Священное Писание (Восточный перевод), версия для Таджикистана

2 Цар 11

Довуд и Вирсавия

1Весной, когда цари идут на войну, Довуд послал Иоава со своими приближёнными и всем исроильским войском, и они нанесли поражение аммонитянам и осадили их главный город Раббу. Довуд же оставался в Иерусалиме.

Однажды вечером, поднявшись с постели, Довуд прогуливался по крыше своего дворца. С крыши он увидел купающуюся женщину. Женщина была очень красива, и Довуд послал разузнать о ней.

Посланный сказал:

– Это Вирсавия, дочь Элиама и жена хетта Урии.

Тогда Довуд послал людей, чтобы привести её. Она пришла к нему, и он лёг с ней. (Она только что очистилась от своей ежемесячной нечистоты.) Затем она вернулась домой.[a]

Эта женщина забеременела и послала сказать Довуду:

– Я беременна.

Тогда Довуд отправил Иоаву приказ:

– Пришли ко мне хетта Урию.

И Иоав послал его к Довуду. Когда Урия пришёл к нему, Довуд расспросил его об Иоаве, о воинах и о ходе войны. Затем Довуд сказал Урии:

– Ступай домой и отдохни.

И Урия вышел из царского дворца, а вслед за ним понесли царский подарок. Но Урия лёг спать у входа во дворец со всеми слугами своего господина и не пошёл к себе домой. 10 Когда Довуду сказали: «Урия не пошёл домой», он спросил его:

– Разве ты не после дороги? Почему ты не пошёл домой?

11 Урия ответил:

– Сундук соглашения, Исроил и Иудея находятся в шатрах, и мой господин Иоав, и все люди моего господина находятся в открытом поле. Как же я могу пойти домой, чтобы есть, пить и спать со своей женой? Верно, как и то, что ты жив, – я не сделаю подобного!

12 Тогда Довуд сказал ему:

– Оставайся здесь и сегодня, а завтра я отправлю тебя обратно.

И Урия оставался в Иерусалиме в тот день и на следующий день. 13 По приглашению Довуда он ел и пил с ним, и Довуд напоил его допьяна. Но вечером Урия вышел, чтобы лечь спать на своей циновке, со слугами своего господина. Он не пошёл домой.

14 Поутру Довуд написал Иоаву письмо и отправил его с Урией. 15 В письме было сказано: «Поставьте Урию там, где будет самое яростное сражение, и отступите от него, чтобы он погиб». 16 И когда Иоав осаждал город, он поставил Урию там, где, как он знал, были самые сильные защитники. 17 Когда горожане вышли из города и сразились с Иоавом, некоторые воины из войска Довуда пали, и хетт Урия тоже был убит.

18 Иоав послал Довуду подробные известия о битве. 19 Он научил вестника:

– Когда ты закончишь рассказывать царю эти известия о битве, 20 царь может разгневаться и спросить тебя: «Зачем вы так близко подходили к городу сражаться? Разве вы не знали, что они станут стрелять со стены стрелами? 21 Кто убил Абималика, сына Гедеона[b]? Разве не женщина бросила в него со стены обломок жёрнова, и он умер в Тевеце?[c] Зачем вы так близко подходили к стене?» Если спросит у тебя это, скажи ему: «А ещё твой раб хетт Урия погиб».

22 Вестник пустился в путь и, когда прибыл, передал Довуду всё, с чем послал его Иоав. 23 Вестник сказал Довуду:

– Те люди наступали на нас, и вышли против нас в открытое поле, но мы отогнали их обратно к городским воротам. 24 Лучники стреляли в твоих рабов со стены, и некоторые из царских слуг погибли. Твой раб хетт Урия тоже погиб.

25 Довуд сказал вестнику:

– Скажи Иоаву так: «Пусть это тебя не огорчает, меч поражает то одного, то другого. Соберись с силами против города и разрушь его». Скажи так, чтобы ободрить Иоава.

26 Когда жена Урии услышала, что её муж погиб, она оплакивала его. 27 После того как время траура миновало, Довуд привёл её в свой дом, она стала его женой и родила ему сына. Но то, что сделал Довуд, не было угодно Вечному.

Notas al pie

  1. 2 Цар 11:4 Или: «Затем она очистилась от своей нечистоты и вернулась домой». Нечистота – см. Лев. 15:18-30.
  2. 2 Цар 11:21 Букв.: «Иеруб-Бешета» – вариант имени Иеруб-Баал, второго имени Гедеона (см. Суд. 6:32).
  3. 2 Цар 11:21 См. Суд. 9:50-54.

Chinese Union Version (Simplified)

撒 母 耳 記 下 11

1过 了 一 年 , 到 列 王 出 战 的 时 候 , 大 卫 又 差 派 约 押 , 率 领 臣 仆 和 以 色 列 众 人 出 战 。 他 们 就 打 败 亚 扪 人 , 围 攻 拉 巴 。 大 卫 仍 住 在 耶 路 撒 冷 。

一 日 , 太 阳 平 西 , 大 卫 从 床 上 起 来 , 在 王 宫 的 平 顶 上 游 行 , 看 见 一 个 妇 人 沐 浴 , 容 貌 甚 美 ,

大 卫 就 差 人 打 听 那 妇 人 是 谁 。 有 人 说 : 他 是 以 连 的 女 儿 , 赫 人 乌 利 亚 的 妻 拔 示 巴 。

大 卫 差 人 去 , 将 妇 人 接 来 ; 那 时 他 的 月 经 才 得 洁 净 。 他 来 了 , 大 卫 与 他 同 房 , 他 就 回 家 去 了 。

於 是 他 怀 了 孕 , 打 发 人 去 告 诉 大 卫 说 : 我 怀 了 孕 。

大 卫 差 人 到 约 押 那 里 , 说 : 你 打 发 赫 人 乌 利 亚 到 我 这 里 来 。 约 押 就 打 发 乌 利 亚 去 见 大 卫 。

乌 利 亚 来 了 , 大 卫 问 约 押 好 , 也 问 兵 好 , 又 问 争 战 的 事 怎 样 。

大 卫 对 乌 利 亚 说 : 你 回 家 去 , 洗 洗 脚 罢 ! 乌 利 亚 出 了 王 宫 , 随 後 王 送 他 一 分 食 物 。

乌 利 亚 却 和 他 主 人 的 仆 人 一 同 睡 在 宫 门 外 , 没 有 回 家 去 。

10 有 人 告 诉 大 卫 说 : 乌 利 亚 没 有 回 家 去 。 大 卫 就 问 乌 利 亚 说 : 你 从 远 路 上 来 , 为 甚 麽 不 回 家 去 呢 ?

11 乌 利 亚 对 大 卫 说 : 约 柜 和 以 色 列 与 犹 大 兵 都 住 在 棚 里 , 我 主 约 押 和 我 主 ( 或 译 : 王 ) 的 仆 人 都 在 田 野 安 营 , 我 岂 可 回 家 吃 喝 、 与 妻 子 同 寝 呢 ? 我 敢 在 王 面 前 起 誓 ( 原 文 是 我 指 着 王 和 王 的 性 命 起 誓 ) : 我 决 不 行 这 事 !

12 大 卫 吩 咐 乌 利 亚 说 : 你 今 日 仍 住 在 这 里 , 明 日 我 打 发 你 去 。 於 是 乌 利 亚 那 日 和 次 日 住 在 耶 路 撒 冷 。

13 大 卫 召 了 乌 利 亚 来 , 叫 他 在 自 己 面 前 吃 喝 , 使 他 喝 醉 。 到 了 晚 上 , 乌 利 亚 出 去 与 他 主 的 仆 人 一 同 住 宿 , 还 没 有 回 到 家 里 去 。

14 次 日 早 晨 , 大 卫 写 信 与 约 押 , 交 乌 利 亚 随 手 带 去 。

15 信 内 写 着 说 : 要 派 乌 利 亚 前 进 , 到 阵 势 极 险 之 处 , 你 们 便 退 後 , 使 他 被 杀 。

16 约 押 围 城 的 时 候 , 知 道 敌 人 那 里 有 勇 士 , 便 将 乌 利 亚 派 在 那 里 。

17 城 里 的 人 出 来 和 约 押 打 仗 ; 大 卫 的 仆 人 中 有 几 个 被 杀 的 , 赫 人 乌 利 亚 也 死 了 。

18 於 是 , 约 押 差 人 去 将 争 战 的 一 切 事 告 诉 大 卫 ,

19 又 嘱 咐 使 者 说 : 你 把 争 战 的 一 切 事 对 王 说 完 了 ,

20 王 若 发 怒 , 问 你 说 : 你 们 打 仗 为 甚 麽 挨 近 城 墙 呢 ? 岂 不 知 敌 人 必 从 城 上 射 箭 麽 ?

21 从 前 打 死 耶 路 比 设 ( 就 是 耶 路 巴 力 , 见 士 师 记 九 章 一 节 ) 儿 子 亚 比 米 勒 的 是 谁 呢 ? 岂 不 是 一 个 妇 人 从 城 上 抛 下 一 块 上 磨 石 来 , 打 在 他 身 上 , 他 就 死 在 提 备 斯 麽 ? 你 们 为 甚 麽 挨 近 城 墙 呢 ? 你 就 说 : 王 的 仆 人 ─ 赫 人 乌 利 亚 也 死 了 。

22 使 者 起 身 , 来 见 大 卫 , 照 着 约 押 所 吩 咐 他 的 话 奏 告 大 卫 。

23 使 者 对 大 卫 说 : 敌 人 强 过 我 们 , 出 到 郊 野 与 我 们 打 仗 , 我 们 追 杀 他 们 , 直 到 城 门 口 。

24 射 箭 的 从 城 上 射 王 的 仆 人 , 射 死 几 个 , 赫 人 乌 利 亚 也 死 了 。

25 王 向 使 者 说 : 你 告 诉 约 押 说 : 不 要 因 这 事 愁 闷 , 刀 剑 或 吞 灭 这 人 或 吞 灭 那 人 , 没 有 一 定 的 ; 你 只 管 竭 力 攻 城 , 将 城 倾 覆 。 可 以 用 这 话 勉 励 约 押 。

26 乌 利 亚 的 妻 听 见 丈 夫 乌 利 亚 死 了 , 就 为 他 哀 哭 。

27 哀 哭 的 日 子 过 了 , 大 卫 差 人 将 他 接 到 宫 里 , 他 就 作 了 大 卫 的 妻 , 给 大 卫 生 了 一 个 儿 子 。 但 大 卫 所 行 的 这 事 , 耶 和 华 甚 不 喜 悦 。