Забур 130 CARS - 詩篇 130 JCB

Священное Писание

Забур 130:1-3

Песнь 130

Песнь восхождения, Давуда.

1Вечный, не возгордилось моё сердце,

и не вознеслись мои глаза,

и не занимался я великими,

недосягаемыми для меня делами.

2Но смирял и успокаивал свою душу,

как ребёнка, отнятого от материнской груди;

душа моя – как ребёнок, отнятый от материнской груди.

3Да уповает Исраил на Вечного

отныне и вовеки!

Japanese Contemporary Bible

詩篇 130:1-8

130

1ああ主よ。私は失意のどん底から、

あなたの助けを叫び求めます。

2「お願いですから、私の訴えを聞いて、

助けてください。」

3-4主がいつまでも私たちの罪を

心に留められるとしたら、

この祈りも聞いてはいただけないでしょう。

しかし、恐れ多いことですが、

あなたは赦してくださるお方です。

5だからこそ私は、助けを信じ、

期待をこめて待っているのです。

6見張りの者が夜明けを待つよりも切実に、

主を待ち望んでいます。

7イスラエルよ、主を信じて希望を持ちなさい。

主は恵み深く親切で、

両手いっぱいの祝福をかかえて来てくださるからです。

8主は、罪の奴隷となったイスラエルを

買い戻してくださいます。