Chinese Contemporary Bible (Traditional)

歷代志下 3

建造聖殿

1所羅門在耶路撒冷的摩利亞山上動工興建耶和華的殿,殿址在耶布斯人阿珥楠的麥場,就是大衛指定的地方。耶和華曾在那裡向他父親大衛顯現。 所羅門在執政第四年二月二日動工建殿。 按照古時的尺度,他建造的上帝殿宇的地基長二十七米,寬九米。 殿前的門廊長九米,與殿的寬度一樣,高九米[a],裡面都貼上純金。 大殿裡鑲上松木板,貼上純金,又刻上棕樹和鏈子。 所羅門用寶石和巴瓦音的純金裝飾殿。 殿的棟樑、牆壁、門檻和門扇也都貼上金子;牆上還刻上基路伯天使。

所羅門又動工建造至聖所,長九米,寬九米,與殿的寬度一樣,裡面共貼了二十一噸純金。 所用的金釘重六百克。樓房也都貼上了金子。 10 他又在至聖所製造兩個基路伯天使的翅膀,包上金子。 11-13 兩個基路伯天使的翅膀共九米長,每個翅膀長二點二五米。兩個基路伯天使面向大殿站立,他們展開的翅膀共九米長,各有一個翅膀觸到殿牆,一個翅膀互相連接。 14 他用藍色、紫色和朱紅色的線以及細麻織成幔子,並在上面繡上基路伯天使。

15 所羅門在殿前造了兩根柱子,每根高八米,上面的柱冠高二點二五米。 16 他也造了鏈子[b],裝飾在柱冠上。他又造了一百個石榴,安在鏈子上。 17 這兩根柱子一左一右立在殿的入口處,他給右邊那根取名叫雅斤,給左邊那根取名叫波阿斯。

Notas al pie

  1. 3·4 高九米」希伯來文是「高五十四米」。
  2. 3·16 他也造了鏈子」希伯來文是「他在聖所內造了鏈子」。

Japanese Living Bible

歴代誌Ⅱ 3

神殿の建設

1ついに神殿の建設が始まりました。敷地はエルサレムのモリヤ山上で、ここは、かつて主がソロモンの父ダビデに姿を現したエブス人オルナンの打ち場があった所です。ダビデはかねて、そこを神殿の建設予定地にしていました。 工事が始まったのは、ソロモン王の治世第四年、第二の月の二日でした。

まず神殿の土台は、長さ六十キュビト(約二・六メートル)、幅二十キュビト(八・八メートル)。 屋根つきの玄関は、神殿の幅と同じ二十キュビトの長さで、内側の壁と天井には純金を張りつめました。屋根の高さは百二十キュビト(約五・三メートル)。 神殿の主要部は糸杉で覆い、純金を張りつめ、なつめやしの木と鎖を彫刻しました。 壁の内側はより美しさを増すために、宝石で飾りました。ここで用いた金はパルワイム産の最上のものです。 神殿内は、壁も、梁も、扉も、敷居も金を張りつめ、壁にはケルビム(天使を象徴する像)を刻みました。

神殿の奥に、二十キュビト四方の至聖所(神の箱を安置する部屋)がありました。ここにも、六百タラント(二十・四トン)の金を張りつめました。 五十シェケル(五百七十五グラム)の金の釘を使い、階上の部屋も金を張りました。

10 一番奥の至聖所に、王はケルビムを二つすえ、それにも金をかぶせました。 11-13 この像は床の上に立ち、顔を部屋の外に向け、一方の壁からもう一方の壁まで翼をいっぱいに広げていました。 14 王はまた、至聖所の入口に、ケルビムの縫い取り模様のある青と紅の亜麻布製の幕をかけました。

15 神殿の前には、二本の柱を立てました。それぞれ高さは三十五キュビト(十五・四メートル)で、さらにその上に、高さ五キュビト(二・二メートル)の柱頭がありました。 16 その頂に百個のざくろがついた鎖を取りつけました。 17 それから、この柱を神殿正面の右と左に立て、右側の柱をヤキン、左側の柱をボアズと名づけました。