Chinese Contemporary Bible (Traditional)

詩篇 39

受苦者的呼求

大衛的詩,交給樂長耶杜頓。

1我說:「我要謹言慎行,
免犯口舌之罪。
只要身邊有惡人,
我就用嚼環勒住自己的口。」
然而,我默不作聲,
連好話也不出口時,
內心就更加痛苦。
我心如火燒,越沉思越煩躁,
便開口呼求:
「耶和華啊,求你讓我知道我人生的終點和壽數,
明白人生何其短暫。
你使我的生命轉瞬即逝,
我的歲月在你眼中不到片刻。
人的生命不過是一絲氣息,(細拉)
人生不過是幻影,
勞碌奔波卻一場空,
積蓄財富卻不知誰來享用。
主啊,如今我盼望什麼呢?
你是我的盼望。
求你救我脫離一切過犯,
不要讓愚昧人嘲笑我。
我默然不語,一言不發,
因為我受的責罰是出於你。
10 求你不要再懲罰我,
你的責打使我幾乎喪命。
11 因為人犯罪,你管教他們,
使他們所愛的被吞噬,像被蟲蛀。
世人不過是一絲氣息。(細拉)

12 「耶和華啊,
求你垂聽我的禱告,
傾聽我的呼求,
別對我的眼淚視若無睹。
因為我在你面前只是客旅,
是寄居的,
正如我的祖先。
13 求你寬恕我,
好讓我在離世之前能重展笑容。」

Japanese Living Bible

詩篇 39

1私は自分に言い聞かせました。
「不平を言うのはやめよう。
特に、神を信じない者たちがそばにいる間は。」
2-3 ところが、おし黙っている私の心の中では、
すさまじい暴風が吹き荒れているのです。
思いにふければふけるほど、
体の中で火が燃え上がります。
私はたまりかねて口を開き、
神にとりすがりました。
主よ、地上で生きる年月などわずかであることを
私にわからせてください。
ここにいるのもあとほんの少しだと、
思い知らせてください。
5-6 残りの生涯は手の幅ほどもありません。
私の一生など、神から見れば
ただの一瞬にすぎません。
人は、なんとおごり高ぶることでしょう。
人のいのちは息のようにはかないものです。
しかも、どんなにあくせくしようと、
何一つ残せるわけではありません。
他人に渡すために、富を築くようなものです。
神よ。私はあなたにだけ望みをかけているのです。
私が罪に負けないように助けてください。
そうでないと、愚かな者どもまでが、
私をさげすみますから。
主よ。もう私は何も申し上げません。
不平がましいことなどひと言も口にしません。
罰をお下しになるのはあなたですから。
10 主よ、これ以上、私を打たないでください。
おかげで私は、息も絶え絶えです。
11 ひとたびあなたから罪を罰せられれば、
だれでも倒れてしまいます。
人は、虫に食われた衣類のようにもろく、
霧のようにはかないものですから。
12 ああ主よ、私の祈りを聞いてください。
この涙ながらの訴えに耳を貸してください。
私の涙などそ知らぬ顔で傍観しないでください。
私はあなたに招かれた客ではありませんか。
先祖同様、この地上を仮の宿とする旅人なのです。
13 どうかこのいのちをお助けください。
死ぬ前にもう一度、元気になりたいのです。
喜びに満たされたいのです。