Amplified Bible

Psalm 32

Blessedness of Forgiveness and of Trust in God.

A Psalm of David. A skillful [a]song, or a didactic or reflective poem.

1Blessed [fortunate, prosperous, favored by God] is he whose transgression is forgiven,
And whose sin is covered.

Blessed is the man to whom the Lord does not impute wickedness,
And in whose spirit there is no deceit.


When I kept silent about my sin, my body wasted away
Through my groaning all the day long.

For day and night Your hand [of displeasure] was heavy upon me;
My [b]energy (vitality, strength) was drained away as with the burning heat of summer. Selah.

I acknowledged my sin to You,
And I did not hide my wickedness;
I said, “I will confess [all] my transgressions to the Lord”;
And You forgave the guilt of my sin. Selah.

Therefore, let everyone who is godly pray to You [for forgiveness] in a time when You [are near and] may be found;
Surely when the great waters [of trial and distressing times] overflow they will not reach [the spirit in] him.

You are my hiding place; You, Lord, protect me from trouble;
You surround me with songs and shouts of deliverance. Selah.


I will instruct you and teach you in the way you should go;
I will counsel you [who are willing to learn] with My eye upon you.

Do not be like the horse or like the mule which have no understanding,
Whose trappings include bridle and rein to hold them in check,
Otherwise they will not come near to you.
10 
Many are the sorrows of the wicked,
But he who trusts in and relies on the Lord shall be surrounded with compassion and lovingkindness.
11 
Be glad in the Lord and rejoice, you righteous [who actively seek right standing with Him];
Shout for joy, all you upright in heart.

Notas al pie

  1. Psalm 32:1 Meaning uncertain.
  2. Psalm 32:4 Lit life juices were turned into the drought of summer.

Japanese Living Bible

詩篇 32

11-2 罪を赦された人は、どれほど幸せなことでしょう。
罪がすっかり消された喜びは、
どれほど大きいことでしょう。
罪を告白し、その記録を消し去ってもらった人は、
どれほど解放感を味わうことでしょう。

私には、罪を認めたくない時がありました。
しかし、私はかえってみじめになり、
くる日もくる日も挫折感にとらわれて過ごしました。
神の御手が、いつも重くのしかかっていました。
私の力は、強烈な日ざしの照りつける
水たまりのように干上がりました。
とうとう私は、自分の罪を
神の前にさらけ出さざるをえませんでした。
「何もかも主にお話ししよう」と決心したのです。
すると、あなたは赦してくださいました。
私の罪は跡形もなく消えたのです。
私は神を信じる人々に、
自分の罪に気づいたら、まだ赦される間に
神に告白しなさいと、大声で忠告します。
そうすれば、その人はさばきを免れるのです。

この人生に、どんな嵐が吹き寄せようと、
私は神のもとに避難します。
そこでは勝利の歌が響き、
苦しみに巻き込まれることがないからです。
主はこう言われます。
わたしはあなたを教え、最善の人生へと導こう。
助言を与えて、一歩一歩を見守ろう。
くつわをはめなければ言うことを聞かない、
馬やらばのようになってはいけない。
10 悪者どもは次々と悲しみに見舞われますが、
主に信頼する人は無限の愛に包まれます。
11 ですから、神のものとなっている人々は喜びなさい。
神に従おうとする人々は、
喜びの声を上げなさい。