Chinese Contemporary Bible (Traditional)

雅歌 1

1這是所羅門的歌,是歌中最美妙的歌。

女子:

深深地吻我吧!
因為你的愛情比美酒更香甜。
你的美名如此芬芳,
如同倒出來的香膏,
難怪少女們都愛慕你。
你帶我走,讓我們一起奔跑吧!
王啊,把我帶進你的寢宮吧!

耶路撒冷的少女:

我們為你歡喜快樂,
我們要頌揚你那勝似美酒的愛情。

女子:

難怪少女們都愛慕你!
耶路撒冷的少女啊!
我雖然黑似基達的帳篷,
卻美如所羅門的錦帳。
不要因為我被太陽曬黑就看不起我。
這是因為我的兄弟惱恨我,
要我在烈日之下看守葡萄園,
使我無暇照顧自己[a]
我心愛的人啊,告訴我吧,
你在哪裡牧羊?
中午帶羊去哪裡歇息?
我何必在你同伴的羊群旁流浪,
像風塵女子一樣呢?

耶路撒冷的少女:

絕色佳人啊!
要是你不知道,
就跟著羊群的足跡,
到牧人的帳篷邊餵養你的山羊羔吧。

男子:

我的愛人啊,
你好比法老戰車上套的牝馬,
引人注目。
10 耳環輝映你的臉頰,
珠鏈輕襯你的頸項。
11 我們要為你打造鑲有銀珠的金飾。

女子:

12 王坐席的時候,
我身上的哪噠香膏芬芳四溢。
13 我的良人靠在我懷中,
如同一袋沒藥。
14 我的良人在我眼中,
好像隱·基底葡萄園中的鳳仙花。

男子:

15 我的愛人啊!
你真是美極了!美極了!
你的眼神純情專一,好像鴿子的眼睛。

女子:

16 我的良人啊!
你真英俊!真可愛!
我們以青草作床榻,
17 以香柏樹作屋樑,
以松樹作椽子。

Notas al pie

  1. 1·6 我無暇照顧自己」希伯來文是「我卻無法照料自己的葡萄園」。

Japanese Living Bible

雅歌 1

1ソロモン王が作ったこの歌は、ほかのどんな歌よりすばらしいものです。

おとめ

もっともっと口づけしてください。
あなたの愛はぶどう酒より甘く、
あなたの香油は、なんとすてきな香りでしょう。
名前もとても魅力的です。
若い娘たちが夢中になるのもむりはありません。
私を連れて行ってください。
さあ、走って行きましょう。」

おとめ

「王は私を、宮殿に連れて行ってくれました。
私たちは幸せでいっぱいです。
あなたの愛はぶどう酒にもまさります。
若い娘たちが夢中になるのも当然です。」

おとめ

エルサレムの娘さん、
私はケダルの天幕(荒野のアラビヤ人が住む黒いテント)
のように、日焼けして黒いのです。
でも、きれいでしょう。」

ソロモン王

「いや、あなたは私の絹の天幕のように愛らしい。」

おとめ

町の娘さん、そんなに見つめないでください。
私の肌はとても黒いのです。
兄にしかられ、
強い日照りのぶどう園の番をさせられたので、
すっかり日焼けしてしまったのです。」

おとめ

私の愛する方、どうか教えてください。
今日は、羊の群れをどこへ連れて行くのですか。
お昼には、どこにいらっしゃるのですか。
私は、あなたの仲間に混じって
流れ者のようにうろつきたくありません。
いつもおそばにいたいのです。」

ソロモン王

世界で一番美しい女よ、
それなら、群れのあとについて行って
羊飼いのテントを探しあて、
そこで、あなたの羊と子羊の世話をしなさい。
愛する人よ。
あなたはかわいい子馬のようだ。
10 頬にかかる髪の毛が、とてもすてきだ。
宝石をちりばめた首飾りをつけた首には
気品が漂っている。
11 あなたのために、
金のイヤリングと銀の首飾りを作ってあげよう。」

おとめ

12 ベッドに横になった王は、
私のつけている香水の香りにうっとりしています。
13 私の愛するお方は、
私の乳房の間にある、没薬の匂い袋のようです。」

ソロモン王

14 私の愛する人は、エン・ゲディ(死海西岸のオアシス)
の植物園にある花束のようだ。
15 愛する人よ。あなたはなんと美しいのだろう。
どう言ったらいいかわからないほどだ。
目は鳩のように優しく、
16 草の上に身を横たえる姿は、
なんと美しく、麗しいのだろう。
17 その上に、杉や糸杉が影を落としている。」

おとめ