Священное Писание (Восточный перевод), версия для Таджикистана

Заб 68

Песнь 68

Дирижёру хора. На мотив «Лилии». Песнь Довуда.

Спаси меня, Всевышний,
    потому что воды поднялись до шеи моей!
Я погряз в глубоком иле, и нет опоры;
    вошёл в глубокие воды, и потоком накрыло меня.
Устал я, взывая о помощи;
    иссушено моё горло.
Я выплакал глаза свои
    в ожидании моего Бога.
Ненавидящих меня без всякой причины
    стало больше, чем волос на моей голове.
Умножились враги мои,
    несправедливо меня преследующие.
То, чего не отнимал,
    я должен отдать.

Всевышний, Ты знаешь глупость мою,
    и грехи мои от Тебя не сокрыты.

Да не смущу я тех, кто надеется на Тебя,
    Владыка Вечный, Повелитель Сил.
Пусть не будут опозорены из-за меня те,
    кто ищет Тебя, Бог Исроила.
Ведь ради Тебя сношу я упрёки,
    и позор покрыл моё лицо.
Изгоем я стал для братьев моих,
    чужим для сыновей матери моей,
10 потому что ревность о доме Твоём снедает меня,
    и оскорбления тех, кто злословит Тебя, пали на меня.
11 Когда я плакал и постился,
    это ставили мне в упрёк.
12 Когда я одевался в рубище,
    я был посмешищем для них.
13 Беседуют обо мне старейшины, сидящие у ворот[a],
    и поют обо мне пьяницы.

14 А я молюсь Тебе, Вечный,
    во время Твоего благоволения.
По Своей великой милости ответь мне, Всевышний,
    и в верности Твоей спаси меня.
15 Вытащи меня из тины
    и не дай погрязнуть мне!
Дай избавиться от ненавистников моих,
    от вод глубоких!
16 Да не накроет меня потоком вод,
    и да не поглотит меня глубина,
    и да не сомкнёт надо мной яма пасть свою.
17 Ответь мне, Вечный, потому что благостна милость Твоя;
    по Своей великой милости посмотри на меня.
18 Не скрывай Своего лица от раба Твоего,
    ведь я в беде.
    Поспеши, ответь мне!
19 Приблизься и избавь меня,
    от моих врагов спаси!

20 Ты знаешь, как меня презирают,
    как бесчестят и позорят меня;
    все враги мои пред Тобой.
21 Поругание разбило моё сердце, и я сокрушён.
    Рассчитывал на сострадание, но нет его,
    на утешителей, но не нашёл их.
22 Дали мне в пищу желчь;
    при жажде моей уксусом меня напоили.[b]

23 Пусть их праздничные застолья станут для них ловушкой,
    а священные праздники – западнёй[c].
24 Пусть их глаза померкнут, чтобы они не видели,
    и пусть их спины согнутся навсегда.
25 Пролей на них Своё негодование,
    и пусть пылающий гнев Твой настигнет их.
26 Пусть их жилище будет в запустении;
    пусть никто в шатрах их больше не живёт,
27 потому что они преследуют тех, кого Ты и без того поразил,
    и говорят о страданиях поверженных Тобою.
28 Прибавь грех этот к грехам их,
    и оправдания пусть не найдут они.
29 Пусть будут вычеркнуты они из книги жизни
    и да не будут записаны там вместе с праведниками.

30 Я же угнетён и страдаю.
    Спасение Твоё, Всевышний, пусть возвысит меня!

31 Буду славить имя Всевышнего в песне,
    буду превозносить Его с благодарностью.
32 Это будет приятней Вечному, нежели вол,
    приятнее, чем молодой бык с рогами и копытами.
33 Когда увидят угнетённые, обрадуются.
    Ищущие Всевышнего, пусть оживут ваши сердца!
34 Вечный слышит нуждающихся
    и узниками Своими не пренебрегает.

35 Да восхвалят Его небеса и земля,
    моря и всё, что живёт в них,
36 потому что Всевышний освободит Иерусалим[d]
    и восстановит города Иудеи.
Его народ будет жить там и владеть ими,
37     потомки Его рабов унаследуют их,
    и любящие Его имя будут проживать в них.

Notas al pie

  1. Заб 68:13 Ворота города были центром всей общественной жизни, около них проходили и судебные разбирательства.
  2. Заб 68:22 См. Мат. 27:34, 48; Мк. 15:36; Лк. 23:36; Ин. 19:29.
  3. Заб 68:23 Или: «ловушкой, возмездием и западнёй».
  4. Заб 68:36 Букв.: «Сион».

Chinese Union Version (Simplified)

詩 篇 68

1( 大 卫 的 诗 歌 , 交 与 伶 长 。 ) 愿 神 兴 起 , 使 他 的 仇 敌 四 散 , 叫 那 恨 他 的 人 从 他 面 前 逃 跑 。

他 们 被 驱 逐 , 如 烟 被 风 吹 散 ; 恶 人 见 神 之 面 而 消 灭 , 如 蜡 被 火 ? 化 。

惟 有 义 人 必 然 欢 喜 , 在 神 面 前 高 兴 快 乐 。

你 们 当 向 神 唱 诗 , 歌 颂 他 的 名 ; 为 那 坐 车 行 过 旷 野 的 修 平 大 路 。 他 的 名 是 耶 和 华 , 要 在 他 面 前 欢 乐 !

神 在 他 的 圣 所 作 孤 儿 的 父 , 作 寡 妇 的 伸 冤 者 。

神 叫 孤 独 的 有 家 , 使 被 囚 的 出 来 享 福 ; 惟 有 悖 逆 的 住 在 乾 燥 之 地 。

神 啊 , 你 曾 在 你 百 姓 前 头 出 来 , 在 旷 野 行 走 。 ( 细 拉 )

那 时 , 地 见 神 的 面 而 震 动 , 天 也 落 雨 ; 西 乃 山 见 以 色 列 神 的 面 也 震 动 。

神 啊 , 你 降 下 大 雨 ; 你 产 业 以 色 列 疲 乏 的 时 候 , 你 使 他 坚 固 。

10 你 的 会 众 住 在 其 中 ; 神 啊 , 你 的 恩 惠 是 为 困 苦 人 预 备 的 。

11 主 发 命 令 , 传 好 信 息 的 妇 女 成 了 大 群 。

12 统 兵 的 君 王 逃 跑 了 , 逃 跑 了 ; 在 家 等 候 的 妇 女 分 受 所 夺 的 。

13 你 们 安 卧 在 羊 圈 的 时 候 , 好 像 鸽 子 的 翅 膀 镀 白 银 , 翎 毛 镀 黄 金 一 般 。

14 全 能 者 在 境 内 赶 散 列 王 的 时 候 , 势 如 飘 雪 在 撒 们 。

15 巴 珊 山 是 神 的 山 ; 巴 珊 山 是 多 峰 多 岭 的 山 。

16 你 们 多 峰 多 岭 的 山 哪 , 为 何 斜 看 神 所 愿 居 住 的 山 ? 耶 和 华 必 住 这 山 , 直 到 永 远 !

17 神 的 车 葱 讵 万 盈 千 ; 主 在 其 中 , 好 像 在 西 乃 圣 山 一 样 。

18 你 已 经 升 上 高 天 , 掳 掠 仇 敌 ; 你 在 人 间 , 就 是 在 悖 逆 的 人 间 , 受 了 供 献 , 叫 耶 和 华 神 可 以 与 他 们 同 住 。

19 天 天 背 负 我 们 重 担 的 主 , 就 是 拯 救 我 们 的 神 , 是 应 当 称 颂 的 ! ( 细 拉 )

20 神 是 为 我 们 施 行 诸 般 救 恩 的 神 ; 人 能 脱 离 死 亡 是 在 乎 主 耶 和 华 。

21 但 神 要 打 破 他 仇 敌 的 头 , 就 是 那 常 犯 罪 之 人 的 发 顶 。

22 主 说 : 我 要 使 众 民 从 巴 珊 而 归 , 使 他 们 从 深 海 而 回 ,

23 使 你 打 碎 仇 敌 , 你 的 脚 踹 在 血 中 , 使 你 狗 的 舌 头 从 其 中 得 分 。

24 神 啊 , 你 是 我 的 神 , 我 的 王 ; 人 已 经 看 见 你 行 走 , 进 入 圣 所 。

25 歌 唱 的 行 在 前 , 作 乐 的 随 在 後 , 都 在 击 鼓 的 童 女 中 间 。

26 从 以 色 列 源 头 而 来 的 , 当 在 各 会 中 称 颂 主 神 !

27 在 那 里 , 有 统 管 他 们 的 小 便 雅 悯 , 有 犹 大 的 首 领 和 他 们 的 群 众 , 有 西 布 伦 的 首 领 , 有 拿 弗 他 利 的 首 领 。

28 以 色 列 的 能 力 是 神 所 赐 的 ; 神 啊 , 求 你 坚 固 你 为 我 们 所 成 全 的 事 !

29 因 你 耶 路 撒 冷 的 殿 , 列 王 必 带 贡 物 献 给 你 。

30 求 你 叱 喝 芦 苇 中 的 野 兽 和 群 公 牛 , 并 列 邦 中 的 牛 犊 。 把 银 块 踹 在 脚 下 ; 神 已 经 赶 散 好 争 战 的 列 邦 。

31 埃 及 的 公 侯 要 出 来 朝 见 神 ; 古 实 人 要 急 忙 举 手 祷 告 。

32 世 上 的 列 国 啊 , 你 们 要 向 神 歌 唱 ; 愿 你 们 歌 颂 主 !

33 歌 颂 那 自 古 驾 行 在 诸 天 以 上 的 主 ! 他 发 出 声 音 , 是 极 大 的 声 音 。

34 你 们 要 将 能 力 归 给 神 。 他 的 威 荣 在 以 色 列 之 上 ; 他 的 能 力 是 在 穹 苍 。

35 神 啊 , 你 从 圣 所 显 为 可 畏 ; 以 色 列 的 神 是 那 将 力 量 权 能 赐 给 他 百 姓 的 。 神 是 应 当 称 颂 的 !