Забур 12 CARS - 詩篇 12 JCB

Священное Писание

Забур 12:1-6

Песнь 12

1Дирижёру хора. Песнь Давуда.

2Как долго, Вечный? Неужели забыл Ты меня навеки?

Как долго Ты будешь скрывать от меня Своё лицо?

3Как долго будет переживание терзать мою душу

и боль – ежедневно сокрушать моё сердце?

Как долго врагу моему надо мной кичиться?

4Посмотри на меня и ответь, Вечный, мой Бог.

Глаза мои просветли,

чтобы мне не уснуть смертным сном,

5чтобы враг не сказал: «Я его превозмог»,

и когда я паду, не радовались бы недруги мои.

6Я уповаю на Твою милость,

моё сердце возрадуется спасению Твоему.

Вечному буду петь,

потому что Он благ ко мне.

Japanese Contemporary Bible

詩篇 12:1-8

12

1主よ、助けてください。

神を敬う者がみるみる減っていきます。

世界中を探しても、信頼できる人などいません。

2だれもかれもがだまし合い、

お世辞を並べ立て、うそをつきます。

もはや、一かけらの誠実も残っていません。

3-4しかし、このようにふるまう者に、

主がおだやかに接するはずはありません。

「好きなだけうそをついてやろう。この舌は自分の舌だ。

だれも止めることはできない。」

こんな高慢なうそつきどもを、主は滅ぼすのです。

5主はこう言われます。

「立ち上がって、虐待された者、貧しい者、

困っている者を守ろう。

わたしの救いを待ちこがれてきた人々を助け出そう。」

6主の約束は確実です。

不用意なことばが主の口からもれることはなく、

七度も精錬された銀のように、

純粋そのものの真理だけをお語りになります。

7ああ主よ。あなたはご自分の民を、

悪者の手の届かないところに

永久にかくまってくださいます。

8たとえ、悪者が周囲をうろつき、

国中に不道徳が横行しようとも。