Chinese Contemporary Bible (Simplified)

约伯记 30

哀叹今日的痛苦

1“但如今,比我年少的人竟嘲笑我,
他们的父亲曾被我鄙视,
连我的牧羊犬都不如。
他们精力衰竭,
对我有何益处?
他们贫穷饥饿,瘦弱不堪,
夜间在干旱荒凉之地啃食。
他们在草丛中拔咸草充饥,
以罗腾树根为食。
他们被赶离人群,
像贼一样被喝斥。
他们只好住在荒谷,
在地洞和岩穴栖身;
在杂草间嚎叫如兽,
在树丛中蜷缩一团。
他们是愚昧无名之辈,
被人用鞭子赶出境外。

“如今,他们竟唱歌讽刺我,
我成了他们的笑柄。
10 他们厌恶我,不愿靠近我,
任意朝我脸上吐唾沫。
11 因为上帝苦待我,使我毫无力量,
他们才在我面前肆无忌惮。
12 这些无赖从右边攻击我,
迫使我逃亡,
他们展开攻势要毁灭我。
13 他们截断我的路,
想方设法害我,无人相助。
14 他们冲破防线,
从废墟中向我袭来。
15 恐惧笼罩着我,
我的尊荣随风而去,
我的荣华如云消散。

16 “如今我的生命将尽,
痛苦的日子抓住我。
17 夜间我的骨头刺痛,
如被啃噬,无休无止。
18 上帝猛力抓住我的衣服,
紧紧地揪住我的衣领。
19 祂把我扔进淤泥,
使我如尘埃灰烬。

20 “上帝啊!我向你呼求,你不回应;
我站起来,你也不理睬。
21 你变得对我残酷无情,
用你大能的手迫害我,
22 把我提到风中,让我被风吹走,
被暴风抛来抛去。
23 我知道你要带我去死亡之地,
那是你为众生所定的归宿。

24 “诚然,不幸的人在困境中呼救,
无人会伸手加害他。
25 难道我不曾为受苦的人哭泣,
我的心不曾为穷困者悲伤吗?
26 我盼望幸福,来的却是灾祸;
我期待光明,来的却是黑暗。
27 我心里一直烦乱不安,
苦难的日子迎面袭来。
28 我皮肤发黑,不是因为日晒,
我在会众中站起来呼救。
29 我成了豺狼的兄弟,
驼鸟的伙伴。
30 我的皮肤发黑、脱落,
我的骨头如被烤焦。
31 我的琴唱出哀乐,
我的箫奏出悲鸣。

Japanese Living Bible

ヨブ 記 30

1ところが、今はどうだ。
私より若い者たちが、私をさげすむ。
彼らの父親は、私の家の番犬にも劣るというのに。
彼らには力がある。
だが彼らは役立たずで、愚かな者にすぎない。
彼らはききんで骨と皮になり、
荒れ果てた不毛の地や砂漠に放り出される。
4-5 食べる物といえば木の根や葉ばかりしかない、
人里離れた所へ追いやられる。
どろぼうを追うように、
人々は彼らの背後から叫ぶ。
足のすくむような谷の斜面、洞窟、岩場が
彼らの住みかとなる。
やぶの中で獣のようにうめき、雨露をしのぐために、
いら草の下に群がって体をすり寄せる。
この愚かで役立たずの者たちは、
世間から爪はじきにされた者たちの子だ。
それなのに私は今、彼らの下品な歌でばかにされ、
笑い者になっている。
10 彼らは私をさげすんで近寄らず、
私の顔につばを吐きかける。
11 神が私のいのちを危険にさらしたからだ。
若い者は、私に恥をかかせるだけでは足りず、
今度はしたいほうだいのことを始めた。
12 私の足を引っかけて転ばせ、通り道に罠をしかける。
13 私の進む道をふさぎ、
助ける者がだれもいないことを知ったうえで、
早く死ねとばかりに攻め立てる。
14 四方八方から襲いかかり、倒れた私を踏みつける。
15 私は今、恐ろしくてしかたがない。
こんな者たちにまで軽蔑され、あれほどの繁栄も、
強風に吹き払われる雲のように消えたのだ。
16 これが嘆かずにおられようか。
昼は昼で気分が滅入り、
17 夜になればなったで、何もかもが物憂く、
骨がけずり取られるような痛みが
絶え間なく襲ってくる。
18 夜通し寝返りをうつと、
着物がからまって身動きがとれなくなる。
19 神は私を泥の中に投げ込んだので、
私はちりや灰のようになってしまった。

20 ああ神よ、私がどんなに叫んでも、
あなたはお答えになりません。
あなたの前に立っても、
あなたは顔をそむけたままです。
21 あなたは残酷にも、本気で力まかせに私を責めます。
22 私をつむじ風に乗せ、
嵐の中で五体をばらばらにします。
23 私を殺すつもりだということがわかります。
24 倒れた者が手を伸ばし、
災難に会った者が助けを呼び求めるように、
私は、この責苦から解放してくださいと願いました。

25 私は、困っている人のために涙を流した。
貧しい人を見て、心から同情した。
26 だから当然、祝福がくるものと思っていた。
ところが、やってきたのは災いだった。
光を望んだのに、暗闇がきた。
27 私の心は騒ぎ、休みなくいらだつ。
28-29 悲しみのあまり太陽さえも見えない。
私は立ち上がり、人々に助けを呼び求めるが、
何を言っても無駄だ。
私は山犬の兄弟とみなされ、
だちょうの仲間と思われているのだから。
30 病気のために皮膚は黒ずみ、むけ落ちた。
高熱のために骨は焼けるように痛む。
31 喜びと楽しみの歌は、もはや嘆きの声となった。