Chinese Union Version (Simplified)

列 王 紀 上 1

1大 卫 王 年 纪 老 迈 , 虽 用 被 遮 盖 , 仍 不 觉 暖 。

所 以 臣 仆 对 他 说 : 不 如 为 我 主 我 王 寻 找 一 个 处 女 , 使 他 伺 候 王 , 奉 养 王 , 睡 在 王 的 怀 中 , 好 叫 我 主 我 王 得 暖 。

於 是 在 以 色 列 全 境 寻 找 美 貌 的 童 女 , 寻 得 书 念 的 一 个 童 女 亚 比 煞 , 就 带 到 王 那 里 。

这 童 女 极 其 美 貌 , 他 奉 养 王 , 伺 候 王 , 王 却 没 有 与 他 亲 近 。

那 时 , 哈 及 的 儿 子 亚 多 尼 雅 自 尊 , 说 : 我 必 作 王 , 就 为 自 己 预 备 车 辆 、 马 兵 , 又 派 五 十 人 在 他 前 头 奔 走 。

他 父 亲 素 来 没 有 使 他 忧 闷 , 说 : 你 是 做 甚 麽 呢 ? 他 甚 俊 美 , 生 在 押 沙 龙 之 後 。

亚 多 尼 雅 与 洗 鲁 雅 的 儿 子 约 押 , 和 祭 司 亚 比 亚 他 商 议 ; 二 人 就 顺 从 他 , 帮 助 他 。

但 祭 司 撒 督 、 耶 何 耶 大 的 儿 子 比 拿 雅 、 先 知 拿 单 、 示 每 、 利 以 , 并 大 卫 的 勇 士 都 不 顺 从 亚 多 尼 雅 。

一 日 , 亚 多 尼 雅 在 隐 罗 结 旁 、 琐 希 列 磐 石 那 里 宰 了 牛 羊 、 肥 犊 , 请 他 的 诸 弟 兄 , 就 是 王 的 众 子 , 并 所 有 作 王 臣 仆 的 犹 大 人 ;

10 惟 独 先 知 拿 单 和 比 拿 雅 并 勇 士 , 与 他 的 兄 弟 所 罗 门 , 他 都 没 有 请 。

11 拿 单 对 所 罗 门 的 母 亲 拔 示 巴 说 : 哈 及 的 儿 子 亚 多 尼 雅 作 王 了 , 你 没 有 听 见 麽 ? 我 们 的 主 大 卫 却 不 知 道 。

12 现 在 我 可 以 给 你 出 个 主 意 , 好 保 全 你 和 你 儿 子 所 罗 门 的 性 命 。

13 你 进 去 见 大 卫 王 , 对 他 说 : 我 主 我 王 啊 , 你 不 曾 向 婢 女 起 誓 说 : 你 儿 子 所 罗 门 必 接 续 我 作 王 , 坐 在 我 的 位 上 麽 ? 现 在 亚 多 尼 雅 怎 麽 作 了 王 呢 ?

14 你 还 与 王 说 话 的 时 候 , 我 也 随 後 进 去 , 证 实 你 的 话 。

15 拔 示 巴 进 入 内 室 见 王 , 王 甚 老 迈 , 书 念 的 童 女 亚 比 煞 正 伺 候 王 。

16 拔 示 巴 向 王 屈 身 下 拜 ; 王 说 : 你 要 甚 麽 ?

17 他 说 : 我 主 啊 , 你 曾 向 婢 女 指 着 耶 和 华 ─ 你 的 神 起 誓 说 : 你 儿 子 所 罗 门 必 接 续 我 作 王 , 坐 在 我 的 位 上 。

18 现 在 亚 多 尼 雅 作 王 了 , 我 主 我 王 却 不 知 道 。

19 他 宰 了 许 多 牛 羊 、 肥 犊 , 请 了 王 的 众 子 和 祭 司 亚 比 亚 他 , 并 元 帅 约 押 ; 惟 独 王 的 仆 人 所 罗 门 , 他 没 有 请 。

20 我 主 我 王 啊 , 以 色 列 众 人 的 眼 目 都 仰 望 你 , 等 你 晓 谕 他 们 , 在 我 主 我 王 之 後 谁 坐 你 的 位 。

21 若 不 然 , 到 我 主 我 王 与 列 祖 同 睡 以 後 , 我 和 我 儿 子 所 罗 门 必 算 为 罪 人 了 。

22 拔 示 巴 还 与 王 说 话 的 时 候 , 先 知 拿 单 也 进 来 了 。

23 有 人 奏 告 王 说 : 先 知 拿 单 来 了 。 拿 单 进 到 王 前 , 脸 伏 於 地 。

24 拿 单 说 : 我 主 我 王 果 然 应 许 亚 多 尼 雅 说 你 必 接 续 我 作 王 , 坐 在 我 的 位 上 麽 ?

25 他 今 日 下 去 , 宰 了 许 多 牛 羊 、 肥 犊 , 请 了 王 的 众 子 和 军 长 , 并 祭 司 亚 比 亚 他 ; 他 们 正 在 亚 多 尼 雅 面 前 吃 喝 , 说 : 愿 亚 多 尼 雅 王 万 岁 !

26 惟 独 我 , 就 是 你 的 仆 人 和 祭 司 撒 督 , 耶 何 耶 大 的 儿 子 比 拿 雅 , 并 王 的 仆 人 所 罗 门 , 他 都 没 有 请 。

27 这 事 果 然 出 乎 我 主 我 王 麽 ? 王 却 没 有 告 诉 仆 人 们 , 在 我 主 我 王 之 後 谁 坐 你 的 位 。

28 大 卫 王 吩 咐 说 : 叫 拔 示 巴 来 。 拔 示 巴 就 进 来 , 站 在 王 面 前 。

29 王 起 誓 说 : 我 指 着 救 我 性 命 脱 离 一 切 苦 难 、 永 生 的 耶 和 华 起 誓 。

30 我 既 然 指 着 耶 和 华 ─ 以 色 列 的 神 向 你 起 誓 说 : 你 儿 子 所 罗 门 必 接 续 我 作 王 , 坐 在 我 的 位 上 。 我 今 日 就 必 照 这 话 而 行 。

31 於 是 , 拔 示 巴 脸 伏 於 地 , 向 王 下 拜 , 说 : 愿 我 主 大 卫 王 万 岁 !

32 大 卫 王 又 吩 咐 说 : 将 祭 司 撒 督 、 先 知 拿 单 、 耶 何 耶 大 的 儿 子 比 拿 雅 召 来 ! 他 们 就 都 来 到 王 面 前 。

33 王 对 他 们 说 : 要 带 领 你 们 主 的 仆 人 , 使 我 儿 子 所 罗 门 骑 我 的 骡 子 , 送 他 下 到 基 训 ;

34 在 那 里 , 祭 司 撒 督 和 先 知 拿 单 要 膏 他 作 以 色 列 的 王 ; 你 们 也 要 吹 角 , 说 : 愿 所 罗 门 王 万 岁 !

35 然 後 要 跟 随 他 上 来 , 使 他 坐 在 我 的 位 上 , 接 续 我 作 王 。 我 已 立 他 作 以 色 列 和 犹 大 的 君 。

36 耶 何 耶 大 的 儿 子 比 拿 雅 对 王 说 : 阿 们 ! 愿 耶 和 华 ─ 我 主 我 王 的 神 也 这 样 命 定 。

37 耶 和 华 怎 样 与 我 主 我 王 同 在 , 愿 他 照 样 与 所 罗 门 同 在 , 使 他 的 国 位 比 我 主 大 卫 王 的 国 位 更 大 。

38 於 是 , 祭 司 撒 督 、 先 知 拿 单 、 耶 何 耶 大 的 儿 子 比 拿 雅 , 和 基 利 提 人 、 比 利 提 人 都 下 去 使 所 罗 门 骑 大 卫 王 的 骡 子 , 将 他 送 到 基 训 。

39 祭 司 撒 督 就 从 帐 幕 中 取 了 盛 膏 油 的 角 来 , 用 膏 膏 所 罗 门 。 人 就 吹 角 , 众 民 都 说 : 愿 所 罗 门 王 万 岁 !

40 众 民 跟 随 他 上 来 , 且 吹 笛 , 大 大 欢 呼 , 声 音 震 地 。

41 亚 多 尼 雅 和 所 请 的 众 客 筵 宴 方 毕 , 听 见 这 声 音 ; 约 押 听 见 角 声 就 说 : 城 中 为 何 有 这 响 呢 ?

42 他 正 说 话 的 时 候 , 祭 司 亚 比 亚 他 的 儿 子 约 拿 单 来 了 。 亚 多 尼 雅 对 他 说 : 进 来 罢 ! 你 是 个 忠 义 的 人 , 必 是 报 好 信 息 。

43 约 拿 单 对 亚 多 尼 雅 说 : 我 们 的 主 大 卫 王 诚 然 立 所 罗 门 为 王 了 。

44 王 差 遣 祭 司 撒 督 、 先 知 拿 单 、 耶 何 耶 大 的 儿 子 比 拿 雅 , 和 基 利 提 人 、 比 利 提 人 都 去 使 所 罗 门 骑 王 的 骡 子 。

45 祭 司 撒 督 和 先 知 拿 单 在 基 训 已 经 膏 他 作 王 。 众 人 都 从 那 里 欢 呼 着 上 来 , 声 音 使 城 震 动 , 这 就 是 你 们 所 听 见 的 声 音 ;

46 并 且 所 罗 门 登 了 国 位 。

47 王 的 臣 仆 也 来 为 我 们 的 主 大 卫 王 祝 福 , 说 : 愿 王 的 神 使 所 罗 门 的 名 比 王 的 名 更 尊 荣 ; 使 他 的 国 位 比 王 的 国 位 更 大 。 王 就 在 床 上 屈 身 下 拜 。

48 王 又 说 : 耶 和 华 ─ 以 色 列 的 神 是 应 当 称 颂 的 ; 因 他 赐 我 一 人 今 日 坐 在 我 的 位 上 , 我 也 亲 眼 看 见 了 。

49 亚 多 尼 雅 的 众 客 听 见 这 话 就 都 惊 惧 , 起 来 四 散 。

50 亚 多 尼 雅 惧 怕 所 罗 门 , 就 起 来 , 去 抓 住 祭 坛 的 角 。

51 有 人 告 诉 所 罗 门 说 : 亚 多 尼 雅 惧 怕 所 罗 门 王 , 现 在 抓 住 祭 坛 的 角 , 说 : 愿 所 罗 门 王 今 日 向 我 起 誓 , 必 不 用 刀 杀 仆 人 。

52 所 罗 门 说 : 他 若 作 忠 义 的 人 , 连 一 根 头 发 也 不 致 落 在 地 上 ; 他 若 行 恶 , 必 要 死 亡 。

53 於 是 所 罗 门 王 差 遣 人 , 使 亚 多 尼 雅 从 坛 上 下 来 , 他 就 来 , 向 所 罗 门 王 下 拜 ; 所 罗 门 对 他 说 : 你 回 家 去 罢 !

New Russian Translation

1 Kings 1

Давид в старости

1Царь Давид состарился и достиг преклонных лет. Его укутывали одеждами, но он все равно не мог согреться. 2Тогда слуги сказали ему:

– Пусть господину нашему царю подыщут молодую девушку, чтобы она прислуживала царю и заботилась о нем. Она будет ложиться рядом с ним, и господину нашему царю будет тепло.

3Они стали искать красивую девушку по всему Израилю, нашли шунамитянку Авишаг и привели ее к царю. 4Девушка была очень красива; она заботилась о царе и ухаживала за ним, но царь не имел с ней близости[a].

Адония претендует на престол

5Адония, матерью которого была Аггифа, кичливо говорил: «Я буду царем». Он завел у себя колесницы и коней[b], и пятьдесят слуг, которые бежали перед ним. 6(Его отец никогда не смущал его вопросом: «Почему ты так поступаешь?» Он родился после Авессалома и был очень красив.)

7Адония сговорился с Иоавом, сыном Саруи, и со священником Авиатаром, и они поддержали его. 8Но священник Цадок, Беная, сын Иодая, пророк Нафан, Шимей и Рей, и личная стража Давида не встали на сторону Адонии.

9Адония принес в жертву овец, волов и откормленных телят у камня Зохелет, что рядом с Эн-Рогелом, и пригласил всех своих братьев, сыновей царя, и всех царских приближенных из Иудеи, 10но не пригласил ни пророка Нафана, ни Бенаю, ни личную стражу, ни своего брата Соломона.

Давид передает престол Соломону

11Тогда пророк Нафан спросил у Вирсавии, матери Соломона:

– Разве ты не слышала, что Адония, сын Аггифы, стал царем, а наш господин Давид о том и не знает? 12Так вот, позволь мне посоветовать тебе, как спасти свою жизнь и жизнь твоего сына Соломона. 13Сейчас же пойди к царю Давиду и скажи ему: «Господин мой царь, разве ты не клялся мне, твоей служанке, говоря: „Твой сын Соломон непременно будет царем после меня и сядет на моем престоле?“ Так почему же царем стал Адония?» 14Когда ты еще будешь говорить с царем, я войду вслед за тобой и подтвержу твои слова.

15И Вирсавия пошла к престарелому царю в его комнату, где ему прислуживала шунамитянка Авишаг. 16Вирсавия склонилась и пала перед царем ниц.

– Чего ты хочешь? – спросил царь.

17Она сказала ему:

– Мой господин, ты сам клялся мне, твоей служанке, Господом, твоим Богом: «Соломон, твой сын, будет царем после меня и сядет на моем престоле». 18Но вот, царем стал Адония, а ты, господин мой царь, и не знаешь об этом. 19Он принес в жертву множество волов, откормленных телят и овец, пригласил всех царских сыновей, священника Авиатара и Иоава, начальника войска, но не пригласил твоего слугу Соломона. 20Господин мой царь, взоры всего Израиля устремлены на тебя, чтобы узнать: кто же сядет на престоле господина моего царя после него? 21Ведь иначе, как только господин мой царь упокоится со своими предками, меня и моего сына Соломона сочтут изменниками.

22Когда она еще говорила с царем, вошел пророк Нафан. 23Царю доложили:

– Здесь пророк Нафан.

Тогда он предстал перед царем и поклонился ему лицом до земли. 24Нафан сказал:

– Говорил ли ты, господин мой царь, что Адония будет царем после тебя и сядет на твоем престоле? 25Сегодня он пошел и принес в жертву множество волов, откормленных телят и овец. Он пригласил всех царских сыновей, военачальников и священника Авиатара. Сейчас они едят и пьют с ним и говорят: «Да здравствует царь Адония!» 26Но меня, твоего слугу, священника Цадока, Бенаю, сына Иодая, и твоего слугу Соломона он не пригласил. 27Было ли это сделано по воле господина моего царя, который не известил своих слуг о том, кто сядет на престоле моего господина царя после него?

28Тогда царь Давид сказал:

– Позовите ко мне Вирсавию.

И она вошла к царю и предстала перед ним. 29И царь поклялся:

– Верно, как то, что жив Господь, Который избавил меня от всякой беды, 30я непременно исполню сегодня то, о чем я клялся тебе Господом, Богом Израиля: Соломон, твой сын, станет царем после меня и сядет на моем престоле вместо меня.

31Вирсавия склонилась, коснувшись лицом земли и, пав ниц перед царем, сказала:

– Пусть господин мой царь Давид живет вечно!

32Царь Давид сказал:

– Позовите ко мне священника Цадока, пророка Нафана и Бенаю, сына Иодая.

Когда они вошли к царю, 33он сказал им:

– Возьмите с собой моих слуг, посадите моего сына Соломона на моего мула и доставьте его к источнику Гихон. 34Там пусть священник Цадок и пророк Нафан помажут его в цари над Израилем.

Трубите в рог и восклицайте: «Да здравствует царь Соломон!». 35Потом проводите его назад, и пусть он сядет на мой престол и правит вместо меня. Я поставил его правителем над Израилем и Иудеей.

36Беная, сын Иодая, ответил царю:

– Аминь! Да скажет так Господь, Бог моего господина царя. 37Как Господь был с моим господином царем, так пусть он будет и с Соломоном, чтобы возвеличить его престол больше престола моего господина, царя Давида!

38И священник Цадок, пророк Нафан, Беная, сын Иодая, керетиты и пелетиты[c] пошли, усадили Соломона на мула царя Давида и сопроводили его в Гихон. 39Священник Цадок взял из шатра рог с маслом и помазал Соломона. После этого они затрубили в рога, и весь народ закричал:

– Да здравствует царь Соломон!

40Весь народ пошел вслед за ним, играя на свирелях и громко радуясь, так, что земля сотрясалась от шума.

Соломон щадит Адонию

41Адония и все гости, которые были с ним, услышали это в конце пира. Услышав звук рога, Иоав спросил:

– Что это за шум в городе?

42Он еще не договорил, как пришел Ионафан, сын священника Авиатара.

Адония сказал:

– Подойди. Ты достойный человек и, конечно, несешь добрые вести.

43– Нет, – ответил Ионафан. – Наш господин, царь Давид, сделал царем Соломона. 44Царь отправил его со священником Цадоком, пророком Нафаном, Бенаей, сыном Иодая, керетитами и пелетитами, и они усадили его на царского мула, 45а священник Цадок и пророк Нафан помазали его в цари в Гихоне. Они ушли оттуда в радости, и город пришел в движение. Этот-то шум ты и слышишь. 46Больше того, Соломон сел на царский престол, 47а царские приближенные пришли поздравлять нашего господина царя Давида, говоря: «Пусть твой Бог прославит имя Соломона еще больше, чем твое, и возвеличит его престол больше твоего престола!» Царь поклонился на постели 48и сказал так: «Слава Господу, Богу Израиля, Который дал мне сегодня увидеть на престоле моего преемника!»

49Тут все гости Адонии, задрожав от страха, поднялись и разбежались. 50А Адония, боясь Соломона, пошел и схватился за рога жертвенника[d]. 51Соломону доложили:

– Адония боится царя Соломона и не отпускает рогов жертвенника. Он говорит: «Пусть царь Соломон даст мне сегодня клятву, что он не предаст своего слугу мечу».

52Соломон ответил:

– Если он покажет себя достойным человеком, то ни один волос с его головы не упадет на землю; но если в нем обнаружится зло, он умрет.

53Царь Соломон послал людей, и они привели его от жертвенника. Адония вошел и поклонился царю Соломону, и Соломон сказал:

– Ступай домой.

Notas al pie

  1. 1:4 Букв.: «царь не познал ее».
  2. 1:5 Или: «колесничих»; или: «всадников».
  3. 1:38 Керетиты и пелетиты – чужеземные наемники, которые, возможно, были царскими телохранителями.
  4. 1:50 Человек, берущийся за рога жертвенника, которые возвышались с каждого из его четырех углов, считался неприкосновенным.