Chinese Contemporary Bible (Simplified)

但以理书 1

但以理被掳到巴比伦

1犹大王约雅敬执政第三年,巴比伦王尼布甲尼撒前来围攻耶路撒冷。 主将犹大王约雅敬及上帝殿中的部分器具交在他手中。他把器具掳到巴比伦[a]的神庙,放在他神明的库房里。

王吩咐太监长亚施毗拿从以色列的王室贵族中选一些人, 即毫无残疾、相貌英俊、学问渊博、知识丰富、聪慧善学、能在王宫服侍的青年,教他们迦勒底的语言和文字。 王安排他们每日享用一份御用的膳食和酒。他们要受教养三年,期满后好在王身边供职。 被选的人中有犹大族的但以理、哈拿尼雅、米沙利、亚撒利雅。 太监长给他们起了名字:称但以理为伯提沙撒,哈拿尼雅为沙得拉,米沙利为米煞,亚撒利雅为亚伯尼歌。

然而,但以理决心不用王的膳食和酒,以免玷污自己。他请求太监长准许他不玷污自己。 上帝使但以理得到太监长的恩待和同情。 10 不过,太监长对但以理说:“我惧怕我主我王,因为这是他安排给你们的饮食。如果他看见你们比同龄的青年瘦弱,如何是好?你们会使我在王面前人头难保。” 11 但以理便对太监长派来监管他、哈拿尼雅、米沙利和亚撒利雅的人说: 12 “求你试试看,十天内只让仆人们吃素菜、喝清水, 13 然后比较一下我们的面貌和那些用御膳的青年的面貌,看了之后再作决定。” 14 监管同意试他们十天。 15 十天后,但以理和他三个朋友看上去比那些用御膳的青年更俊美健康。 16 于是,监管撤去了安排给他们的膳食和酒,只给他们素菜。

17 上帝使这四个青年精通各样学问和知识。但以理能明白各种异象和梦兆。 18 到了尼布甲尼撒王规定青年们进宫的日子,太监长便带他们去见王。 19 王与他们谈话,发现无人比得上但以理、哈拿尼雅、米沙利和亚撒利雅,便把他们留在身边供职。 20 王询问他们各样的事,发现他们的智慧和聪明比全国的术士和巫师高十倍。 21 直到塞鲁士王元年,但以理仍在那里供职。

Notas al pie

  1. 1:2 巴比伦”希伯来文是“示拿”,巴比伦的别称。

Japanese Living Bible

ダニエル書 1

ダニエル、バビロンで訓練を受ける

11-2 エホヤキム王がユダを治めるようになって三年後、バビロンの王ネブカデネザルが大軍を率いてエルサレムに攻めて来ました。主は、ネブカデネザル王に勝利を与えました。バビロンへ帰る時、王は、神殿から聖なる器具を持ち出し、シヌアルにある自分の神の宝物倉に納めました。 3-4 その後、ネブカデネザル王は、宮殿の人事担当者アシュペナズにこう命じました。「捕囚として連れて来たユダヤ人の中から、ユダの王族か貴族出身の若者を数人選び、われわれカルデヤ人のことばと文学を教えよ。いろいろの分野の知識に通じ、知恵にすぐれ、鋭敏なうえに良識を備え、宮廷に仕えるにふさわしく、身体剛健で容姿端麗な若者を選ぶのだ。」 王はこの若者たちに、三年間の訓練期間中、王が食べるのと同じ最上の食物とぶどう酒を与えました。訓練ののちにこの若者たちを、王の参議官に取り立てる計画だったのです。 こうして選ばれた若者の中に、ダニエル、ハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤの四人がいました。四人ともユダ部族の出身でした。 ところで、彼らの監督官は、それぞれにバビロニヤ名をつけました。それで、ダニエルはベルテシャツァル、ハナヌヤはシャデラク、ミシャエルはメシャク、アザルヤはアベデ・ネゴと呼ばれました。

しかしダニエルは、王の支給する食物(ユダヤの法律で食べることが禁止されていた豚肉などが含まれていたと思われる)もぶどう酒も断じて口にしないと決心し、ほかの食事をとることができるよう、監督官に許可を願い出ました。 実は神は、この監督官に、ダニエルを特別に思いやる心を与えていました。 10 それでも監督官は、ダニエルの申し出に不安を覚え、こう言いました。「ほかの同じ年頃の若者と比べて、あなたがたの顔が青白く、やせ細ってしまったら、職務怠慢のかどで、私は王に首をはねられるだろう。」 11 そこでダニエルは、監督官が彼ら四人につけてくれた世話役と、このことについて話し合い、 12 ともかく十日間、野菜と水だけの食事で試してほしいと頼みました。 13 その期間が終わった段階で、王のごちそうを食べた者たちと比較し、野菜と水だけの食事を続けるかどうかを決めてはどうかと提案したのです。 14 世話役は、ついにこれを試してみることに同意しました。 15 そして、十日が過ぎました。ダニエルとその三人の友人は、王のごちそうを食べた若者たちよりも健康そうで、栄養がいきわたっているように見えます。 16 そこで世話役はそれからも、ごちそうやぶどう酒抜きの、野菜と水だけの食事をダニエルたちに与えました。

17 神はこの四人の若者に、すぐれた学習能力を与えました。それで四人はすぐに、当時の文学や科学を修得したのです。また、神はダニエルに、夢や幻の意味を知る特別の能力を与えました。 18-19 三年にわたる訓練期間が終わると監督官は、前もって命じられていたように、口頭試問を受けさせるため、若者たちを王の前に連れて来ました。王は一人一人と時間をかけて話しました。その時、ダニエル、ハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤの四人は群を抜いて、王に感銘を与えたのです。そこで、この四人が王に仕える常任補佐官に取り立てられました。 20 知識やバランスのとれた判断を必要とする全分野で、この若者たちの意見は、国中のどの熟練した呪法師や知恵のある占星学者の意見よりも、十倍もまさっていることに王は気づきました。 21 ダニエルは、クロス王の治世の第一年まで、王の参議官の地位にありました。