Священное Писание (Восточный перевод), версия с «Аллахом»

Езек 3

1Он сказал мне:

– Смертный, съешь же то, что перед тобой, съешь этот свиток, а потом ступай и говори с народом Исраила.

Я открыл рот, и Он дал мне съесть свиток.

Он сказал мне:

– Смертный, съешь свиток, который Я даю тебе, и наполни им своё чрево.

Я съел его, и у меня во рту он был сладким, как мёд.

Он сказал мне:

– Смертный, ступай теперь к исраильтянам и говори им Мои слова. Ты отправляешься не к народу с невнятной речью и непонятным языком, а к народу Исраила, не к многочисленным народам с их невнятной речью и непонятным языком, чьи слова для тебя темны. Если бы Я послал тебя к ним, они бы, конечно, тебя послушали. Но исраильтяне не хотят слушать тебя, потому что они не хотят слушать Меня, ведь весь народ Исраила упрям и непокорен. Но Я сделаю тебя таким же неподатливым и твердолобым, как они сами. Я сделаю твой лоб подобным самому твёрдому камню, твёрже кремня. Не бойся, не страшись их, хотя они и мятежный народ.

10 Он сказал мне:

– Смертный, слушай внимательно и запомни все слова, что Я тебе говорю. 11 Ступай теперь к пленным землякам и поговори с ними. Говори им: «Так говорит Владыка Вечный», независимо от того, станут они слушать, или откажутся.

12 После этого Дух поднял меня, и я услышал позади себя оглушительный, грохочущий голос: «Благословенна слава Вечного в этом месте». 13 И был шум от крыльев живых существ, касавшихся друг друга, и стук от колёс возле них, похожий на оглушительный грохот. 14 Дух поднял меня и унёс прочь. Я шёл огорчённый, и дух мой негодовал, но рука Вечного крепко лежала на мне. 15 Я пришёл к пленникам, которые жили в Тель-Авиве[a] у реки Кевара, потрясённый, остановился у них и оставался там семь дней.

Предостережение Исраила

16 По истечении семи дней ко мне было слово Вечного:

17 – Смертный, Я сделал тебя стражем для народа Исраила. Слушай же слово, которое Я говорю, и предостереги его от Моего имени. 18 Если Я скажу нечестивому: «Ты непременно умрёшь», а ты не станешь его предостерегать и отговаривать от злого пути, чтобы спасти его жизнь, то нечестивый умрёт за свой грех[b], а Я спрошу с тебя за его кровь. 19 Но если ты будешь предостерегать нечестивого, а он не оставит ни своего нечестия, ни своего злого пути, то он умрёт за свой грех, а ты спасёшь свою жизнь. 20 И если праведник отвернётся от праведности и совершит зло, Я положу перед ним преткновение, и он умрёт. Так как ты не предостерегал его, он умрёт за свой грех. Добрые дела, которые он совершил, не вспомнятся, и Я спрошу с тебя за его кровь. 21 Но если ты будешь предостерегать праведника, чтобы он не грешил, и праведник не будет грешить, то он, несомненно, будет жить, потому что внял предостережениям, а ты спасёшь свою жизнь.

22 Там рука Вечного была на мне, и Он сказал мне:

– Встань и выйди на равнину; там Я буду говорить с тобой.

23 Я встал и вышел на равнину. Слава Вечного стояла там, подобная славе, которую я видел у реки Кевара, и я пал лицом на землю. 24 Дух вошёл в меня и поднял на ноги.

Он заговорил со мной и сказал:

– Ступай, запрись у себя дома. 25 Что до тебя, смертный, то тебя свяжут верёвками; тебя так скрутят, что ты не сможешь выходить к народу. 26 Я сделаю так, что твой язык прилипнет к нёбу, ты будешь молчать и не сможешь обличать их, хотя они и мятежный народ. 27 Но когда Я буду говорить тебе, Я буду открывать тебе рот, и ты будешь говорить им: «Так говорит Владыка Вечный». Кто станет слушать, пусть слушает, а кто откажется, пусть отказывается; ведь это мятежный народ.

Notas al pie

  1. 3:15 Не путать с современным Тель-Авивом в Исраиле.
  2. 3:18 Или: «в своём грехе»; также в ст. 19 и 20.

Chinese Union Version (Simplified)

以 西 結 書 3

1他 对 我 说 : 人 子 啊 , 要 吃 你 所 得 的 , 要 吃 这 书 卷 , 好 去 对 以 色 列 家 讲 说 。

於 是 我 开 口 , 他 就 使 我 吃 这 书 卷 ,

又 对 我 说 : 人 子 啊 , 要 吃 我 所 赐 给 你 的 这 书 卷 , 充 满 你 的 肚 腹 。 我 就 吃 了 , 口 中 觉 得 其 甜 如 蜜 。

他 对 我 说 : 人 子 啊 , 你 往 以 色 列 家 那 里 去 , 将 我 的 话 对 他 们 讲 说 。

你 奉 差 遣 不 是 往 那 说 话 深 奥 、 言 语 难 懂 的 民 那 里 去 , 乃 是 往 以 色 列 家 去 ;

不 是 往 那 说 话 深 奥 、 言 语 难 懂 的 多 国 去 , 他 们 的 话 语 是 你 不 懂 得 的 。 我 若 差 你 往 他 们 那 里 去 , 他 们 必 听 从 你 。

以 色 列 家 却 不 肯 听 从 你 , 因 为 他 们 不 肯 听 从 我 ; 原 来 以 色 列 全 家 是 额 坚 心 硬 的 人 。

看 哪 , 我 使 你 的 脸 硬 过 他 们 的 脸 , 使 你 的 额 硬 过 他 们 的 额 。

我 使 你 的 额 像 金 钢 钻 , 比 火 石 更 硬 。 他 们 虽 是 悖 逆 之 家 , 你 不 要 怕 他 们 , 也 不 要 因 他 们 的 脸 色 惊 惶 。

10 他 又 对 我 说 : 人 子 啊 , 我 对 你 所 说 的 一 切 话 , 要 心 里 领 会 , 耳 中 听 闻 。

11 你 往 你 本 国 被 掳 的 子 民 那 里 去 , 他 们 或 听 , 或 不 听 , 你 要 对 他 们 讲 说 , 告 诉 他 们 这 是 主 耶 和 华 说 的 。

12 那 时 , 灵 将 我 举 起 , 我 就 听 见 在 我 身 後 有 震 动 轰 轰 的 声 音 , 说 : 从 耶 和 华 的 所 在 显 出 来 的 荣 耀 是 该 称 颂 的 !

13 我 又 听 见 那 活 物 翅 膀 相 碰 , 与 活 物 旁 边 轮 子 旋 转 震 动 轰 轰 的 响 声 。

14 於 是 灵 将 我 举 起 , 带 我 而 去 。 我 心 中 甚 苦 , 灵 性 忿 激 , 并 且 耶 和 华 的 灵 ( 原 文 是 手 ) 在 我 身 上 大 有 能 力 。

15 我 就 来 到 提 勒 亚 毕 , 住 在 迦 巴 鲁 河 边 被 掳 的 人 那 里 , 到 他 们 所 住 的 地 方 , 在 他 们 中 间 忧 忧 闷 闷 地 坐 了 七 日 。

16 过 了 七 日 , 耶 和 华 的 话 临 到 我 说 :

17 人 子 啊 , 我 立 你 作 以 色 列 家 守 望 的 人 , 所 以 你 要 听 我 口 中 的 话 , 替 我 警 戒 他 们 。

18 我 何 时 指 着 恶 人 说 : 他 必 要 死 ; 你 若 不 警 戒 他 , 也 不 劝 戒 他 , 使 他 离 开 恶 行 , 拯 救 他 的 性 命 , 这 恶 人 必 死 在 罪 孽 之 中 ; 我 却 要 向 你 讨 他 丧 命 的 罪 ( 原 文 是 血 ) 。

19 倘 若 你 警 戒 恶 人 , 他 仍 不 转 离 罪 恶 , 也 不 离 开 恶 行 , 他 必 死 在 罪 孽 之 中 , 你 却 救 自 己 脱 离 了 罪 。

20 再 者 , 义 人 何 时 离 义 而 犯 罪 , 我 将 绊 脚 石 放 在 他 面 前 , 他 就 必 死 ; 因 你 没 有 警 戒 他 , 他 必 死 在 罪 中 , 他 素 来 所 行 的 义 不 被 记 念 ; 我 却 要 向 你 讨 他 丧 命 的 罪 ( 原 文 是 血 ) 。

21 倘 若 你 警 戒 义 人 , 使 他 不 犯 罪 , 他 就 不 犯 罪 ; 他 因 受 警 戒 就 必 存 活 , 你 也 救 自 己 脱 离 了 罪 。

22 耶 和 华 的 灵 ( 原 文 是 手 ) 在 那 里 降 在 我 身 上 。 他 对 我 说 : 你 起 来 往 平 原 去 , 我 要 在 那 里 和 你 说 话 。

23 於 是 我 起 来 往 平 原 去 , 不 料 , 耶 和 华 的 荣 耀 正 如 我 在 迦 巴 鲁 河 边 所 见 的 一 样 , 停 在 那 里 , 我 就 俯 伏 於 地 。

24 灵 就 进 入 我 里 面 , 使 我 站 起 来 。 耶 和 华 对 我 说 : 你 进 房 屋 去 , 将 门 关 上 。

25 人 子 啊 , 人 必 用 绳 索 捆 绑 你 , 你 就 不 能 出 去 在 他 们 中 间 来 往 。

26 我 必 使 你 的 舌 头 贴 住 上 膛 , 以 致 你 哑 口 , 不 能 作 责 备 他 们 的 人 ; 他 们 原 是 悖 逆 之 家 。

27 但 我 对 你 说 话 的 时 候 , 必 使 你 开 口 , 你 就 要 对 他 们 说 : 主 耶 和 华 如 此 说 。 听 的 可 以 听 , 不 听 的 任 他 不 听 , 因 为 他 们 是 悖 逆 之 家 。