Chinese Contemporary Bible (Traditional)

約翰福音 13:1-38

耶穌為門徒洗腳

1逾越節之前,耶穌知道自己快要離開世界回到父那裡了。祂一直愛世上屬自己的人,並且愛他們到底。 2吃晚飯的時候,魔鬼已經把出賣耶穌的念頭放在加略西門的兒子猶大的心裡。 3耶穌知道父將一切交給了祂,也知道自己從上帝那裡來、要回到上帝那裡, 4就離席站起來,脫了外衣,把毛巾束在腰間, 5然後倒了一盆水為門徒洗腳,用束在腰間的毛巾擦乾。 6輪到西門·彼得的時候,他說:「主啊!你要洗我的腳嗎?」

7耶穌回答說:「我這樣做,你現在雖然不明白,將來一定會明白。」

8彼得說:「你絕對不可以洗我的腳。」

耶穌說:「如果我不洗你的腳,你就和我沒有關係了。」

9西門·彼得說:「主啊,不只我的腳,連我的手和頭也幫我洗吧。」

10耶穌說:「洗過澡的人全身是乾淨的,只要洗洗腳就好了。你們是乾淨的,但不是每一個都乾淨。」

11因為耶穌知道誰要出賣祂,所以說:「你們不是每一個都乾淨。」

12耶穌給門徒洗完了腳,便穿上外衣再次坐下來,然後問道:「我為你們做的,你們明白嗎? 13你們稱呼我『老師』,也稱呼我『主』,你們稱呼得對,因為我是。 14我是你們的老師又是你們的主,尚且給你們洗腳,你們更應當彼此洗腳。 15我給你們立了一個榜樣,好讓你們效法我。

16「我實實在在地告訴你們,奴僕不能大過主人,受差遣的也不能大過差遣他的人。 17既然你們明白這個道理,如果去實踐,就有福了。 18我這話不是對你們每一個人說的,我知道我揀選了誰,但這是為了要應驗聖經上的話,『吃我飯的人用腳踢我』13·18 參見詩篇41·919我在事情還沒有發生之前,預先告訴你們,等事情發生以後,你們就會相信我是基督。 20我實實在在地告訴你們,人若接待我所差遣的,就是接待我;接待我,就是接待差我來的那位。」

預言猶大賣主

21說完這番話,耶穌心裡憂傷,便宣佈說:「我實實在在地告訴你們,你們中間有一個人要出賣我。」 22門徒面面相覷,不知道耶穌指的是誰。 23-24西門·彼得向耶穌所愛的那個門徒點頭示意,讓他問耶穌到底是誰要出賣祂。那門徒坐在耶穌旁邊, 25便順勢靠過去問耶穌:「主啊,是誰呢?」

26耶穌回答說:「我蘸一點餅給誰,就是誰。」耶穌就蘸了一點餅,遞給加略西門的兒子猶大27猶大吃了以後,撒旦就進了他的心。耶穌對他說:「你要做的事,趕快去做吧!」 28同桌吃飯的人沒有人明白耶穌這話的意思。 29因為猶大是管錢的,有人以為耶穌是叫他去買過節的用品,或者去賙濟窮人。 30猶大吃過那塊餅後,立刻出去了。那時候是晚上。

新命令

31猶大出去以後,耶穌就說:「現在人子得到榮耀了,上帝在人子身上也得了榮耀。 32上帝既然在人子身上得了榮耀,也要讓人子在祂身上得榮耀,並且馬上要使人子得榮耀。 33孩子們,我與你們同在的時間不多了,以後你們要找我,但我去的地方,你們不能去。這句話我以前對猶太人說過,現在也照樣告訴你們。 34我賜給你們一條新命令——你們要彼此相愛。我怎樣愛你們,你們也要怎樣彼此相愛。 35你們如果彼此相愛,世人就會認出你們是我的門徒。」

預言彼得不認主

36西門·彼得問耶穌:「主啊,你要到哪裡去?」

耶穌回答說:「我要去的地方,你現在不能跟我去,但將來必定跟我去。」

37彼得說:「主啊!為什麼我現在不能跟你去呢?就是為你死,我也願意!」

38耶穌說:「你真的願意為我死嗎?我實實在在地告訴你,雞叫以前,你會三次不認我。」

Japanese Contemporary Bible

ヨハネの福音書 13:1-38

13

弟子の足を洗うイエス

1過越の祭りの前に、イエスは、いよいよこの世を去って父のもとに帰る最後の時が来たことを知り、弟子たちに対する愛を余すところなく示されました。 2夕食の間のことです。悪魔はすでに、シモンの子イスカリオテのユダに、「今夜こそ、かねてからの計画を実行に移す絶好の時だ」という思いを吹き込んでいました。 3イエスは、父がすべてのものを与えてくださったことと、自分が神のもとから来て、また神のもとに帰ろうとしていることを知り、 4夕食の席からゆっくり立ち上がり、上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰に巻かれました。 5そしてたらいに水を入れ、弟子たち一人一人の足を洗い、腰の手ぬぐいでふき始められたのです。 6シモン・ペテロの番になりました。ペテロは言いました。「主よ。足を洗っていただくなど、もったいなくてとてもできません。」 7イエスは言われました。「なぜこんなことをするのか、今はわからないでしょう。だが、あとでわかるようになります。」 8「いいえ。どうかもう、おやめください」とペテロは言いはります。「もしわたしが足を洗わなければ、あなたはわたしの仲間にはなれません」とイエスは答えられました。 9するとペテロはあわてて、「そ、それなら、足だけとおっしゃらず、手も、それに頭も洗ってください」と言いました。 10「水浴した者は、足だけ洗えば全身がきよくなります。今あなたがたはきよいのですが、みながみな、きよいというわけではありません。」 11イエスはだれが裏切り者かわかっていたので、「みながみな、きよいわけではない」と言われたのです。

12イエスは弟子たちの足を洗い終えると、また上着を着て席に戻り、改めてお尋ねになりました。「わたしのしたことがわかりますか。 13あなたがたはわたしを『先生』とも『主』とも呼んでいます。それはかまいません。そのとおりなのですから。 14その、主でも先生でもあるわたしが足を洗ってあげたのですから、あなたがたも互いに足を洗い合いなさい。 15わたしは模範を示したのです。わたしがしたとおりに、あなたがたもしなさい。 16使用人はその主人にまさらず、遣わした人より使者のほうがまさるということもありません。 17このことがわかったら、すぐ実行しなさい。そうすれば祝福されるのです。 18あなたがた全員にこう言っているのではありません。あなたがたを選んだのは、このわたしです。ですから、一人一人がどんな人間かよく知っています。聖書には、『わたしと食事を共にしている者が、わたしを裏切る』詩篇41・9とはっきり書いてあるでしょう。いいですか。まもなく、そのとおりのことが起こるのです。 19今そのことを話しておきましょう。その時になって、あなたがたがわたしを信じられるように。 20よく言っておきます。わたしが遣わす者を心から受け入れる人はだれでも、わたしを受け入れるのです。そして、わたしを心から受け入れることは、わたしをお遣わしになった父を受け入れることなのです。」

新しい戒め

21ここでイエスは、込み上げる霊の悲しみを抑え、言われました。「あなたがたに言います。あなたがたのうちの一人が、わたしを裏切ります。」 22弟子たちは、だれのことを言われたのか見当もつきません。困惑して顔を見合わせるばかりです。 23イエスに愛された弟子の私(筆者の使徒ヨハネ)は、食卓では先生の隣に座っていました。 24シモン・ペテロが私に、「そんな恐ろしいことをしでかすのは、いったいだれか聞いてくれ」と合図を送ってきました。 25そこで私は先生に、「主よ。だれがそんなことを?」と尋ねました。 26「わたしの手でスープに浸したパンを与える者がそうです。」こう言うと、イエスはパンを浸し、イスカリオテのシモンの子ユダに与えられたのです。 27ユダがそのパンを口に入れたその時、サタンがユダの心に入り込みました。そこでイエスはユダに、「さあ、急いで、することをしなさい」と言われました。 28食卓に着いているほかの者はみな、それが何のことやらわかりません。 29ユダが一行の会計係だったので、祭りに必要なものを買い求めるように言われたか、貧しい人々に施しをするように言われたのだろう、と思った者もいました。 30ユダはぱっと席を立つと、夜の闇に飛び出して行きました。

31ユダが姿を消すとすぐ、イエスが言われました。「時が来ました。神の栄光がわたしの回りに輝き渡るのも、時間の問題です。同時にまた、わたしの身に起こるすべてのことのゆえに、神も大いにほめたたえられるでしょう。 32神はわたしに、ご自分の栄光を与えてくださるのです。それも、すぐにです。 33心から愛してやまない子どもたちよ。ああ、もう時間がありません。あなたがたを残して行かなければならないのです……。その時には、いくらわたしを捜しても、わたしのところへ来ることはできません。ユダヤ人の指導者たちにも言っておいたとおりです。 34そこで今、新しい戒めを与えましょう。わたしがあなたがたを愛するように、互いに愛し合いなさい。 35互いに心から愛し合うなら、わたしの弟子であることをすべての人が認めるのです。」

36さっそく、シモン・ペテロが尋ねました。「主よ。いったいどこへいらっしゃるのですか?」「あなたは、今はついて来ることはできません。しかし、ずっとあとになってついて来ます。」 37ペテロは言いました。「でも、どうしてですか。どうして今はだめなのですか。あなたのためなら死ぬ覚悟もできています。」 38「わたしのために死ぬ、と言うのですか。いや違います。あなたは、明日の朝、鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言います。」