Chinese Union Version (Simplified)

使 徒 行 傳 18

1这 事 以 後 , 保 罗 离 了 雅 典 , 来 到 哥 林 多 。

遇 见 一 个 犹 太 人 , 名 叫 亚 居 拉 , 他 生 在 本 都 ; 因 为 革 老 丢 命 犹 太 人 都 离 开 罗 马 , 新 近 带 着 妻 百 基 拉 , 从 义 大 利 来 。 保 罗 就 投 奔 了 他 们 。

他 们 本 是 制 造 帐 棚 为 业 。 保 罗 因 与 他 们 同 业 , 就 和 他 们 同 住 做 工 。

每 逢 安 息 日 , 保 罗 在 会 堂 里 辩 论 , 劝 化 犹 太 人 和 希 利 尼 人 。

西 拉 和 提 摩 太 从 马 其 顿 来 的 时 候 , 保 罗 为 道 迫 切 , 向 犹 太 人 证 明 耶 稣 是 基 督 。

他 们 既 抗 拒 、 毁 谤 , 保 罗 就 抖 着 衣 裳 , 说 : 你 们 的 罪 ( 原 文 作 血 ) 归 到 你 们 自 己 头 上 , 与 我 无 干 ( 原 文 是 我 却 乾 净 ) 。 从 今 以 後 , 我 要 往 外 邦 人 那 里 去 。

於 是 离 开 那 里 , 到 了 一 个 人 的 家 中 ; 这 人 名 叫 提 多 犹 士 都 , 是 敬 拜 神 的 , 他 的 家 靠 近 会 堂 。

管 会 堂 的 基 利 司 布 和 全 家 都 信 了 主 , 还 有 许 多 哥 林 多 人 听 了 , 就 相 信 受 洗 。

夜 间 , 主 在 异 象 中 对 保 罗 说 : 不 要 怕 , 只 管 讲 , 不 要 闭 口 ,

10 有 我 与 你 同 在 , 必 没 有 人 下 手 害 你 , 因 为 在 这 城 里 我 有 许 多 的 百 姓 。

11 保 罗 在 那 里 住 了 一 年 零 六 个 月 , 将 神 的 道 教 训 他 们 。

12 到 迦 流 作 亚 该 亚 方 伯 的 时 候 , 犹 太 人 同 心 起 来 攻 击 保 罗 , 拉 他 到 公 堂 ,

13 说 : 这 个 人 劝 人 不 按 着 律 法 敬 拜 神 。

14 保 罗 刚 要 开 口 , 迦 流 就 对 犹 太 人 说 : 你 们 这 些 犹 太 人 ! 如 果 是 为 冤 枉 或 奸 恶 的 事 , 我 理 当 耐 性 听 你 们 。

15 但 所 争 论 的 , 若 是 关 乎 言 语 、 名 目 , 和 你 们 的 律 法 , 你 们 自 己 去 办 罢 ! 这 样 的 事 我 不 愿 意 审 问 ;

16 就 把 他 们 撵 出 公 堂 。

17 众 人 便 揪 住 管 会 堂 的 所 提 尼 , 在 堂 前 打 他 。 这 些 事 迦 流 都 不 管 。

18 保 罗 又 住 了 多 日 , 就 辞 别 了 弟 兄 , 坐 船 往 叙 利 亚 去 ; 百 基 拉 、 亚 居 拉 和 他 同 去 。 他 因 为 许 过 愿 , 就 在 坚 革 哩 剪 了 头 发 。

19 到 了 以 弗 所 , 保 罗 就 把 他 们 留 在 那 里 , 自 己 进 了 会 堂 , 和 犹 太 人 辩 论 。

20 众 人 请 他 多 住 些 日 子 , 他 却 不 允 ,

21 就 辞 别 他 们 , 说 : 神 若 许 我 , 我 还 要 回 到 你 们 这 里 ; 於 是 开 船 离 了 以 弗 所 。

22 在 该 撒 利 亚 下 了 船 , 就 上 耶 路 撒 冷 去 问 教 会 安 , 随 後 下 安 提 阿 去 。

23 住 了 些 日 子 , 又 离 开 那 里 , 挨 次 经 过 加 拉 太 和 弗 吕 家 地 方 , 坚 固 众 门 徒 。

24 有 一 个 犹 太 人 , 名 叫 亚 波 罗 , 来 到 以 弗 所 。 他 生 在 亚 力 山 太 , 是 有 学 问 ( 或 作 : 口 才 ) 的 , 最 能 讲 解 圣 经 。

25 这 人 已 经 在 主 的 道 上 受 了 教 训 , 心 里 火 热 , 将 耶 稣 的 事 详 细 讲 论 教 训 人 ; 只 是 他 单 晓 得 约 翰 的 洗 礼 。

26 他 在 会 堂 里 放 胆 讲 道 ; 百 基 拉 , 亚 居 拉 听 见 , 就 接 他 来 , 将 神 的 道 给 他 讲 解 更 加 详 细 。

27 他 想 要 往 亚 该 亚 去 , 弟 兄 们 就 勉 励 他 , 并 写 信 请 门 徒 接 待 他 ( 或 作 : 弟 兄 们 就 写 信 劝 门 徒 接 待 他 ) 。 他 到 了 那 里 , 多 帮 助 那 蒙 恩 信 主 的 人 ,

28 在 众 人 面 前 极 有 能 力 驳 倒 犹 太 人 , 引 圣 经 证 明 耶 稣 是 基 督 。

Japanese Living Bible

使徒の働き 18

コリントで

1パウロは、アテネを去り、コリントへ行きました。 2-3 そこで、ポント生まれのアクラというユダヤ人と知り合いになりました。この人は妻プリスキラと連れ立って、最近イタリヤから来たばかりでした。彼らは、クラウデオ帝がローマ在住の全ユダヤ人の追放令を出したため、イタリヤから追い出されたのです。アクラもパウロと同じ天幕作りの職人だったので、パウロはその家に同居して、いっしょに仕事を始めました。

パウロは安息日ごとに会堂に出かけ、ユダヤ人だけでなく、外国人をも説得しようと努めました。 シラスとテモテがマケドニヤから来てからは、みことばを教えることにすべての時間を割き、ユダヤ人に対して、イエスこそキリストだと語りました。 ところが、ユダヤ人たちは反抗し、侮辱を加えるばかりか、イエスのことまでひどくののしるのです。そこでパウロは、彼らときっぱり縁を切るしるしに上着のちりを払い、こう言い放ちました。「あなたたちの血の責任は、あなたたちに降りかかれ! 私の責任ではない。これからは、外国人を教えよう。」

その後パウロは、テテオ・ユストという外国人の家に泊めてもらうことにしました。この人は、外国人ながらも神を敬う人で、ちょうどよいことに、彼の家の隣が会堂でした。 会堂管理人クリスポの一家は、ほかの多くのコリント人と共に主を信じ、バプテスマ(洗礼)を受けました。

ある夜、主は幻の中で、パウロに言われました。「恐れるな。語り続けなさい。やめてはいけない。 10 わたしがついている。だれもあなたに危害を加えることはできない。この町には、わたしにつく者がたくさんいる。」 11 パウロは一年六か月の間、コリントにとどまり、神の真理を教えました。

12 しかし、ガリオがアカヤ地方の総督(ローマから属州に派遣された行政長官)に就任すると、ユダヤ人は徒党を組んでパウロに反抗し、力ずくで総督のところへ引っぱって行き、 13 「ローマの法律に反するやり方で、神を礼拝しろと教える不届き者です」と訴えました。 14 パウロが釈明するより早く、ガリオが口を開きました。「いいか、ユダヤ人諸君。犯罪事件なら、諸君の訴えを聞きもしよう。 15 しかし、これは何だ。ことばの解釈とか、人物批判とか、諸君のばかげたおきてに関する事ばかりではないか。そんなことは、自分たちで始末をつけるがよかろう。私にはどうでもいいことだし、かかわりになりたくもない。」 16 これだけ言うと、ガリオは人々を法廷から追い出しました。

17 暴徒たちは、腹立ちまぎれに会堂の新しい管理人ソステネを捕らえ、法廷の外で打ちたたきました。しかしガリオは、そんなことにはまるで無関心でした。

18 このあとも、パウロはコリントにとどまりましたが、しばらくすると、コリントのクリスチャンたちに別れを告げ、プリスキラとアクラを連れて、船でシリヤに向かいました。パウロはこの時、一つの誓いを立てていたので、ケンクレヤで頭をそりました。そうするのが、ユダヤ人の慣習だったのです。 19 一行がエペソに着くと、パウロは二人を船に残したまま会堂へ出かけ、ユダヤ人たちと議論を戦わせました。 20-21 「もう少し、いてくださいませんか」と人々に頼まれましたが、「どうしても祭りまでにエルサレムへ行かなければならないのです」と、断るほかありませんでした。機会さえあれば、また必ず来ると約束して、一行は船旅を続けました。

22 やがて、船はカイザリヤに着き、上陸したパウロはまずエルサレムの教会を訪問し、みなにあいさつしてから、アンテオケに向かいました。

パウロ、第三回伝道旅行へ

23 パウロはアンテオケにしばらくいたあと、また小アジヤへ行き、ガラテヤとフルギヤ地方の教会を訪問して、力づけて回りました。

24 そのころ、すばらしい聖書教師で、説教者としても有能なアポロというユダヤ人が、エジプトのアレキサンドリヤからエペソに来ました。 25-26 アポロはエジプトにいたころ、バプテスマのヨハネのことと、ヨハネがイエスについて語ったことを聞いた以外、何も知りませんでした。それでも大胆に、また熱心に、「メシヤ(救い主)がもうすぐ来られます。お迎えの準備をしなさい」と会堂で説教しました。プリスキラとアクラも、その力強い説教を聞きました。二人はあとでアポロに面会を求め、ヨハネの預言以後、イエスの身に起こったことと、その意味を正確に説明しました。

27 アポロの希望はギリシヤへ行くことでした。エペソのクリスチャンたちは賛成して、彼を大いに励まし、コリントの教会に手紙で、アポロのことをよろしくと伝えました。アポロはそこで、神のためにいかんなく力を発揮し、教会を励ましました。 28 また公の場では、ユダヤ人たちを論破し、聖書によって、イエスこそキリストであることを力強く示しました。