Chinese Union Version (Simplified)

何 西 阿 書 1

1当 乌 西 雅 、 约 坦 、 亚 哈 斯 、 希 西 家 作 犹 大 王 , 约 阿 施 的 儿 子 耶 罗 波 安 作 以 色 列 王 的 时 候 , 耶 和 华 的 话 临 到 备 利 的 儿 子 何 西 阿 。

耶 和 华 初 次 与 何 西 阿 说 话 , 对 他 说 : 你 去 娶 淫 妇 为 妻 , 也 收 那 从 淫 乱 所 生 的 儿 女 ; 因 为 这 地 大 行 淫 乱 , 离 弃 耶 和 华 。

於 是 , 何 西 阿 去 娶 了 滴 拉 音 的 女 儿 歌 篾 。 这 妇 人 怀 孕 , 给 他 生 了 一 个 儿 子 。

耶 和 华 对 何 西 阿 说 : 给 他 起 名 叫 耶 斯 列 ; 因 为 再 过 片 时 , 我 必 讨 耶 户 家 在 耶 斯 列 杀 人 流 血 的 罪 , 也 必 使 以 色 列 家 的 国 灭 绝 。

到 那 日 , 我 必 在 耶 斯 列 平 原 折 断 以 色 列 的 弓 。

歌 篾 又 怀 孕 生 了 一 个 女 儿 , 耶 和 华 对 何 西 阿 说 : 给 她 起 名 叫 罗 路 哈 玛 ( 就 是 不 蒙 怜 悯 的 意 思 ) ; 因 为 我 必 不 再 怜 悯 以 色 列 家 , 决 不 赦 免 他 们 。

我 却 要 怜 悯 犹 大 家 , 使 他 们 靠 耶 和 华 ─ 他 们 的 神 得 救 , 不 使 他 们 靠 弓 、 刀 、 争 战 、 马 匹 , 与 马 兵 得 救 。

歌 篾 给 罗 路 哈 玛 断 奶 以 後 , 又 怀 孕 生 了 一 个 儿 子 。

耶 和 华 说 : 给 他 起 名 叫 罗 阿 米 ( 就 是 非 我 民 的 意 思 ) ; 因 为 你 们 不 作 我 的 子 民 , 我 也 不 作 你 们 的 神 。

10 然 而 , 以 色 列 的 人 数 必 如 海 沙 , 不 可 量 , 不 可 数 。 从 前 在 甚 麽 地 方 对 他 们 说 你 们 不 是 我 的 子 民 , 将 来 在 那 里 必 对 他 们 说 你 们 是 永 生 神 的 儿 子 。

11 犹 大 人 和 以 色 列 人 必 一 同 聚 集 , 为 自 己 立 一 个 首 领 , 从 这 地 上 去 ( 或 译 : 从 被 掳 之 地 上 来 ) , 因 为 耶 斯 列 的 日 子 必 为 大 日 。

Japanese Living Bible

ホセア書 1

1ユダ(南王国)の四人の王、ウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤの治世、そしてイスラエル(北王国)の王の一人、ヨアシュの子ヤロブアムの治世に、ベエリの子ホセアに主からのお告げがありました。

ホセアの妻と子どもたち

最初に告げられたのはこうです。「遊女と結婚せよ。その女から生まれる子どものうちには、ほかの男が父親である子もいる。そのことは、わたしの民がわたしに対して不誠実であることを表している。彼らは他の神々を礼拝し、わたしを無視して、堂々と姦淫をしている。」 こうしてホセアは、ディブライムの娘ゴメルと結婚しました。彼女はみごもり、男の子を産みました。 4-5 すると、主は言いました。「その子をイズレエルと名づけよ。わたしはイズレエルの谷で、エフーが犯した殺人(Ⅱ列王10・11参照)に報復するため、エフー王家を罰しようとしている。そうだ、わたしはイズレエルの谷で、イスラエルの独立を失わせ、その国の力を打ち破ろう。」

まもなくゴメルは、もう一人の子を産みました。今度は女の子です。そして神はホセアに言いました。「その子をロ・ルハマ(『もうあわれみをかけない』の意)と名づけよ。わたしは二度とイスラエルにあわれみをかけず、イスラエルを赦そうとは思わないからだ。 だが、ユダ部族にはあわれみをかける。ユダ王国の軍隊や武器の力によらず、わたし自身の力で、ユダを敵の手から救い出して自由にする。」

ロ・ルハマが乳離れすると、ゴメルはまたもみごもり、今度は男の子を産みました。 そして神は言いました。「その子をロ・アミ(『わたしのものではない』の意)と名づけよ。イスラエルはわたしのものではなく、わたしも彼らの神ではないからだ。

10 それでも、イスラエルが栄え、大きな民となる時がくる。その日には、彼らは海辺の砂のように数えきれないほどの数となる。その時わたしは彼らに、『あなたたちはわたしの民ではない』と言わずに、『あなたたちはわたしの息子、生ける神の子どもだ』と言おう。 11 それから、ユダとイスラエルの民は統一され、一人の指導者が立てられる。人々は捕囚の地からいっしょに帰って来る。それが実現する日は、なんとすばらしいことか。その日、わたしはわたしの民を、彼らの土地である肥沃な土壌に、再び植えつける。」