耶 稣 , 多 多 的 加 给 你 们 。

神 的 神 能 已 将 一 切 关 乎 生 命 和 虔 敬 的 事 赐 给 我 们 , 皆 因 我 们 认 识 那 用 自 己 荣 耀 和 美 德 召 我 们 的 主 。

因 此 , 他 已 将 又 宝 贵 又 极 大 的 应 许 赐 给 我 们 , 叫 我 们 既 脱 离 世 上 从 情 欲 来 的 败 坏 , 就 得 与 神 的 性 情 有 分 。

正 因 这 缘 故 , 你 们 要 分 外 地 殷 勤 ; 有 了 信 心 , 又 要 加 上 德 行 ; 有 了 德 行 , 又 要 加 上 知 识 ;

有 了 知 识 , 又 要 加 上 节 制 ; 有 了 节 制 , 又 要 加 上 忍 耐 ; 有 了 忍 耐 , 又 要 加 上 虔 敬 ;

有 了 虔 敬 , 又 要 加 上 爱 弟 兄 的 心 ; 有 了 爱 弟 兄 的 心 , 又 要 加 上 爱 众 人 的 心 ;

你 们 若 充 充 足 足 的 有 这 几 样 , 就 必 使 你 们 在 认 识 我 们 的 主 耶 稣 基 督 上 不 至 於 ? 懒 不 结 果 子 了 。

人 若 没 有 这 几 样 , 就 是 眼 瞎 , 只 看 见 近 处 的 , 忘 了 他 旧 日 的 罪 已 经 得 了 洁 净 。

10 所 以 弟 兄 们 , 应 当 更 加 殷 勤 , 使 你 们 所 蒙 的 恩 召 和 拣 选 坚 定 不 移 。 你 们 若 行 这 几 样 , 就 永 不 失 脚 。

11 这 样 , 必 叫 你 们 丰 丰 富 富 的 得 以 进 入 我 们 主 ─ 救 主 耶 稣 基 督 永 远 的 国 。

12 你 们 虽 然 晓 得 这 些 事 , 并 且 在 你 们 已 有 的 真 道 上 坚 固 , 我 却 要 将 这 些 事 常 常 提 醒 你 们 。

13 我 以 为 应 当 趁 我 还 在 这 帐 棚 的 时 候 提 醒 你 们 , 激 发 你 们 。

14 因 为 知 道 我 脱 离 这 帐 棚 的 时 候 快 到 了 , 正 如 我 们 主 耶 稣 基 督 所 指 示 我 的 。

15 并 且 , 我 要 尽 心 竭 力 , 使 你 们 在 我 去 世 以 後 时 常 记 念 这 些 事 。

16 我 们 从 前 将 我 们 主 耶 稣 基 督 的 大 能 和 他 降 临 的 事 告 诉 你 们 , 并 不 是 随 从 乖 巧 捏 造 的 虚 言 , 乃 是 亲 眼 见 过 他 的 威 荣 。

17 他 从 父 神 得 尊 贵 荣 耀 的 时 候 , 从 极 大 荣 光 之 中 有 声 音 出 来 , 向 他 说 : 「 这 是 我 的 爱 子 , 我 所 喜 悦 的 。 」

18 我 们 同 他 在 圣 山 的 时 候 , 亲 自 听 见 这 声 音 从 天 上 出 来 。

19 我 们 并 有 先 知 更 确 的 预 言 , 如 同 灯 照 在 暗 处 。 你 们 在 这 预 言 上 留 意 , 直 等 到 天 发 亮 , 晨 星 在 你 们 心 里 出 现 的 时 候 , 才 是 好 的 。

20 第 一 要 紧 的 , 该 知 道 经 上 所 有 的 预 言 没 有 可 随 私 意 解 说 的 ;

21 因 为 预 言 从 来 没 有 出 於 人 意 的 , 乃 是 人 被 圣 灵 感 动 , 说 出 神 的 话 来 。

Japanese Living Bible

ペテロの手紙Ⅱ 1

1イエス・キリストのしもべであり、使徒であるシモン・ペテロから、神であり救い主であるイエス・キリストから与えられた、同じ信仰を持つ皆さんへ。

もっと深くキリストを知る

あなたがたは、神の恵みと平安をもっと多くいただきたいと願っているでしょう。それなら、イエス・キリストについてもっと深く学んでください。 キリストを知れば知るほど、その偉大な力を通して、私たちが神に従う正しい生活を送るために必要なすべてのものをいただくことができるのです。そればかりかキリストは、ご自分の栄光と共に敬虔や品性をも、私たちに与えてくださるのです。 さらに神は、それによって、すばらしい約束を与えてくださいます。この約束のゆえに、私たちは欲望のもたらす滅びから守られ、キリストのご性質を備えた者となれるのです。

これらの贈り物をいただくために、あなたがたはあらゆる努力をして神を理解し、神が何を望んでおられるかを知らなければなりません。 また、自制心を持ち、忍耐と敬虔を身につけなさい。 さらに、兄弟愛を持って互いに愛し合い、神の愛に生きなさい。

これらが備われば、あなたがたはますます強められ、主イエス・キリストのために多くの有益な働きができるのです。 しかし、これらのものを追い求めない人は、実を結ばない人です。そういう人は、神が正しい生活を送るようにと、過去の罪から救ってくださったことをすっかり忘れているのでしょうか。 10 ですから、愛する皆さん。ますます熱心に、自分がほんとうに神に招かれ、選ばれた者であることを確かなものとしてください。そうすれば、決してつまずくことなどありません。 11 そして神はあなたがたを、主であり救い主であるイエス・キリストの永遠の国に迎え入れるために、門を広く開けてくださいます。

12 もちろん、こんなことは、すでによくわかっていることでしょうが、それでもなお、私はあなたがたに、いつもこれらのことを思い起こしてもらいたいのです。 13-14 私の生涯も残り少なくなったことを、主イエス・キリストから示されています。それで、この世にいる間に、これらの注意書きを送ろうと決心したのです。 15 私が死んだあとにも、これらのことを忘れないように、あなたがたの心にはっきりと刻んでおきたいのです。

16 主イエス・キリストの力と再臨(キリストが再び地上に来られること)について話してきましたが、それは、私たちがうまく考え出した作り話ではありません。私はこの目で、キリストの輝きと栄光をはっきり見たのです。 17-18 キリストが聖なる山の上で、父なる神から誉れと栄光とを受けて輝かれた時、私はその場に居合わせました。その時、「これこそわたしの愛する子、わたしの大いなる喜び」と、栄光にあふれる厳かな声が天から響くのを、私ははっきり聞いたのです。

19 こうして私は、預言のことばが現実となるのを目のあたりにしました。そのことばは、暗い部屋をすみずみまで照らし出す明かりのようで、難解なまま、暗闇の中に置かれている多くのことがらに光をあて、理解させてくれるものです。そして、あなたがたのたましいに夜明けの光が差し込み、明けの明星であるキリストが心を照らしてくださるのです。 20-21 なぜなら、聖書にある預言のことばは、預言者がかってに考え出したものではないからです。それは、これら神を敬う人の心に住まれる聖霊がお授けになった、混じりけのない神からのことばなのです。