Amplified Bible

Job 9

Job Says There Is No Arbitrator between God and Man

1Then Job answered and said,


“Yes, I know it is true.
But how can a mortal man be right before God?

“If one should want to contend or dispute with Him,
He could not answer Him once in a thousand times.

God is wise in heart and mighty in strength;
Who has [ever] defied or challenged Him and remained unharmed?

It is God who removes the mountains, and they do not know it,
When He overturns them in His anger;

Who shakes the earth out of its place,
And its pillars tremble;

Who commands the sun, and it does not shine;
Who seals up the stars [from view];

Who alone stretches out the heavens
And tramples down the [a]waves of the sea;

Who made [the constellations] the Bear, Orion, and the Pleiades,
And the [vast starry] spaces of the south;
10 
Who does great things, [beyond understanding,] unfathomable,
Yes, marvelous and wondrous things without number.
11 
“Behold, He passes by me, and I do not see Him;
He moves past me, but I do not perceive Him.
12 
“Behold, He snatches away; who can restrain or turn Him back?
Who will say to Him, ‘What are You doing?’

13 
“God will not turn back His anger;
The [proud] helpers of Rahab [the arrogant monster of the sea] bow under Him.
14 
“How can I answer Him [and plead my case],
Choosing my words [to reason] with Him?
15 
For though I were righteous, I could not answer.
I must appeal for mercy to my Opponent and Judge.
16 
“If I called and He answered me,
I could not believe that He was listening to my voice.
17 
“For He bruises me with a tempest
And multiplies my wounds without cause.
18 
“He will not allow me to catch my breath,
But fills and saturates me with bitterness.
19 
“If it is a matter of strength and power, behold, He is mighty!
And if of justice, who can summon and challenge Him?
20 
“Though I am innocent and in the right, my own mouth would pronounce me guilty;
Though I am blameless, He would denounce me as guilty.
21 
“[Though] I am blameless,
I do not care about myself;
I despise my life.
22 
“It is all one; therefore I say,
‘He destroys [both] the blameless and the wicked.’
23 
“When [His] scourge kills suddenly,
He mocks at the despair of the innocent.
24 
“The earth is given into the hands of the wicked;
He covers the faces of its judges [so that they are blind to justice].
If it is not He, then who is it [that is responsible for all this injustice]?

25 
“Now my days are swifter than a runner;
They vanish, they see no good.
26 
“They pass by like the [swift] boats made of reeds,
Like an eagle that swoops down on its prey.
27 
“If I say, ‘I will forget my complaint,
I will leave off my sad appearance, and be cheerful and brighten up,’
28 
I am afraid of all my pains and worries [yet to come];
I know that You will not acquit me and leave me unpunished.
29 
“I am accounted wicked and held guilty;
Why then should I labor in vain [to appear innocent]?
30 
“If I were to wash myself with snow
And cleanse my hands with lye,
31 
You would still plunge me into the pit,
And my own clothes would hate me [and refuse to cover my foul body].
32 
“For God is not a [mere] man, as I am, that I may answer Him,
That we may go to court and judgment together.
33 
“There is no arbitrator between us,
Who could lay his hand upon us both [would that there were].
34 
“Let Him take His rod away from me,
And let not the dread and fear of Him terrify me.
35 
Then I would speak [my defense] and not fear Him;
But I am not like that in myself.

Notas al pie

  1. Job 9:8 Lit high places.

Japanese Living Bible

ヨブ 記 9

ヨブのことば

1ヨブの答え。
「そのようなことぐらい、私も知っている。
ちっとも耳新しいものはない。
しかし、答えてもらいたいものだ。
人はどうしたら神の目から見て、
正しい者となれるのか。
神と正面から議論しようと思ったら、
人は千の質問のうち、一つも答えることはできまい。
神の知恵と力は底知れないのだ。
今まで、神に反抗して
成功した者など、いないのだから。
神は突然怒って山を動かし、ひっくり返す。
大地さえ土台から揺り動かす。
神が命令すると、
太陽は昇らず、星も光らない。
神はただひとりで天を張り広げ、
海の上をゆったりと歩いた。
牡牛座、オリオン座、スバル座、
それに、南の星座も、みな神が造った。
10 ほかにも、目をみはるような奇跡はいっぱいある。
あまりに多くて数えきれないほどだ。
11 神がそばを通り過ぎても、
私には、そのお姿は見えない。
12 神が人のいのちを奪うとき、
だれもその手をとどめることはできない。
『何をするのですか』と抗議できる者もいない。
13 しかも、神は怒りを静めず、
高慢で屈強な人間をも地にひれ伏させる。
14 私には、全能の神を相手どって議論し、
説き伏せることなどできない。
15 たとい私が正しくても、自分を弁護しない。
ただただ、あわれみを求めるだけだ。
16 たとえ祈りが答えられても、
神が私の叫びを聞いたとは思えない。
17 神は、これほどまで私を打ちのめし、
理由もないのに傷口を広げるからだ。
18 次から次へと、息もつかせず、
非常な悲しみで私の心を満たしている。
19 強くて正しいのは、この世に神だけではないか。
20 しかし、私は正しいだろうか。
そうでないことは自分がよく知っている。
たとえ一点の非の打ちどころもないとしても、
神は私を悪い者とする。
21 自分が完全に潔白な人間であるかどうか
私は考えようとも思わない。
つくづく自分がいやになった。
22 潔白であるにせよ、悪人であるにせよ、
神にとっては同じこと。
どちらにしても滅ぼされるのだ。
23 神は、罪のない者が
災難に押しつぶされるのを見て笑う。
24 全地は悪者どもの手中にある。
神は裁判官の判断力を奪い、
不公平な裁判を行わせる。
そうするのが神でないとしたら、
いったいだれが張本人なのか。
25 私の一生は悲劇をはらんだまま、
矢のように飛び去る。
26 私の歳月は船足の速い舟のように遠ざかり、
獲物に襲いかかる鷲のように飛び去る。

27 神への不満を忘れ、
悲しむのをやめて明るく振る舞おうとしても、
28 神は今まで以上の悲しみを与えるばかりです。
ああ神よ、私にはわかっています。
あなたは私を罪ある者となさいます。
29 罪人扱いするに違いありません。
だから何を言ってもむだなのです。
30 たとえ、水晶のような水で体を洗い、
灰汁で手の汚れをすっかり落としても、
31 神は私をどぶに突き落とします。
そのため泥まみれになった着物でさえ、
神の目には、私よりきれいに見えるでしょう。
32-33 神は人間ではないので、
私は自分を弁護することができません。
もし神が人間なら、
対等な立場で話し合えるでしょう。
私たちの間には仲裁人がいません。
仲を取り持つ者がいないのです。
34 これ以上、神の刑罰の恐ろしさに
おびえなくてすむよう、
私を打ちたたくのをやめてください。
35 そうすれば、遠慮なくお話しし、
身の潔白を堂々と主張できるのです。