Chinese Contemporary Bible (Traditional)

歷代志上 11

大衛做以色列人的王

1以色列人都聚集到希伯崙來見大衛,對他說:「我們是你的骨肉同胞。 從前,即使掃羅做王的時候,率領以色列人出征打仗的仍是你。你的上帝耶和華也曾應許讓你做祂以色列子民的牧者和首領。」 以色列的長老都到希伯崙見大衛王,大衛與他們在耶和華面前立約,他們膏立大衛做以色列的王,這應驗了耶和華藉撒母耳所說的話。 大衛和以色列眾人來到耶路撒冷,即耶布斯。那時耶布斯人住在那裡。 耶布斯人對大衛說:「你攻不進來。」可是,大衛攻取了錫安的堡壘,即後來的大衛城。 大衛說:「誰先攻打耶布斯人,誰就做元帥。」洗魯雅的兒子約押首先進攻,於是就做了元帥。 大衛佔據了堡壘,因此那堡壘就叫大衛城。 大衛又從米羅開始,在四圍修建城牆,其餘的部分由約押修建。 大衛日漸強盛,因為萬軍之耶和華與他同在。

大衛的勇士

10 以下是大衛手下眾勇士的統領,他們和以色列百姓竭力擁護大衛做王,正如耶和華對以色列的應許。 11 大衛的勇士有哈革摩尼人雅朔班,他是三勇士之首,曾在一次交戰中揮矛刺死了三百人。 12 其次是亞合人朵多的兒子以利亞撒,他是三勇士之一。 13 他曾在巴斯·達閔與大衛一起抵抗非利士人。那裡有一塊大麥田,以色列人戰敗逃跑, 14 他們卻堅守陣地,奮勇殺敵。耶和華使以色列人大獲全勝。 15 一次,三十位勇士中有三位到亞杜蘭洞附近的磐石那裡見大衛,當時非利士的軍隊駐紮在利乏音谷。 16 那時大衛留守在堡壘裡,非利士人的駐軍在伯利恆。 17 大衛渴了,說:「真想有人打一些伯利恆城門旁的井水給我喝!」 18 那三位勇士就衝過非利士人的營地,到伯利恆城門旁的井打水,帶回來給大衛。大衛卻不肯喝,他把水澆奠在耶和華面前, 19 說:「我的上帝啊!這三人冒死去打水,這些水就像是他們的血,我決不能喝。」因此,大衛不肯喝。這是三勇士的事蹟。

20 約押的兄弟亞比篩是這三個勇士的統領,他曾揮矛刺死三百人,在三勇士中出了名, 21 最有聲望,因此做了他們的統領,只是不及前三位勇士。

22 甲薛人耶何耶大的兒子比拿雅是位勇士,做過非凡的事。他曾殺死摩押的兩個勇猛戰士,也曾在下雪天跳進坑中殺死一頭獅子, 23 還曾殺死一個兩米多高的埃及巨人。當時埃及人拿著織布機軸般粗的長矛,比拿雅只拿著棍子迎戰,他奪了對方的長矛,用那矛刺死了對方。 24 這是耶何耶大的兒子比拿雅的事蹟,他在這三個勇士中出了名, 25 比那三十個勇士更有聲望,只是不及前三位勇士。大衛派他做護衛長。

26 其他勇士有約押的兄弟亞撒黑、伯利恆人朵多的兒子伊勒哈難、 27 哈律人沙瑪、比倫人希利斯、 28 提哥亞人益吉的兒子以拉、亞拿突人亞比以謝、 29 戶沙人西比該、亞合人以萊、 30 尼陀法人瑪哈萊、尼陀法人巴拿的兒子希立、 31 便雅憫支派基比亞人利拜的兒子以太、比拉頓人比拿雅、 32 迦實溪人戶萊、亞拉巴人亞比、 33 巴路米人押斯瑪弗、沙本人以利雅哈巴、 34 基孫人哈深的眾子、哈拉人沙基的兒子約拿單、 35 哈拉人沙甲的兒子亞希暗、吾珥的兒子以利法勒、 36 米基拉人希弗、比倫人亞希雅、 37 迦密人希斯羅、伊斯拜的兒子拿萊、 38 拿單的兄弟約珥、哈基利的兒子彌伯哈、 39 亞捫人洗勒、為洗魯雅的兒子約押拿兵器的比錄人拿哈萊、 40 以帖人以拉、以帖人迦立、 41 赫人烏利亞、亞萊的兒子撒拔、 42 示撒的兒子亞第拿——呂便支派中率領三十人的首領、 43 瑪迦的兒子哈難、彌特尼人約沙法、 44 亞施他拉人烏西亞、亞羅珥人何坦的兒子沙瑪和耶利、 45 提洗人申利的兒子耶疊和他的兄弟約哈、 46 瑪哈未人以利業、伊利拿安的兒子耶利拜和約沙未雅、摩押人伊特瑪、 47 以利業、俄備得和米瑣巴人雅西業。

Japanese Living Bible

歴代誌Ⅰ 11

イスラエルの王となったダビデ

1イスラエルの長老、指導者たちはヘブロンにいるダビデのところへ行き、こう申し出ました。「私たちはあなたの身内です。 サウルが王であった時でも、私たちを率いて戦場に行き、安全に連れ戻してくださったのは、あなたでした。主はあなたに、『あなたがわたしの民イスラエルの牧者となり、王となる』と仰せになったではありませんか。」

ダビデは主の前で、彼らと契約を結びました。彼らは、主がサムエルに告げたとおり、ダビデに油を注いでイスラエルの王としたのです。 ダビデとイスラエルの指導者たちは、エブスとも呼ばれていたエルサレムへ行きました。そこには、その地の住民エブス人が住んでいました。 5-6 エブス人は彼らが町に入ることを断ったので、ダビデは、のちにダビデの町と呼ばれるようになったシオンの要塞を占領しました。その時、ダビデはイスラエルの指導者に、「真っ先にエブス人を殺した者をかしらとしよう」と約束しました。ツェルヤの子ヨアブが真っ先にエブス人を殺し、ダビデの軍隊の将軍になりました。 以来、ダビデはこの要塞に住んだので、エルサレムのこの一角が、ダビデの町と呼ばれたのです。 ダビデは要塞の周辺まで町を広げましたが、町の残りの部分を再建したのはヨアブでした。 主が共におられたので、ダビデの名声はいよいよ高まり、勢力を増していきました。

ダビデの勇士たち

10 ダビデの勇士の中で最も勇敢であった人々は次のとおりです。彼らは、主のことばどおり、イスラエルの指導者たちを助けて、ダビデをイスラエルの王とした人たちです。

11 まず、ハクモニ人の子ヤショブアムは三勇士の筆頭でした。彼は、一度に槍で三百人を殺したことがありました。

12 三勇士の第二は、アホアハ氏族に属するドドの子エルアザルです。 13 彼はペリシテ人と戦った時、王とともにパス・ダミムにいました。大麦畑に隠れていたイスラエル軍が逃げ始めた時、 14 彼は最後まで踏みとどまり、味方を立ち直らせてペリシテ人を倒しました。そして主が、イスラエルに大勝利をもたらしてくださったのです。

15 ある時、三十人の勇士のうちのこの三人が、アドラムのほら穴に身をひそめていたダビデのもとに来ました。ペリシテ人はレファイムの谷に陣を張っていました。 16 その時、ダビデは要塞におり、ペリシテ人の前哨部隊はベツレヘムを支配していました。 17 ダビデがベツレヘムの城門のそばにある井戸の水を飲みたいと家来にもらした時、 18-19 この三人はペリシテ人の陣営を突破してその井戸から水をくみ、ダビデのところへ持ち帰ったのです。ところがダビデは、その水を飲もうとしないばかりか、それを神へのささげ物として注ぎかけ、言いました。「これを飲むことは許されない。いのちをかけて運んで来た、三人の勇士の血に等しいものだ。」

20 ヨアブの兄弟アブシャイは、三十人の勇士の指揮官でした。彼は一度に槍で三百人を殺し、三十人の仲間に加えられました。 21 アブシャイは彼らの中心で名高い人物でしたが、三勇士には及びませんでした。

22 カブツェエル出身の偉大な勇士を父に持つベナヤは、名うてのモアブの巨人二人を殺しました。また、ある雪の日に、すべりやすいほら穴に降りて行って、ライオンをしとめました。 23 またある時は、機織棒のように太い槍を持った、身長二・二メートルもあるエジプト人を打ち倒しました。その時、彼はたった一本の杖を手に相手に近づき、エジプト人から槍をもぎ取って、それで刺し殺したのです。 24-25 ベナヤはあの三勇士と同じくらい名が知れ、三十人の勇士の中でも特に高い評判を得ていたので、ダビデは彼を護衛長にしました。

26-47 ダビデの家来で、そのほか名高い勇士は次のとおり。ヨアブの兄弟のアサエル。ベツレヘム出身のドドの子エルハナン。ハロリ出身のシャモテ。ペロニ出身のヘレツ。テコア出身のイケシュの子のイラ。アナトテ出身のアビエゼル。フシャ出身のシベカイ。アホアハ出身のイライ。ネトファ出身のマフライ。ネトファ出身のバアナの子ヘレデ。ギブア出身のベニヤミン族で、リバイの子のイタイ。ピルアトン出身のベナヤ。ガアシュの谷近くの出身のフライ。アラバ出身のアビエル。バハルム出身のアズマベテ。シャアルビム出身のエルヤフバ。ギゾ出身のハシェムの子たち。ハラル出身のシャゲの子ヨナタン。ハラル出身のサカルの子アヒアム。ウルの子エリファル。メケラ出身のヘフェル。ペロニ出身のアヒヤ。カルメル出身のヘツロ。エズバイの子ナアライ。ナタンの兄弟ヨエル。ハグリの子ミブハル。アモン出身のツェレク。ヨアブ将軍のよろい持ちで、ベロテ出身のナフライ。エテル出身のイラ。エテル出身のガレブ。ヘテ人ウリヤ。アフライの子ザバデ。ルベン族の指導者三十一人に加わっていた、シザの子アディナ。マアカの子ハナン。ミテニ出身のヨシャパテ。アシュタロテ出身のウジヤ。ホタムの子で、アロエル出身のシャマとエイエル。シムリの子エディアエル。エディアエルの兄弟でティツ出身のヨハ。マハビム出身のエリエル。エルナアムの子エリバイとヨシャブヤ。モアブ出身のイテマ。エリエル。オベデ。メツォバヤ出身のヤアシエル。