Chinese Union Version (Simplified)

但 以 理 書 1

1犹 大 王 约 雅 敬 在 位 第 三 年 , 巴 比 伦 王 尼 布 甲 尼 撒 来 到 耶 路 撒 冷 , 将 城 围 困 。

主 将 犹 大 王 约 雅 敬 , 并 神 殿 中 器 皿 的 几 分 交 付 他 手 。 他 就 把 这 器 皿 带 到 示 拿 地 , 收 入 他 神 的 庙 里 , 放 在 他 神 的 库 中 。

王 吩 咐 太 监 长 亚 施 毗 拿 , 从 以 色 列 人 的 宗 室 和 贵 胄 中 带 进 几 个 人 来 ,

就 是 年 少 没 有 残 疾 、 相 貌 俊 美 、 通 达 各 样 学 问 、 知 识 聪 明 俱 备 、 足 能 侍 立 在 王 宫 里 的 , 要 教 他 们 迦 勒 底 的 文 字 言 语 。

王 派 定 将 自 己 所 用 的 膳 和 所 饮 的 酒 , 每 日 赐 他 们 一 分 , 养 他 们 三 年 。 满 了 三 年 , 好 叫 他 们 在 王 面 前 侍 立 。

他 们 中 间 有 犹 大 族 的 人 : 但 以 理 、 哈 拿 尼 雅 、 米 沙 利 、 亚 撒 利 雅 。

太 监 长 给 他 们 起 名 : 称 但 以 理 为 伯 提 沙 撒 , 称 哈 拿 尼 雅 为 沙 得 拉 , 称 米 沙 利 为 米 煞 , 称 亚 撒 利 雅 为 亚 伯 尼 歌 。

但 以 理 却 立 志 不 以 王 的 膳 和 王 所 饮 的 酒 玷 污 自 己 , 所 以 求 太 监 长 容 他 不 玷 污 自 己 。

神 使 但 以 理 在 太 监 长 眼 前 蒙 恩 惠 , 受 怜 悯 。

10 太 监 长 对 但 以 理 说 : 我 惧 怕 我 主 我 王 , 他 已 经 派 定 你 们 的 饮 食 ; 倘 若 他 见 你 们 的 面 貌 比 你 们 同 岁 的 少 年 人 肌 瘦 , 怎 麽 好 呢 ? 这 样 , 你 们 就 使 我 的 头 在 王 那 里 难 保 。

11 但 以 理 对 太 监 长 所 派 管 理 但 以 理 、 哈 拿 尼 雅 、 米 沙 利 、 亚 撒 利 雅 的 委 办 说 :

12 求 你 试 试 仆 人 们 十 天 , 给 我 们 素 菜 吃 , 白 水 喝 ,

13 然 後 看 看 我 们 的 面 貌 和 用 王 膳 那 少 年 人 的 面 貌 , 就 照 你 所 看 的 待 仆 人 罢 !

14 委 办 便 允 准 他 们 这 件 事 , 试 看 他 们 十 天 。

15 过 了 十 天 , 见 他 们 的 面 貌 比 用 王 膳 的 一 切 少 年 人 更 加 俊 美 肥 胖 。

16 於 是 委 办 撤 去 派 他 们 用 的 膳 , 饮 的 酒 , 给 他 们 素 菜 吃 。

17 这 四 个 少 年 人 , 神 在 各 样 文 字 学 问 ( 学 问 : 原 文 是 智 慧 ) 上 赐 给 他 们 聪 明 知 识 ; 但 以 理 又 明 白 各 样 的 异 象 和 梦 兆 。

18 尼 布 甲 尼 撒 王 预 定 带 进 少 年 人 来 的 日 期 满 了 , 太 监 长 就 把 他 们 带 到 王 面 前 。

19 王 与 他 们 谈 论 , 见 少 年 人 中 无 一 人 能 比 但 以 理 、 哈 拿 尼 雅 、 米 沙 利 、 亚 撒 利 雅 , 所 以 留 他 们 在 王 面 前 侍 立 。

20 王 考 问 他 们 一 切 事 , 就 见 他 们 的 智 慧 聪 明 比 通 国 的 术 士 和 用 法 术 的 胜 过 十 倍 。

21 到 古 列 王 元 年 , 但 以 理 还 在 。

New Russian Translation

Daniel 1

Даниил в Вавилоне

1В третьем году царствования Иоакима, царя Иудеи[a], Навуходоносор[b], царь Вавилона, пришел под Иерусалим и осадил его. 2И Владыка отдал Иоакима, царя Иудеи, и часть утвари из Божьего дома в его руки. Он унес ее в дом своего бога в Шинар[c] и положил в сокровищницу своего бога.

3Затем царь приказал Ашпеназу, главе своих придворных, привести несколько израильтян из царской и других знатных семей – 4юношей без физических изъянов, красивых, способных к обучению разным наукам, образованных, понятливых и годных к службе при царском дворе. Он должен был научить их языку и литературе халдеев[d]. 5Царь назначил им ежедневную долю еды и вина с царского стола. Они должны были три года учиться, а после – поступить на царскую службу.

6Среди них было несколько иудеев: Даниил, Ханания, Мисаил и Азария. 7Глава придворных дал им новые имена: Даниилу – имя Белтешаццар, Ханании – Шадрах, Мисаилу – Мешах, а Азарии – Аведнего.

8Но Даниил решил не осквернять себя царской едой и вином и просил у главы придворных разрешения не оскверняться ими. 9Бог даровал Даниилу расположение и милость главы придворных, 10и тот сказал Даниилу:

– Я боюсь моего господина, царя, который сам назначил вам еду и вино. Зачем ему видеть, что вы выглядите хуже юношей вашего возраста? Тогда царь отрубит мне голову из-за вас.

11Но Даниил попросил стража, которого глава придворных приставил к Даниилу, Ханании, Мисаилу и Азарии:

12– Прошу, испытай своих слуг в течение десяти дней: не давай нам есть ничего, кроме овощей, и пить ничего, кроме воды. 13А потом сравни наши лица с лицами юношей, которые едят царскую еду, и сам реши, как поступить со своими слугами.

14Он согласился и испытывал их десять дней.

15После десяти дней они выглядели здоровее и упитаннее тех юношей, которые ели царскую пищу. 16Тогда страж стал забирать у них изысканную еду и вино, которые им доставляли, и давал им вместо этого овощи.

17Этим четырем юношам Бог дал знание и понимание всех видов словесности и учености. А Даниил еще и мог толковать всякие видения и сны.

18По истечении назначенного царем времени, глава придворных представил их Навуходоносору. 19Царь поговорил с ними и не нашел равных Даниилу, Ханании, Мисаилу и Азарии; так они поступили на царскую службу. 20В каждом деле, требующем мудрости и понимания, о чем бы ни спросил их царь, он находил их в десять раз лучше всех чародеев и заклинателей во всем своем царстве.

21Даниил оставался на службе до первого года правления царя Кира[e].

Notas al pie

  1. 1:1 в 605 г. до н. э.
  2. 1:1 Навуходоносор II, самый великий царь Нововавилонской империи, правил с 605 по 562 гг. до н. э.
  3. 1:2 То есть Вавилон.
  4. 1:4 То есть вавилонян; евр.: «касдим»; также в остальных местах книги.
  5. 1:21 538 г. до н. э.