Knijga O Kristu

Ivan 15:1-27

Isus, prava loza

1“Ja sam pravi trs, a moj je Otac vinogradar. 2On siječe svaku mladicu na meni koja ne rađa rodom. Pročišćuje mladice koje donose rod kako bi dale još više roda. 3Vi ste već očišćeni kroz riječ koju sam vam govorio. 4Ostanite u meni i ja ću ostati u vama! Jer mladica ne može donijeti rod sama od sebe, otkinuta od trsa. Tako ni vi ne možete biti plodonosni ako ste odvojeni od mene.

5Ja sam trs, a vi ste mladice. Tko ostane u meni i ja u njemu, donijet će velik rod. Jer bez mene ne možete ništa učiniti. 6Ne ostane li tko u meni, bit će izbačen kao beskorisna mladica i osušiti se. A takve se mladice bacaju u oganj da izgore. 7Ali ostanete li u meni i slušate moje zapovijedi, možete tražiti što god hoćete i dat će vam se. 8Moj će se Otac proslaviti time što ćete donijeti mnogo roda i što ćete biti moji učenici.

9Kao što je Otac volio mene, tako sam i ja volio vas. Ostanite u mojoj ljubavi. 10Vršite li moje zapovijedi, ostajete u mojoj ljubavi, kao što sam ja vršio zapovijedi svojeg Oca i ostajem u njegovoj ljubavi.

11To vam kažem da biste u sebi imali moju radost i da vaša radost bude potpuna. 12Moja je zapovijed da volite jedni druge kao što sam ja volio vas. 13A veće ljubavi nitko ne može iskazati nego da život dade za svoje prijatelje. 14Prijatelji ste mi ako činite što vam zapovijedam. 15Ne zovem vas više slugama jer sluga ne zna gospodarove nakane. Sada ste mi prijatelji jer sam vam kazao sve što mi je Otac rekao. 16Niste vi mene izabrali. Ja sam izabrao vas! Odredio sam vas da idete i da rodite trajnim rodom, tako da vam moj Otac dade sve što god zatražite u moje ime. 17Zapovijedam vam da volite jedni druge!”

Mržnja svijeta

18“Mrzi li vas svijet, znajte da je mene mrzio prije vas. 19Svijet bi vas volio kad biste pripadali njemu, ali ne pripadate mu jer sam vas ja izabrao iz svijeta. Zato vas svijet mrzi. 20Sjećate li se što sam vam rekao, da nije sluga veći od svojega gospodara? Pa ako su mene progonili, naravno da će i vas progoniti. Ako su slušali mene, slušat će i vas! 21Svijet će vas progoniti zbog mojega imena jer ne poznaju Oca koji me je poslao. 22Da nisam došao i govorio im, oni ne bi bili krivi, ali ovako nemaju isprike za svoj grijeh. 23Tko mene mrzi, mrzi i mojeg Oca. 24Da nisam među njima činio djela koja nitko drugi nije učinio, ne bi bili krivi. A oni su sve to vidjeli, a ipak su zamrzili i mene i mojeg Oca. 25Time se ispunilo napisano u njihovu Zakonu: ‘Mrzili su me bez razloga.’15:25 Psalam 35:19; Psalam 69:5.

26Ali poslat ću vam Savjetnika15:26 Ili: Utješitelja, Pomagača, Hrabritelja, Zastupnika., Duha Istine, koji dolazi od Oca i svjedočit će o meni. 27I vi ćete govoriti o meni jer ste bili sa mnom od početka.

Japanese Contemporary Bible

ヨハネの福音書 15:1-27

15

すばらしい実を結ぶために

1わたしはまことのぶどうの木、わたしの父はぶどう園の農夫です。 2父は、実のならない枝をみな切り落とし、実のなる枝はもっとたくさんなるように、余分な枝を整理なさるのです。 3父は、すでにあなたがたの枝を整理し、きれいに手入れをすまされたのです。 4ですから、わたしのうちに生きるよう心がけなさい。またわたしが、あなたがたのうちに生きられるようにしなさい。枝は幹につながっていなければ、実を結べないでしょう。同じようにあなたがたも、わたしから離れたら、実を結ぶことはできません。 5わたしはぶどうの木で、あなたがたはその枝です。人がわたしのうちに生き、わたしもその人のうちに生きているなら、その人は多くの実を結びます。わたしを離れては何もできません。 6わたしから離れる者はだれでも、役に立たない枝のように投げ捨てられ、枯れてしまいます。最後には、ほかの枝といっしょに積み上げられ、焼かれてしまうのです。 7しかし、もしわたしのうちにとどまり、わたしの命令に従うなら、何でもほしいものを求めなさい。きっとかなえられます。 8わたしのほんとうの弟子となり、多くの実を結ぶことによって、父が大いにほめたたえられるのです。 9父がわたしを愛してくださったように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛のうちに生きなさい。 10わたしの戒めを守るなら、わたしの愛のうちに生き続けます。わたしが父の戒めを守り、父の愛のうちに生きているのと同じです。 11このことを話したのは、わたしのうちにあふれる喜びを共に味わいたいからです。

12わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。これがわたしの教えです。 13愛は何によって測ることができるでしょう。友のためにいのちを投げ出すこと、これより大きな愛はありません。 14わたしの命令に従う人は、わたしの友です。 15あなたがたはもう使用人ではありません。今からは、わたしの友です。主人は使用人に秘密を打ち明けたりはしません。しかし、わたしは父から聞いたことをみな、あなたがたに話しました。 16あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選んだのです。そして任命しました。だから、あなたがたは行って、いつまでも残るすばらしい実を結びます。また、わたしの名前によって父に求めるものは、何でもいただけるのです。 17もう一度言います。互いに愛し合いなさい。

18あなたがたは、世の人にひどく憎まれます。だが忘れてはいけません。あなたがたより先に、わたしが憎まれたのです。 19あなたがたが世の人と同じであったら、世もあなたがたを愛したでしょう。だが、そうではありません。わたしがあなたがたを選び、世から連れ出したのです。だから、世はあなたがたを憎むのです。 20『使用人は主人より偉くはない』と言ったのを覚えているでしょう。わたしを迫害した人々があなたがたを迫害しても、何の不思議があるでしょう。ごく当然のことです。わたしの言うことを聞く人なら、あなたがたの言うことも聞くはずです。 21しかし世の人は、わたしの弟子だというだけであなたがたを迫害します。わたしをお遣わしになった神を全く知らないからです。 22わたしが来なくて、何も話さなかったのであれば、彼らは罪を問われなかったでしょう。しかし今はもう、罪の言いわけは許されません。 23だれでもわたしを憎む者は、わたしの父をも憎むのです。 24わたしがあれほどのわざを行わなかったのなら、彼らは罪に定められることもなかったでしょう。けれども、わたしのわざをはっきり見たにもかかわらず、わたしとわたしの父を憎んだのです。

25こうして、『彼らは理由もなしにわたしを憎んだ』詩篇35・1969・4というメシヤについての預言は、そのとおり実現しました。 26わたしはあなたがたに、助け手、すなわち、すべての真理の根源である聖霊を遣わしましょう。その方は、父のもとから来て、わたしのことを語ってくださいます。 27あなたがたもまた、わたしのことをすべての人に語らなければなりません。初めからわたしといっしょにいたからです。