Chinese Contemporary Bible (Traditional)

阿摩司書 1

1猶大王烏西雅、約阿施的兒子以色列王耶羅波安執政期間,大地震前兩年,提哥亞的牧人阿摩司看到了關於以色列的異象。以下是阿摩司的話。

他說:
「耶和華在錫安[a]怒吼,
在耶路撒冷呼喊。
牧人的草場枯乾,
迦密山頂枯黃。」

對亞蘭的審判

耶和華說:
「大馬士革人三番四次地犯罪,
我必不收回對他們的懲罰,
因為他們用打糧食的鐵器蹂躪基列。
所以我要降火在哈薛王家,
燒毀便·哈達王的城堡。
我要折斷大馬士革城的門閂,
剷除亞文平原[b]的居民和伯·伊甸的掌權者,
使亞蘭人被擄到吉珥[c]
這是耶和華說的。」

對非利士的審判

耶和華說:
「迦薩人三番四次地犯罪,
我必不收回對他們的懲罰,
因為他們把被擄之人全都帶走,
賣到以東做奴隸。
所以,我要降火在迦薩的城牆上,
燒毀它的城堡。
我要剷除亞實突的居民和亞實基倫的掌權者,
伸手攻擊以革倫,
剩下的非利士人都要滅亡。
這是主耶和華說的。」

對泰爾的審判

耶和華說:
「泰爾人三番四次地犯罪,
我必不收回對他們的懲罰,
因為他們背棄弟兄之盟,
把被擄之人都賣到以東。
10 所以,我要降火在泰爾的城牆上,
燒毀它的城堡。」

對以東的審判

11 耶和華說:
「以東人三番四次地犯罪,
我必不收回對他們的懲罰,
因為他們拔刀追趕自己的弟兄,
沒有半點憐憫之心;
他們怒氣不息,永懷憤怒。
12 所以,我要降火在提幔,
燒毀波斯拉的城堡。」

對亞捫的審判

13 耶和華說:
「亞捫人三番四次地犯罪,
我必不收回對他們的懲罰,
因為他們為了擴張領土,
竟剖開基列孕婦的肚腹。
14 所以,我要在戰爭的吶喊聲中,
在暴風雨吹襲的時候,
降火在拉巴的城牆上,
燒毀它的城堡。
15 他們的君王和首領都要被擄。
這是耶和華說的。」

Notas al pie

  1. 1·2 錫安」位於耶路撒冷北部,即大衛城,有時用來指耶路撒冷。
  2. 1·5 亞文平原」希伯來文是「邪惡谷」。亞文平原和伯·伊甸皆屬於亞蘭人。
  3. 1·5 吉珥的位置不詳,亞蘭人原來自吉珥。

Japanese Living Bible

アモス書 1

1アモスはテコアの村に住む羊飼いでした。一日中、丘の中腹にいて、羊が迷い出ないように見張っていたのです。

イスラエルの隣人へのさばき

ある日、神はアモスに、イスラエルに起ころうとしていることを幻の中で語りました。この幻をアモスが見たのは、ウジヤがユダの王、ヨアシュの子ヤロブアムがイスラエルの王であった時で、地震が起こる二年前のことでした。

アモスは見聞きしたことを、次のように報告しています。

主は、ねぐらからほえるどう猛なライオンのように、
シオンの山にある神殿から、大声で叫びました。
すると突然、カルメル山のみずみずしい牧草地が
しおれて枯れ、羊飼いはみな、声を上げて泣きました。

主はこう言います。

「ダマスコの民は何度もくり返して罪を犯し、
わたしはそのことを忘れない。
もうこれ以上、処罰を猶予しない。
彼らは穀物を鉄の打穀棒で打つように、
ギルアデでわたしの民を打った。
だから、ハザエル王の宮殿に火を放ち、
ベン・ハダデの堅固なとりでを破壊する。
ダマスコの町の門のかんぬきを折り、
アベンの平野に住む者や、
ベテ・エデンで王位についている者を殺す。
シリヤの民は奴隷としてキルに戻る。」

主はこう言います。

「ガザは何度もくり返して罪を犯し、
わたしはそのことを忘れない。
もうこれ以上、処罰を猶予しない。
ガザはわたしの民を追い出し、
エドムで奴隷として売った。
だから、ガザの城壁に火を放ち、
とりではすべて破壊される。
アシュドデの民を殺し、
エクロンと、アシュケロンの王を滅ぼそう。
残ったペリシテ人は滅びる。」

主はこう言います。

「ツロの民は何度もくり返して罪を犯し、
わたしはそのことを忘れない。
もうこれ以上、処罰を猶予しない。
彼らは兄弟であるイスラエルとの協定を破り、
攻撃をしかけて征服し、奴隷としてエドムに渡した。
10 だから、ツロの城壁に火を放ち、
とりでも宮殿も灰にする。」

11 主はこう言います。

「エドムは何度もくり返して罪を犯し、
わたしはそのことを忘れない。
もうこれ以上、処罰を猶予しない。
彼らは兄弟であるイスラエルを剣で追いかけ、
怒りにまかせて冷酷にふるまった。
12 だから、テマンに火をかけ、
ボツラのとりでをすべて灰にする。」

13 主はこう言います。

「アモンの民は何度もくり返して罪を犯し、
わたしはそのことを忘れない。
もうこれ以上、処罰を猶予しない。
彼らはギルアデの戦いで、領土を広げるために
残虐なことを行い、剣で妊婦を切り裂いた。
14 だから、ラバの城壁に火を放ち、
とりでと宮殿は灰となる。
嵐の時のつむじ風のように、
戦いのものすごい叫び声が上がる。

15 王も君主たちも捕囚として連れ去られる。」